動画アニメ『アルドノア・ゼロ』ネタバレ感想|見てよかった!群像劇×ロボットアクションの集大成だ!

動画アニメ『アルドノア・ゼロ』ネタバレ感想

\『アルドノア・ゼロ』が無料で見放題!/

プライム・ビデオ
プライムビデオ

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、アニメ『アルドノア・ゼロ』です。

アルドノア・ゼロ

 

アニメ『アルドノア・ゼロ』は、

資源の乏しい火星が、ずっと狙ってた地球侵略を開始する。
火星人たちは、古代文明の超技術を駆使して地球に侵略してくるが、「地球も黙ってやられないわよ! こっちだってロボ持ってんだから!」つって全面戦争が始まる。
地球人の界塚伊奈帆(かいずかいなほ)と地球生まれの火星育ち、スレイン・トロイヤード、そして火星のお姫様アセイラム・ヴァース・アリューシア、この3人を中心とした人間模様も織り交ぜながら、物語は一つの結末へと向かっていく……

というお話です。

 

アニメ『アルドノア・ゼロ』は全24話、2クール分あるボリューム満点のお話です。

「24話かは長いな……」つった君! 大丈夫、あっという間ですから。

僕はこれ、3日で見終わりましたから。1日で8話を見たわけです。

8話×25分=200分。

つまり、3日連続で3時間強の映画を見たことになるわけです。ロード・オブ・ザ・リング三部作を見るぐらいの苦行なわけなんですね。

でも、それが全く苦にならなかった、

 

アルドノア・ゼロって本当に素晴らしいですね。

 

アニメ『アルドノア・ゼロ』の魅力4選!

アニメ『アルドノア・ゼロ』の魅力4選!出典:アニメ「ALDNOAH ZERO(アルドノア・ゼロ)」PV公開

アニメ『アルドノア・ゼロ』の魅力を、

  1.  個性豊かな登場人物たち
  2.  カタフラクト戦が見ものです!
  3.  界塚伊奈帆くんがカッコ良すぎる!
  4.  地球人なのに地球の敵、スレイン・トロイヤード

の4つに厳選しました。

まずは、登場人物からご紹介しましょう。

 

〈魅力①〉
個性豊かな登場人物たち

界塚 伊奈帆(かいづか いなほ)

界塚 伊奈帆(かいづか いなほ)出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 花江夏樹

物語の主人公。地球に暮らす高校生。
地球連合軍の少尉として、「KG-6 スレイプニール」に搭乗する。

 

スレイン・トロイヤード

スレイン・トロイヤード出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 小野賢章

火星に生きる地球人。
地球出身でありながらも火星騎士として取り立てられ、「タルシス」に搭乗し戦う。

 

アセイラム・ヴァース・アリューシア

アセイラム・ヴァース・アリューシア出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 雨宮天

火星の独立国家・ヴァース帝国の第一皇女。
地球と火星の和平を望み行動する。

 

ライエ・アリアーシュ

ライエ・アリアーシュ出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 三澤紗千香

火星人でありながらも、地球連合軍のカタフラクトパイロットとして戦う少女。

 

網文 韻子(あみふみ いんこ)

網文 韻子(あみふみ いんこ)出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 小松未可子

伊奈帆の同級生で幼馴染。
地球連合軍のカタフラクトパイロットとして、デューカリオンに乗艦する。

 

界塚 ユキ(かいづか ゆき)

界塚 ユキ(かいづか ゆき)出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 大原さやか

伊奈帆の姉で地球連合軍の軍人。階級は准尉。

 

鞠戸 孝一郎(まりと こういちろう)

鞠戸 孝一郎(まりと こういちろう)出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 中井和哉

地球連邦軍の軍人。階級は大尉。伊奈帆達が通う芦原高校の訓練教官。

 

ダルザナ・マグバレッジ

ダルザナ・マグバレッジ出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 茅野愛衣

地球連合軍の軍人。階級は大佐。

 

不見咲 カオル(みずさき かおる)

不見咲 カオル(みずさき かおる)出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 嶋村侑

地球連合軍の軍人。階級は中佐。ダルザナの補佐を務める。

 

レイレガリア・ヴァース・レイヴァース

レイレガリア・ヴァース・レイヴァース出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 小川真司

火星の初代皇帝。アセイラムの祖父。

 

レムリナ・ヴァース・エンヴァース

レムリナ・ヴァース・エンヴァース出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 夏川椎菜

ヴァース帝国・レイレガリア皇帝の孫娘。
アセイラムの腹違いの妹。

 

クルーテオ

クルーテオ出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 速水奨

火星人。爵位は伯爵。
ザーツバルムの友人

 

ザーツバルム

ザーツバルム出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 大川透

火星人。爵位は伯爵。
スレインを自らの右腕として火星騎士に取り立てる。

 

エデルリッゾ

エデルリッゾ出典:ALDNOAH.ZERO

声 – 水瀬いのり

火星人。アセイラムの侍女。
アセイラムが昏睡状態に陥ってからは、レムリナ姫に仕えている。

 

〈魅力②〉
カタフラクト戦が見ものです!

②カタクラフト戦が見もの!出典:アニメ「ALDNOAH ZERO(アルドノア・ゼロ)」PV公開

アニメ『アルドノア・ゼロ』は、群像劇的な要素ロボットアクション的な要素の2つから出来ています。

僕は両方とも好きで、群像劇では人の心に触れて泣き、ロボットアクションでは手に汗握るんですね。

そんな風ですから、その2つが一気に味わえる『アルドノア・ゼロ』はもう至極の一品なわけで、1話見終わるとスッゲーぐったりなわけで、幸せな疲労感を味わえるわけなんですよ。

 

まずはロボットアクションのご紹介です。

 

火星は地球よりも科学技術が進んでいます。それは『アルドノア』と呼ばれる火星の古代文明のテクノロジーのおかげです。

で、そのアルドノアの力を開放するための装置が『アルドノアドライブ』っていうよく分かんないやつなんですけど、

そのよく分からない『アルドノアドライブ』を使えば、アルドノアがギューーーンって動く……かは知らないんですけど、

ギューーーンって動く……シーンは無かったんですけど、

とにかくアルドノアが有効活用されるので、火星人はアルドノアドライブでアルドノアをギューーーンってやった……かは知らないんですけど、

アルドノアドライブのおかげで火星は、スゴく科学技術が進んだ国家になったわけなんですね。

 

でもね、どうやら火星って、アルドノアがだけあるだけで自然が壊滅的に駄目みたいで。

水とか空気とか気とか動物とか、そういった地球では当たり前のものが火星ではスゴイ貴重で。

そういうのがないから人が住むのも大変で。

もう貧困貧困また貧困なわけで。

で、地球に目をつけて侵略行為が始まったんですね。

火星の人たちは、地球に揚陸城(ようりくじょう)』っていう棒きれみたいな戦艦でやってきて、そこからロボットを発進させて「いざ勝負!」なわけなんですよね。

 

で、やっと地球 VS 火星のバトルのお話なんですけど。

 

火星のロボット(カタフラクトという)はアルドノアのおかげで、超カッコよくってスーパーロボ仕様なんですね。

「曲線を多用してエレガントさを表現しました。女性にも乗っていただけます」みたいな印象で。

操縦方法も、OLさんが「ネイルをキレイにしてもらってます」みたいに、机の上に手を“サッ”と置いて、「そんなで操縦できんのか!」っていう仕様で。

スゴく“スマート & 非現実的”で。

 

かたや地球のロボット(カタフラクトという)は一言で言うと「無骨」、てか、「現実的」

「あー、今の技術が進化したら、まあ、ああなるかな……」ぐらいの工業製品感があって、工場にいてそうで。

 

で、普通に考えたら火星の戦闘力のほうが強いなって想像できるんですよね。

だってアルドノアですからね、アルドノアでドライブだですからね、そりゃ強くないとウソなわけなんですね。

実際、火星のカタフラクトは強くって。一体につきいくらかかってんだよ! ってぐらいの気合の入れようで。毎回ジオングが出てくるぐらいの緊張感で。

 

でも、それでも地球は戦うわけです。

だって侵略されたくないですから。無骨で不格好で工場から派遣されてきました! みたいでも戦うわけなんですよ。

 

正直、僕は「こんなんで勝てるのか?」って思って見てましたんですけど、

 

意外と地球のカタクラフトが勝っちゃうんですね。

 

何でかと言うとね、

 

火星人がバカだから

 

なんですね。

 

火星人は科学技術はスゴイ高度なものを持ってるんですけど、

 

考え方が古いんですよ。

 

なんかね、いまだに封建制度みたいな感じで『伯爵』とか階級があって。

「ザーツバルム伯爵」とか、「クルーテオ卿」とか言って身分を誇示したりしてて。

その伯爵だかが、「ヴァース帝国の騎士、37家門の1人◯◯◯◯でござる!」とか言って、だいたいが1人で戦いに来るんです。

仲間と徒党を組んだりしないんですよ。それ、卑怯じゃんとか思ってるフシがあるわけなんですね。

 

だから、基本的に「地球 VS 火星」は「複数 VS 1人」になるわけですよ。

これのおかげで何とか地球側はやっていけているんです。

地球側はなりふり構わず大量のカタフラクトを投入して、常に総力戦なわけです。必死に応戦するわけです。

そりゃそうだわな。地球のやり方間違ってないわな。占領されたらお命頂戴だもんな。卑怯でもかっこ悪くても関係ないね! になるわけです。

 

とね、こんなふうに地球のカタフラクトと火星のカタフラクトの戦闘シーンは、両極端なロボットの仕様 & 火星人の意味不明な神経のおかげで超魅力的に仕上がっているのです。

 

あ、あと、

戦闘シーンでの音楽がカッコ良い!

めちゃテンション上がるBGMになっとる。