【五等分の花嫁】第8話 感想|四葉、愛の告白(嘘)

【五等分の花嫁】第8話 感想|四葉、愛の告白(嘘)

アニメ『五等分の花嫁』第8話です。

前回(7話)はこちら↓

【五等分の花嫁】第7話 感想|さようなら風太郎

2019.02.22

 

 

アニメ『五等分の花嫁』第8話|あらすじ・感想

シーン01

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「ほぼ全教科で赤点とは……」

風太郎は五月たちの中間テストの点数を見て、ため息をつく。

 

シーン02

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

風太郎の父は勉強のことばかり話す風太郎を注意する。

そして、風太郎も昔はやんちゃだったくせに、とからかった。

 

シーン03

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

その当時の写真は生徒手帳に入れてある。

それを父が奪い、らいはに見せると「うそー!」と驚く。

 

シーン04

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「この頃だな、あの子に会って変わったのは」

風太郎は何のことかわからない、と言ってその場をはぐらかした。

 

シーン05

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「なにこれ?」

四葉は三玖が作ったものがコロッケだとは分からなかった。

味には自信があるという三玖の言葉を信じて四葉は食べる。

その時、風太郎も横からつまみ食いする。

 

シーン06

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「普通にうまい!」

「あんまりおいしくない!」

二人の意見は真っ二つに割れる。

それを聞いた三玖は膨れてしまし、完璧にできるまで作るから食べてとい言いだした。

 

 

 

シーン07

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

風太郎はコロッケの食べ過ぎで腹を壊してしまった。

家庭教師の日なのに……と言って横になって休んでいる。

そこに通りかかった二乃は、嫌味を言って五月とランチに出かけようとする。

 

シーン08

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

二人にも勉強をさせたい風太郎は、四葉に嘘をついて引き止めるようお願いする。

四葉は風太郎が重い病にかかっている、と言って二人に看病させようと考えた。

── 四葉お前……嘘下手すぎんだろ!

風太郎は愕然とする。

 

シーン09

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

病院に言ったほうが良いと言われた四葉は、動くと死んでしまうと嘘を重ねる。
風太郎はそれに合わせるようにケチャップを口に塗って、病人の演技をする。

 

シーン10

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

それを聞いた五月は心配して風太郎の側にやってくるが、二乃は五月がいれば十分だ、と言って出かけようとする。

「二乃は料理上手でしょ? おかゆ作ってあげなよ」

四葉は何とか二乃を引き留めようとするが、風太郎は食べすぎてこうなっていたのだった。

 

シーン11

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

四葉に「なにかできることはないか」と聞くと、「手でも握ってあげたら?」と言われた五月だったが、どうしても手を握ることはできなかった。

そんな二人を見て四葉は、仲良しのほうがいいと考えた。

「五月も一緒に勉強しよ。五人揃った方が絶対楽しいよ」

これが一番、四葉らしいやり方だった。

 

シーン12

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「お粥できたわよ」

二乃が風太郎に近づいた時、床に落ちていたケチャップを踏んでつまずく。

するとお粥が宙を舞い、風太郎の顔に着地する。

 

シーン13

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「あつつつつつつっ! 熱いだろ!」

立ち上がって怒る風太郎を見て、二乃と五月は嘘を疲れていたことに気づき、出ていってしまった。

 

シーン14

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

結局二人になって試験前と同じだと話す風太郎に、四葉は違うと言う。

── 二乃が追い出そうとしなかった

「みんな変わった。変わらないのは私だけ」と話す四葉に、風太郎はお前が最初に変わってくれたから助かった、と話す。

 

シーン15

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「どうして私が上杉さんの味方をしてるか分かりますか?」

── 好きだから

寝ている風太郎に顔を近づけ、四葉は言う。

が……

 

シーン16

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「嘘」

── やーい引っかかりましたね!

風太郎の心が少し閉ざされた。

 

 

 

シーン17

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

四葉が勉強をしに図書室に来ると、恐ろしいお面を被った風太郎が出迎える。

「うわああああああ!」

驚いた四葉は大声を出して怒られる。

 

シーン18

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

風太郎がこんな仮装をしているのは、林間学校で行われる肝試しの実行委員に選ばれたからだった。

やりたくない仕事を無理やり押し付けられた風太郎は、この恨みを晴らそうと俄然やる気を出す。

 

シーン19

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

四葉は林間学校には伝説を話し始める。

最終日に行われるキャンプファイヤーのダンスのフィナーレで、一緒に踊っていたペアは生涯を添い遂げる縁で結ばれる。

しかし、風太郎と三玖は信じようとしなかった。

 

シーン20

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

図書館に遅れてやって来た一花は、今から撮影の仕事に向かわなければいけないようだ。

一花はスケジュールの変更などを事前に伝えられるように、メアド交換をする。

 

シーン21

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「アドレス交換、大賛成です!」

と言った四葉は、入院した友達の友達のために千羽鶴を折っていた。

 

シーン22

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

さらに、近くを通りかかった教師にノートを配っておいてくれと頼まれると、断らずに受け取ってしまう。

── こいつどこまでお人好しなんだ

もしかしたら勉強を避けるため? と風太郎は勘ぐってしまう。

 

シーン23

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

風太郎は別にメアドを欲しいとは思わなかった、が……

「広められたくなければ残り四人のアドレスをGETすべし!」

一花から寝顔の写真を送りつけられて脅される。

 

シーン24

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

三玖のアドレスを手に入れた風太郎は、四葉と一緒に二乃と五月の元に向かう。

「お断りよ!」

それは風太郎が想定していたとおりの反応だった。

 

シーン25

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

しかし風太郎も負けてはいない。

「今なら、らいはのアドレスもセットだ!」

それには五月も勝てなかった。

 

シーン26

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

二乃は相変わらず教えようとしない。

── 仕方ない

「お前抜きで話すとしよう、俺と四人で内緒の話をな」

 

シーン27

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

風太郎の攻撃に二乃は苦虫を潰したような表情になる。

「……か、書くものをよこしなさい」

二乃は風太郎の生徒手帳にアドレスをかき始める。

 

シーン28

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

── これで全員分そろいましたね

「あと一人いるだろ」と風太郎は四葉に聞く。

── 一花、弥久、五月、二乃

「あー、四葉! 私です!」

その時、四葉の携帯にバスケ部の部長から電話が。

 

 

 

シーン29

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

頼まれ事があったとバスケ部の部室に向かった四葉。

風太郎も心配して後を追う。

 

シーン30

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「中野さん入部の件、考えてくれた?」

それはバスケ部への勧誘。

── 最初から勉強する気なんて無かったんだ!

風太郎が心配していると……

 

シーン31

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「ごめんなさい、お断りさせてください」

四葉は放課後は大切な約束があるから、と誘いを断る。

── 才能がない私を応援してくれる人がいるんです

 

シーン32

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

四葉は部室を出ると廊下で待っていた風太郎に気づく。

「おまえの用意は終わったか?」

── 今日もしごいてやるから覚悟しろよ

四葉は「覚悟しました!」と笑顔で返事する。

 

シーン33

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

夜、風太郎は週末の家庭教師のことをメールで伝えようとする。

「あれ、二乃は? あ!生徒手帳……」

── 二乃から返してもらってない……

 

シーン34

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「生徒手帳を返せ」

部屋で寝ている二乃の前に仁王立ちする風太郎。

── ぎゃあああああ!

二乃は大声を上げた。

 

シーン35

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

生徒手帳を返して欲しい風太郎は、朝一番で五つ子の家に来ていた。

「俺が悪かった」

素直に謝る風太郎を訝しむ二乃。

 

シーン36

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「二乃、昨日言ってたもの、ここにおいておくね」

一花が置いたのはピアスの穴を開ける機械。

一人でできるか心配する一花に二乃は、「できるって言ってるでしょ!」と強がった。

 

シーン37

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

風太郎はそのすきに手帳を奪おうとするが、二乃にすかされ部屋に連れて行かれる。

「ピアス開けてくれたら返してあげてもいいわ」

「それなら自分でやれ」

「嫌よ、怖いわ」

 

シーン38

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

風太郎は二乃から機械を取り上げ、「 お前への鬱憤を晴らす絶交の機会だ」と言って二乃を睨む。

「5…4…3…2…1」

── よし!

風太郎は手帳をとりかえす。

 

シーン39

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「0、であけますからねー」

風太郎の悪ふざけに二乃は激怒して風太郎の足を蹴る。

その拍子に生徒手帳が落ちて、中が見えてしまった。

「え、この悪ガキ、めっちゃタイプかも! 誰これ?」

二乃はそれが風太郎だと気づかなかった。

 

シーン40

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

── あんたよりよっぽどイケてるわ。今度会わせなさいよ

風太郎は顔をそらして「いつかな……」と答える。

 

シーン41

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

二乃はアルバムを取り出し写真を見せる。

「私たちもこれくらいの時は可愛かったのよ」

それは写真の風太郎と同じ年齢くらいの写真だった。

二乃はそれを持ってリビングに降りていく。

 

シーン42

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

── 俺の写真は見られちまったが

「半分だけでよかった」

風太郎は折り返した残り半分に映っている少女は、五つ子にそっくりだった。

 

 

 

アニメ『五等分の花嫁』について詳しく知るにはこちら!

【五等分の花嫁】第1話 感想|美人五つ子と上杉風太郎の出会い

2019.01.11

【五等分の花嫁】第2話 感想|攻略!歴女、三玖(みく)

2019.01.18

【五等分の花嫁】第3話 感想|二乃は強敵、冤罪裁判開廷です!

2019.01.25

【五等分の花嫁】第4話 感想|花火に込められた五人の想い

2019.02.01

【五等分の花嫁】第5話 感想|長女、一花の想い

2019.02.07

【五等分の花嫁】第6話 感想|迫る中間試験! 目指せ赤点回避!

2019.02.15

【五等分の花嫁】第7話 感想|さようなら風太郎

2019.02.22

【五等分の花嫁】第9話 感想|レッツ!林間学校!

2019.03.09

【五等分の花嫁】第10話 感想|一花といい感じになってんなよ!

2019.03.15

【五等分の花嫁】第11話 感想|ついに三玖が動く!?

2019.03.22

【五等分の花嫁】第12話 感想|で、花嫁は誰?

2019.03.29

 

『五等分の花嫁』公式サイトなど

 

『五等分の花嫁』無料動画はこちら

最新話が無料で視聴できます。

 

『五等分の花嫁』無料マンガはこちら