アニメ『B:The Beginning』ネタバレ感想|NETFLIX × Production I.G。夢のコラボが産んだ最高傑作!

B The Beginning

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、アニメ『B:The Beginning』です。

アニメ『B:The Beginning』出典:B:The Beginning|Twitter

 

アニメ『B:The Beginning』は、

天才捜査官キース・フリックと、謎の存在『Killer B』が互いに別々の事件に巻き込まれながら、それでも実は根っこでは同じものに繋がってて、話が謎だらけで全然わかんないまま8話、9話、10話と進んでいくと、やっとストーリーが見えだす……ころにはもう終盤だった!

ってお話です。

 

これはね、本当にそうなの。最初はちっとも、全然、全く話が見えてこない。

まるで真っ暗闇の中を灯りもなしで歩いてるみたい、暗中模索だよ!

たぶんね、全12話中6話ぐらいまでは頭の中が「???」ってなりながら見ないといけない。我慢が必要、必須条件。

少~し話が見えてきた!……と思ったら、また分かんないこと話してるやん! 何言うてるが? ってなる、ず~っと考えさせられっぱなしの全12話だ!

 

とにかくね、伏線が貼りまくってあって、みんなが話してる内容に全然ついていけなかった(特にキーストと黒羽)。

最後の最後、ラスト2話ぐらいでやっと「そういうこと!?」みたいになった。ラストスパート感がものすごい。

 

これはね、2周目確定。キースと黒羽にNine to meet you!だ。

でもね……大丈夫、面白いから。

アニメ『B:The Beginning』は2回見ること前提で作ってるからね(←ウソ)。はりきって2回見よう! なんなら3回4回とみてもいいぞ!

 

というわけで、アニメ『B:The Beginning』の魅力を詳しく見ていきましょう!