【進撃の巨人】第4話 ネタバレ感想|超過酷な対巨人用訓練がスタート

動画アニメ『進撃の巨人』第4話

今回ご紹介するのは、アニメ『進撃の巨人』第4話「解散式の夜」です。

 

訓練兵として入団したエレンたちを待っていたのは、厳しい教官による恫喝でした。

それによって初めて兵士としてのスタートラインに立てる、というブラック企業真っ青の伝統を受けた面々は、立体機動装置の適性試験を行います。

 

が、そこでエレンは思わぬ苦戦を強いられることに。

最後の最後に装備の不備が発覚して、何とかクリアできたエレン。

彼はついに兵士としての一歩を踏み出したのでした。

 

さあ、第4話の始まりです。

 

アニメ『進撃の巨人』第4話|あらすじ

シーン01

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

850年。エレンたちが入団してから2年が経っていた。

 

シーン02

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

激しい雨の降る森の中を、重装備で走り続ける訓練。

アルミンはついていくのがやっとだった。

 

シーン03

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「今日の訓練は採点されている。このままじゃ脱落するぞ」そう言って、ライナーはアルミンから荷物を奪い取る。

 

シーン04

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ライナー・ブラウン。屈強な体格と精神力を併せ持ち、仲間からの信頼も厚い。

 

シーン05

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

アルミン・アルレルト。体力面で劣るものの、座学面で非凡な発想を見せる。

 

シーン06

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

アニ・レオンハート。斬撃に非の打ち所はないが、連帯性に難があり、孤立気味。

 

シーン07

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ベルトルト・フーバー。潜在能力は極めて高いが、積極性に欠ける。

 

シーン08

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ジャン・キルシュタイン。立体機動はトップクラス。だが、抜き身すぎる性格が軋轢を生みやすい。

 

シーン09

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

サシャ・ブラウス。型破りの感の良さがあるが、それ故に組織行動に向かない。

 

シーン10

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

コニー・スプリンガー。小回りのきく起動が得意。しかし、頭の回転がやや鈍い。

 

シーン11

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ミカサ・アッカーマン。あらゆる科目を完全にこなす。歴代でも類のない逸材だという評価は妥当。

 

シーン12

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

エレン・イエーガー。目立った特技はないが、他ならぬ努力で成績を伸ばした。そして、人一倍強い目的意識を持つ。

 

シーン13

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

格闘術の訓練中、こんな訓練で巨人に対抗できるのか疑問を持つエレン。

 

シーン14

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

それを諭すライナー。

「力を持つ兵士として、不利な状況でも逃げてはいけないときがある。相手が何であれ、大砲でも格闘術でも使いこなして」と。

 

シーン15

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

そんな中、訓練をうまくサボっているアニを懲らしめようと企むライナーは、アニに真面目に取り組むように言う。

 

シーン16

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

怒りを顕にするアニはエレンと訓練を始めるが、一撃でエレンを倒してしまう。

 

シーン17

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

この訓練に疑問を持つアニは言う。「この世界では巨人に対抗する力を高めたものが巨人から遠ざかる。それが人の本質だからだ」と。

 

シーン18

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

訓練生218名が卒業する。彼ら駐屯兵団、調査兵団、憲兵団のいずれかに所属する。

 

シーン19

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

憲兵団に志願できるのは成績上位10名だけ。その中にエレンの姿があった。

 

シーン20

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

祝賀会でくつろぐ卒業生たち。

エレンはその場で仲間たちに、憲兵団に入らないことを告げる。

 

シーン21

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

その決意に納得できない仲間たち。彼は言う、人類は巨人には勝てないのだと。

 

シーン22

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

それでも人類は敗北していないと言うエレン。そんなエレンを追いかけ、アルミンとミカサはともに調査兵団に入ることを決める。

 

シーン23

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

翌日、調査兵団を見送るエレンたち。その先にはエルヴィン団長やリヴァイ兵士長の姿があった。

 

シーン24

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

エレンたちは壁の上で固定砲を整備していた。その時、あの雷がエレンの後ろに走り、あの時の超大型巨人が現れる。

 

シーン25

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

超大型巨人によって再び破壊される壁。

 

シーン26

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

5年前の惨劇を思い出したエレンは、これはチャンスだと言って超大型巨人に立ち向かう。

 

アニメ『進撃の巨人』第4話|ネタバレ感想

『進撃の巨人』主要キャラ紹介

シーン27

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

今回、キース・シャーディス教官が、訓練の採点にかこつけて訓練兵(キャラ)の紹介をしてくれました。

 

まずはライナー・ブラウン

ライナーは見るからに強そうで、いかにも軍人って感じです。

心も体もたくましくって皆から頼りにされる存在だと思われます。

例えるなら、

シーン28

映画のときのジャイアン

でしょうか。

 

続いては、アルミン・アルレルト

アルミンは最初から登場していましたが、ここであらためて人物像が語られました。

体力は無いけれど頭がいい。

例えるなら、

シーン29

ジョジョの奇妙な冒険、第4部の広瀬康一

でしょうか。

 

続きまして、アニ・レオンハート

無表情を決め込む鉄仮面少女。物静な風貌からは想像しづらい高い格闘術の持ち主です。

例えるなら、

シーン30

ドラゴンボールの人造人間18号

でしょうか。

 

続きまして、ベルトルト・フーバー

突出した特徴があまりなく、教官の評価も「潜在能力が極めて高い」とかいう分かりにくいもの。

例えるなら、

シーン31

キャプテン翼の井沢守(修哲トリオ)

でしょうか。

 

続きまして、ジャン・キルシュタイン

頭はキレて何事もそつなくこなすが、ずる賢さが目立つタイプ。

例えるなら、

シーン32

ドラえもんのスネ夫

でしょうか。

 

続きまして、サシャ・ブラウス

食い意地の張った変わり者で、天才基質かも?

例えるなら、

シーン33

スラムダンクの桜木花道

でしょうか。

 

続きまして、コニー・スプリンガー

小柄な体格を活かした戦闘が得意。

例えるなら、

シーン34

ドラゴンボールのクリリン

でしょうか。

 

続きまして、ミカサ・アッカーマン

全てにおいて優秀で、非の打ち所のないパーフェクト超人。

例えるなら、

シーン35

キン肉マンのネプチューンマン

でしょうか。

 

続きまして、エレン・イエーガー

巨人に対する憎しみに燃える復讐鬼。

例えるなら、

シーン36

スター・ウォーズのアナキン・スカイウォーカー

でしょうか。

 

お付き合いいただき、ありがとうございました。

 

ライナー、カッコいいーーーー

シーン37

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

格闘術の訓練のとき、エレンは疑問を持つんですよね。

こんなことして意味があるのか? って。

 

確かにそうなんですよね。

彼らは巨人と戦うための兵士なんで、対人格闘術は意味がないように思えますよね。

このエレンの不満はもっともなんですけど、それをライナーはカッコよく諭すんですよね。

「相手が何であれ、兵士として逃げちゃいけない」と。そのためのには格闘術でもなんでも俺はやるぜ! 的なことを言うんです。

 

率直に言って、

 

ライナーって、カッコ良すぎませんか?

 

もうね、他のメンバーとは風格が違いすぎますよね。

リーダー臭がプンプンして惚れてしまいますよね。

 

森の中での訓練でも、苦しそうに走るアルミンの荷物をこっそり持ってあげたりして、そういうのに女子って弱いですから。

僕は男子ですけど、そういうのに弱いんで、

 

もれなくライナーに惚れてるんですけど。

 

ただね、そんなライナーもカッコいいだけじゃキャラが立たないよねってことで、こんなことになってるんですけどね ↓

 

シーン38

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「次はあんたが私を襲う番だね」

 

シーン39

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「い、いや、俺は、、、」

 

シーン40

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「やれよライナー。兵士としての責任を教えてやるんだろ」

 

シーン41

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「、、、兵士には引けない状況がある」

 

シーン42

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「今がそうだ!」

 

 

シーン43

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ドーーーーン!

 

っていうボケですけどね。

 

アニ、強えーーーー

シーン44

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

まずは、対人格闘術の訓練をするエレンとアニの様子をご覧ください ↓

 

シーン45

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ドドドド怒怒怒怒

 

シーン46

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

スチャ!

 

シーン47

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「いくぞ!」

 

シーン48

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

バシーーーー!

 

シーン49

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

「ハギーーーー(泣)」

 

シーン50

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

キックーーーー!

 

シーン51

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ドーーーーン!

 

アニ、強えーーーー

 

格闘術の訓練のとき、アニはサボってるんですよね。こんなことして意味があるのか? って。

 

訓練兵たちは訓練の上手い下手によって点数をつけられていて、最終的に成績発表があるんです。

で、成績の上位10名までが憲兵団に入る資格をもらえるんです。

 

ジャンがそうなんですけど、たぶん、ここにいる訓練兵で憲兵団に入りたい人って多いと思うんですよね。

それは、憲兵団に入れば「内地」と言って、壁の一番内側で仕事ができるからなんですけど。

つまり、みんな本当は巨人なんかと戦いたくないってことなんですよね。

 

「なぜかこの世界では、巨人に対抗する力を高めたものほど巨人から離れられる」

「どうしてこんな茶番になると思う? それが人の本質だからだ」

 

アニにそう言われてエレンは気づくんです、自分たちがやってきた訓練は巨人と戦うためのものなのに、ここにいるほとんどの人間が必死になって訓練して点数稼いでいるのは、「巨人と戦わなくてもいいようになるためだ」ってことに。

エレンは、そんな矛盾に気づいて愕然としちゃうんですよね。

 

まさに茫然自失で、こう ↓ なわけなんです。

シーン52

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

 

みんなが自分と同じように巨人と戦いたいと思ってたあたりが、エレンらしいんですけどね。

まっすぐすぎると言いますか、単純すぎると言いますか、

 

足りてない

 

と言いますか。

 

アニメ『進撃の巨人』第4話|まとめ

シーン53

引用:©諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

エレンたち訓練兵は、いよいよ本格的な訓練が始まったかと思ったら、もう卒業してしまいましたね。

あっという間の3年間でしたね。

 

今回はエレンと同期の主要キャラが登場して賑やかで楽しげでした。

それぞれに個性が際立っていて良かったんじゃないでしょうかね。

前回、第3話ではサシャが一発かましてくれましたが、今回の汚れ役は優等生でみんなの頼れるお兄さん、ライナーでしたね。

そして、エレンも少し汚れてきて、

 

ボケかましてきましたね。

 

さて、再びエレンの前に現れた超大型巨人。

「ここで会ったが百年目」とばかりに、エレンは怒りをあらわに戦闘モードに突入します。

はたしてエレンは、5年前の借りを返すことができるのでしょうか?

 

第5話が楽しみですね

では!

 

 

『進撃の巨人』を詳しく知るならこちら!

【進撃の巨人】第1話 ネタバレ感想|巨人に支配される世界

2018.09.18

【進撃の巨人】第2話 ネタバレ感想|絶望するエレンは巨人と戦うことを決める

2018.09.19

【進撃の巨人】第3話 ネタバレ感想|誕生!エレン・イエーガー訓練兵

2018.09.20

【進撃の巨人】第5話 ネタバレ感想|繰り返される超大型巨人の悪夢

2018.10.20