【青ブタ】第1話「先輩はバニーガール」感想|桜島麻衣のバニーガール姿を堪能できるのは今回だけです

動画アニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』第1話 ネタバレ感想|桜島麻衣のバニーガール姿を堪能できるのは今回だけです。

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』が無料で見放題!

hulu
hulu

 

今回ご紹介するのは、アニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(青ブタ)』第1話「先輩はバニーガール」です。

アニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』第1話

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

 

アニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』は、峰ヶ原高校に通う梓川咲太(あずさがわさくた)を中心に、その周りで起こる「思春期症候群」なる不思議な現象に東奔西走する若者たちを描いた作品です。

タイトルが「バニーガール先輩」だからね、てっきりそっち系かな、なんて思って見ちゃったけど、全然そっち系じゃなくって、こっち系だったからね。

おじさん……

 

少しがっかりしたよ!

 

下心って罪だよね。

 

さあ、アニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない(青ブタ)』第1話の始まりです。

 

アニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』第1話|あらすじ

5月29日。 自分の隣に横たわる女性の夢から覚めた梓川咲太。 彼女の名前は――思い出せない。 机上に置かれたノートを、咲太はおもむろに目を通す。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

5月29日。

自分の隣に横たわる女性の夢から覚めた梓川咲太。

彼女の名前は──思い出せない。

机上に置かれたノートを、咲太はおもむろに目を通す。

 

内容は5月6日の日記だった。 野生のバニーガールに出会った、と始まる記述は、その女性の正体が書かれていた。 しかし、肝心の名前の部分が判別できず、咲太は首を傾げる。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

内容は5月6日の日記だった。

野生のバニーガールに出会った、と始まる記述は、その女性の正体が書かれていた。

しかし、肝心の名前の部分が判別できず、咲太は首を傾げる。

 

5月6日。 図書館で本を探す咲太の前に彼女が現れた。 バニーガールの衣裳をまとった少女が、図書館内を闊歩していたのだ。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

5月6日。

図書館で本を探す咲太の前に彼女が現れた。

バニーガールの衣裳をまとった少女が、図書館内を闊歩していたのだ。

 

しかし、周りの人間は場にそぐわない彼女の姿に驚くそぶりを見せない。 というか、誰も彼女に気付いていなかった。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

しかし、周りの人間は場にそぐわない彼女の姿に驚くそぶりを見せない。

というか、誰も彼女に気付いていなかった。

 

やがて彼女は咲太の隣に立ち、咲太が自分の姿を見えていることに驚く。 立ち去ろうとする彼女を呼び止める咲太。 咲太の記憶が正しければ、彼女は峰ヶ原高校の一つ上の先輩・桜島麻衣だ。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

やがて彼女は咲太の隣に立ち、咲太が自分の姿を見えていることに驚く。

立ち去ろうとする彼女を呼び止める咲太。

咲太の記憶が正しければ、彼女は峰ヶ原高校の一つ上の先輩・桜島麻衣だ。

 

そんな咲太に、なおも麻衣は毅然とした態度で答える。 今日会ったことは忘れる事、そして金輪際自分に関わることはしないようにと。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

そんな咲太に、なおも麻衣は毅然とした態度で答える。

今日会ったことは忘れる事、そして金輪際自分に関わることはしないようにと。

 

昨日麻衣には言われたものの、衝撃的な出会いを忘れられるはずがない。 憂鬱に朝目覚めると、隣では妹の花楓が眠っていた。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

昨日、麻衣には言われたものの、衝撃的な出会いを忘れられるはずがない。

憂鬱に朝目覚めると、隣では妹の花楓が眠っていた。

 

花楓を起こす咲太だが抱きつかれてしまう。 そんな妹に、そろそろ兄のベッドに潜り込むのは卒業しろと諫めるのだった。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

花楓を起こす咲太だが抱きつかれてしまう。

そんな妹に、そろそろ兄のベッドに潜り込むのは卒業しろと諫めるのだった。

 

通学の電車の中で、咲太は友人・国見佑真に先日のバニーガールの話をしてみた。 図書館で魅力的なバニーガールに出会ったらどうする――? 国見は二度見し、そのあとガン見するとノリノリで答えた。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

通学の電車の中で、咲太は友人・国見佑真に先日のバニーガールの話をしてみた。

図書館で魅力的なバニーガールに出会ったらどうする?

国見は二度見し、そのあとガン見するとノリノリで答えた。

 

通学の生徒たちの中に、麻衣の姿もあった。 国見にも彼女の姿は見えている様だ。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

通学の生徒たちの中に、麻衣の姿もあった。

国見にも彼女の姿は見えている様だ。

 

彼は咲太がマキノハラショウコなる人物以外の女子に興味を持ったことに喜ぶ半面、麻衣の心を射止めるのはさすがに無理だと早とちりする。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

彼は咲太がマキノハラショウコなる人物以外の女子に興味を持ったことに喜ぶ半面、麻衣の心を射止めるのはさすがに無理だと早とちりする。

 

国見が仕入れた情報によると、麻衣は中学卒業と同時に活動休止宣言をした。 しかし、既に出演が決まっていた仕事も残っており、まともに出席できるようになったのは夏休み明けだったという。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

国見が仕入れた情報によると、麻衣は中学卒業と同時に活動休止宣言をした。

しかし、既に出演が決まっていた仕事も残っており、まともに出席できるようになったのは夏休み明けだったという。

 

もはや、彼女はクラスの中の異分子だ。 彼女自身、それを察し空気のように振舞っているのだろうと咲太は考えた。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

もはや、彼女はクラスの中の異分子だ。

彼女自身、それを察し空気のように振舞っているのだろうと咲太は考えた。

 

昼食を独りでとる咲太の前に、国見の彼女・上里沙希が現れる。 彼女は咲太に、国見と付き合うなと忠告する。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

昼食を独りでとる咲太の前に、国見の彼女・上里沙希が現れる。

彼女は咲太に、国見と付き合うなと忠告する。

 

病院送り事件――。 クラスで浮いている咲太と一緒にいると、国見の株が下がるからという事だった。 しかし、咲太の斜に構えた正論に、上里は捨て台詞を吐いて立ち去って行った。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

病院送り事件――

クラスで浮いている咲太と一緒にいると、国見の株が下がるからという事だった。

しかし、咲太の斜に構えた正論に、上里は捨て台詞を吐いて立ち去って行った。

 

下校途中の駅で、麻衣の盗撮される瞬間を目撃する咲太。 カメラの前に立ち、男を退散させた咲太に、麻衣は一言、感謝を述べる。 意外に思っている咲太に麻衣は気丈に振舞うが、咲太の言葉に静かにうなずいた。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

下校途中の駅で、麻衣の盗撮される瞬間を目撃する咲太。

カメラの前に立ち、男を退散させた咲太に、麻衣は一言、感謝を述べる。

意外に思っている咲太に麻衣は気丈に振舞うが、咲太の言葉に静かにうなずいた。

 

電車の中で、先日のバニーガールの話を切り出す咲太。 忠告を無視したことを諫める彼女に、咲太は冗談めかして切り返す。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

電車の中で、先日のバニーガールの話を切り出す咲太。

忠告を無視したことを諫める彼女に、咲太は冗談めかして切り返す。

 

麻衣は咲太の噂・病院送り事件のことをを調べていた。 麻衣のスマホでそれを確認し、驚く咲太に麻衣は尋ねる。 自分で調べたりはしないんだ――? 咲太はスマホはむしゃくしゃして海に投げ捨てたと告白する。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

麻衣は咲太の噂・病院送り事件のことをを調べていた。

麻衣のスマホでそれを確認し、驚く咲太に麻衣は尋ねる。

自分で調べたりはしないんだ?

咲太はスマホはむしゃくしゃして海に投げ捨てたと告白する。

 

麻衣はあくまでも客観的で、咲太の病院送り事件の事実性を疑っている様だ。 噂は空気のようなもの――と咲太は呟く。その空気と戦うのはバカバカしいと一蹴する咲太。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

麻衣はあくまでも客観的で、咲太の病院送り事件の事実性を疑っている様だ。

噂は空気のようなもの、と咲太は呟く。その空気と戦うのはバカバカしいと一蹴する咲太。

 

麻衣はそんな彼に失望交じりに答えた。 だから誤解はそのままにして、戦う前から諦めるんだ――。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

麻衣はそんな彼に失望交じりに答えた。

だから誤解はそのままにして、戦う前から諦めるんだ。

 

咲太の問いかけに対し、麻衣が答える。 6歳で芸能界にデビューし、ずっと人目にさらされ続けそれが鬱陶しくなり自分を知らない世界に行きたいと願うようになった。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

咲太の問いかけに対し、麻衣が答える。

6歳で芸能界にデビューし、ずっと人目にさらされ続けそれが鬱陶しくなり自分を知らない世界に行きたいと願うようになった。

 

4連休の初日に、気まぐれで訪れた水族館で、初めて自分が見えていない人がいることに気付く。 はじめは気のせいだと考えたが、帰りがけに訪れた喫茶店でそれが確信に変わる。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

4連休の初日に、気まぐれで訪れた水族館で、初めて自分が見えていない人がいることに気付く。

はじめは気のせいだと考えたが、帰りがけに訪れた喫茶店でそれが確信に変わる。

 

自分の生活圏内に戻ると、普段通りに周りの人々は自分が見えていた。 それから彼女は他の場所でも同じことが起きていないか、度々バニーガールの衣装で徘徊しているのだという。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

自分の生活圏内に戻ると、普段通りに周りの人々は自分が見えていた。

それから彼女は他の場所でも同じことが起きていないか、度々バニーガールの衣装で徘徊しているのだという。

 

そんな現象を、咲太は【思春期症候群】と呼ぶ。 ただの都市伝説で、うわさに過ぎないとバカにする麻衣に、咲太は自宅へと招いた。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

そんな現象を、咲太は【思春期症候群】と呼ぶ。

ただの都市伝説で、うわさに過ぎないとバカにする麻衣に、咲太は自宅へと招いた。

 

部屋に麻衣を上げると、咲太はおもむろに服を脱ぎ始める。 一瞬戸惑う麻衣だったが、咲太の胸に刻まれた傷を見るとその意図を理解した。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

部屋に麻衣を上げると、咲太はおもむろに服を脱ぎ始める。

一瞬戸惑う麻衣だったが、咲太の胸に刻まれた傷を見るとその意図を理解した。

 

続いて咲太は妹の写真を取り出した。 その写真に写る花楓は傷だらけだったが、暴力を受けてはいないという。 説明の意図がくみ取れない麻衣に、咲太は続ける。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

続いて咲太は妹の写真を取り出した。

その写真に写る花楓は傷だらけだったが、暴力を受けてはいないという。

説明の意図がくみ取れない麻衣に、咲太は続ける。

 

些細なことから花楓へのいじめは始まり、ネットでの中傷が過熱したある日――。 咲太の目の前で、ひとりでに花楓の体に傷が出来上がっていった。 それが思春期症候群を信じるきっかけだと、咲太は言う。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

些細なことから花楓へのいじめは始まり、ネットでの中傷が過熱したある日。

咲太の目の前で、ひとりでに花楓の体に傷が出来上がっていった。

それが思春期症候群を信じるきっかけだと、咲太は言う。

 

咲太の胸にある傷も、その時ひとりでに出来た傷だという。 朝目が覚めたら血まみれで、病院に運び込まれた――。 それが病院送り事件という噂の真相だった。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

咲太の胸にある傷も、その時ひとりでに出来た傷だという。

朝目が覚めたら血まみれで、病院に運び込まれた。

それが病院送り事件という噂の真相だった。

 

そこへ花楓がドアを開けて入ってくる。 彼女は麻衣のことを玄人だとか、いかがわしいセールスだとか勘違いをしていた。 咲太が誤解を解くが、彼女の警戒は解けなかった。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

そこへ花楓がドアを開けて入ってくる。

彼女は麻衣のことを玄人だとか、いかがわしいセールスだとか勘違いをしていた。

咲太が誤解を解くが、彼女の警戒は解けなかった。

 

花楓が自分に気付かないことに、麻衣は驚く。 花楓はテレビを見ないらしい。彼女の場合、ネットなどの環境から距離を置くことで思春期症候群の症状が治まったという。 咲太がスマホを持たないのもそれが理由だった。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

花楓が自分に気付かないことに、麻衣は驚く。

花楓はテレビを見ないらしい。彼女の場合、ネットなどの環境から距離を置くことで思春期症候群の症状が治まったという。

咲太がスマホを持たないのもそれが理由だった。

 

咲太は麻衣の思春期症候群を治める方法として芸能界復帰を提案した。 麻衣の本心を咲太は察していたが、麻衣には触れられたくないことだった様だ。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

咲太は麻衣の思春期症候群を治める方法として芸能界復帰を提案した。

麻衣の本心を咲太は察していたが、麻衣には触れられたくないことだった様だ。

 

アルバイトの休憩中、国見に麻衣の活動休止について咲太は聞いてみる。 しかし、表面的に公表されていることしかわからない。 そんな時、芸能界事情に詳しそうな人物・南条文香が来店した。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

アルバイトの休憩中、国見に麻衣の活動休止について咲太は聞いてみる。

しかし、表面的に公表されていることしかわからない。

そんな時、芸能界事情に詳しそうな人物・南条文香が来店した。

 

どうやら彼女は咲太の胸の傷について調べを進めている様だ。 適当に彼女をあしらう咲太だったが、ふと考えが閃く。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

どうやら彼女は咲太の胸の傷について調べを進めている様だ。

適当に彼女をあしらう咲太だったが、ふと考えが閃く。

 

科学室で、双葉理央に思春期症候群の見解を伺う咲太。 しかし双葉は、思春期症候群については懐疑的な意見を持つ。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

科学室で、双葉理央に思春期症候群の見解を伺う咲太。

しかし双葉は、思春期症候群については懐疑的な意見を持つ。

 

理屈に合わない現象を認めない彼女に、麻衣の身の回りで起こる現象を理屈が付くような意見を求める咲太。 そして、彼女がほのめかした仮説は、観測理論に基づくものだった。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

理屈に合わない現象を認めない彼女に、麻衣の身の回りで起こる現象を理屈が付くような意見を求める咲太。

そして、彼女がほのめかした仮説は、観測理論に基づくものだった。

 

シュレディンガーの猫――。 対象は観測されて初めてその存在や事象を認められる。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

シュレディンガーの猫。

対象は観測されて初めてその存在や事象を認められる。

 

その仮説に基づくと、麻衣はただ単純に見えなくなっているわけではない。 存在そのものが、消えようとしている。 事実、麻衣の症状は確実に進行しているようだった。

出典:©2018 鴨志田 一/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/青ブタ Project

その仮説に基づくと、麻衣はただ単純に見えなくなっているわけではない。

存在そのものが、消えようとしている。

事実、麻衣の症状は確実に進行しているようだった。

 

 

AB夫
huluでは『14日間無料トライアル』実施中!

『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』が無料で見放題!

Hulu 無料トライアルはこちら

 

アニメ『青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない』について詳しく知るにはこちら!

【青ブタ】第2話「初デートに波乱は付き物」感想|梓川咲太と桜川麻衣と思春期症候群

2018.12.17