【五等分の花嫁】第11話 感想|ついに三玖が動く!?

【五等分の花嫁】第11話 感想|ついに三玖が動く!?

アニメ『五等分の花嫁』第11話です。

前回(10話)はこちら↓

【五等分の花嫁】第10話 感想|一花といい感じになってんなよ!

2019.03.15

 

 

アニメ『五等分の花嫁』第11話|あらすじ・感想

シーン01

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「あれ防犯センサーじゃない?」

それが鳴ると警備員がやってきて林間学校が台無しになると思った二人は、解除するために肩車をすることに。

 

シーン02

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

一花は心のセンサーが反応しないように気をつけて風太郎にまたがる。

「この感触、なぜだか懐かしい……」

── あと重くて持ち上がらない

結局、風太郎が四つん這いになってセンサーを確かめたが、解除はできなかった。

 

シーン03

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

風太郎は風邪をひいたら最終日がパーだ、と言って火を起こそうととしていた。

その横で一花が雑談をするが、風太郎は全て無視して火起こしに集中する。

 

シーン04

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「私、学校辞めるかも」

その言葉に、風太郎は顔を上げる。

一花の仕事は順調で、女優業に専念するために休学を考えていた。

 

シーン05

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「いいな、やりたいことが見つかって」

意外にも風太郎は怒らなかった。

── 上手く行けば儲けもの、何事も挑戦だ!

そう言って風太郎は火を起こすことに成功する。

 

シーン06

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

火を囲む二人。

「いいよ、キャンプファイヤーのダンス、私との約束は無かったってことで」

── その代り今踊ろう、今夜は二人だけのキャンプファイヤーだよ

一花は風太郎に手を差し出した。

 

シーン07

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

伝説のことを気にしていたと話す風太郎。

それを知らなかった一花に話すと、一花は三玖のことを考え足がよろめく。

その時、一花は壁に立てかけてあった丸太に足を引っ掛ける。

 

シーン08

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

丸太が一花に向かって倒れてくるところを、風太郎が間一髪で抱き寄せ助ける。

丸太が扉を破壊して、倉庫の中に警報が鳴り響く。

一花の心の警報も鳴っていた。

 

シーン09

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

焦る風太郎と一花の上に、作動したスプリンクラーから水がかけられる。

すると扉の向こうに人影が。

 

シーン10

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「一花、二人してこんなところで何してたんですか?」

それは五月と三玖だった。

 

 

 

シーン11

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

翌日 ──

風太郎はまだベッドの中だった。

昨日、一花との件で先生にも大目玉を食らい、疲れていた風太郎はそのまま眠ってしまった。

 

シーン12

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

朝、目を覚ました三玖は昨日の事を思い出していた。

「私たちは平等……だとしたら私はどうしたら……」

 

シーン13

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

体調を崩して寝込んでいる一花を、五月が看病していた。

五月は風太郎と顔をあわせづらいようだった。

「あの旅館からずっと警戒してたもんね」

一花はあの日の事を話す。

 

シーン14

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

── そんなに風太郎くんは悪いやつに見えるかな?

五月は上手く答えることができなかった。

 

シーン15

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

体調がいまいち良くない風太郎はもう一度寝ようとするが、四葉がスキーに行こうと部屋に来た。

ゲレンデに出た風太郎の前に三玖がやってくるが、上手く風太郎と話ができなかった。

 

シーン16

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

サングラスにマスク姿の一花が現れる。

三玖と風太郎が全然上達しないことに不満を言う四葉に、一花はおいかけっこをしようと言って滑り出した。

 

シーン17

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

これは弁明できるチャンスだと思った風太郎は、三玖を追いかけるが追いつけない。

息が上がる風太郎の横に一花がやってくる。

「確認したいんだけど、昨日のこと誰にも言ってない?」

 

シーン18

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

学校を辞めることだと思った風太郎は「言えないだろ、あんなこと……」と答える。

戸惑う一花、その時 ──

「これ、どうやって止まんの?」

風太郎は一直線に滑っていって、木にぶつかってしまった。

 

 

 

シーン19

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

まわりの注目を集める中、風太郎は隠れるようにその場を離れる。

その時、二乃に貰った絆創膏が剥がれ、それを二乃が拾う。

「この絆創膏……キンタロウー君?」

 

シーン20

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

バレるとマズイ風太郎は顔を隠し走り出す。

風太郎が逃げる先には四葉がいる。

追い詰められた風太郎はとっさに、カマクラの中に隠れる。

 

シーン21

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

カマクラの中には三玖が隠れていた。

二人は四葉の事を話し出す。

彼女のスタミナは同じ五つ子とは思えない、と風太郎は言う。

三玖はハンデを貰おうと提案する。

「何か荷物を持ってもらって足の速さを平等に」

 

シーン22

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

「俺はあまり好きじゃないな」

風太郎は三玖たち五つ子は、元々は同じ身体能力だったのだろうと考えていた。

だから四葉の運動能力は後天的に身につけたものだと。

「その努力を否定したくない」

── 平等じゃなく、公平にいこうぜ

 

シーン23

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

風太郎の言葉を聞いた三玖は、思わず立ち上がろうとして天井に頭を打ち付ける。

「公平にいこうぜ」

そう言って三玖は微笑む。

 

シーン24

引用:©春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

カマクラから風太郎が出ていった後、三玖は一花に電話をかける。

「一花、あのね、話したいことがある」

 

 

 

アニメ『五等分の花嫁』について詳しく知るにはこちら!

【五等分の花嫁】第1話 感想|美人五つ子と上杉風太郎の出会い

2019.01.11

【五等分の花嫁】第2話 感想|攻略!歴女、三玖(みく)

2019.01.18

【五等分の花嫁】第3話 感想|二乃は強敵、冤罪裁判開廷です!

2019.01.25

【五等分の花嫁】第4話 感想|花火に込められた五人の想い

2019.02.01

【五等分の花嫁】第5話 感想|長女、一花の想い

2019.02.07

【五等分の花嫁】第6話 感想|迫る中間試験! 目指せ赤点回避!

2019.02.15

【五等分の花嫁】第7話 感想|さようなら風太郎

2019.02.22

【五等分の花嫁】第8話 感想|四葉、愛の告白(嘘)

2019.03.01

【五等分の花嫁】第9話 感想|レッツ!林間学校!

2019.03.09

【五等分の花嫁】第10話 感想|一花といい感じになってんなよ!

2019.03.15

【五等分の花嫁】第12話 感想|で、花嫁は誰?

2019.03.29

 

公式サイトなど

 

無料マンガはこちら