アニメ『B:The Beginning』ネタバレ感想|NETFLIX × Production I.G。夢のコラボが産んだ最高傑作!

B The Beginning

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、アニメ『B:The Beginning』です。

アニメ『B:The Beginning』出典:B:The Beginning|Twitter

 

アニメ『B:The Beginning』は、NETFLIX 限定で配信されている作品で、原作のない完全オリジナルアニメです。

つまり、NETFLIX のためだけに作ったアニメーションだ! ってことなんです。

 

NETFLIX 限定ってことでね、たぶん、『B:The Beginning』見てる人、相当少ないと思うんだよね。

google でも、平均月間検索数1000件ぐらいだと思うんだよね。1日の検索流入数1~2人ぐらいかもしんないんだよね。

だから、『B:The Beginning』の記事書いても、あんまり読んでもらえなそうなんだよね……

 

しかし!

 

それでも僕は、アニメ『B:The Beginning』について語らなければならない。

アニメ『B:The Beginning』の何がスゴくて、感動して、ブッたまげて、難しくって、ややこしくって、2回は見ないと理解不能です……ってなったのかを後世に伝えなければならない! 伝える義務が僕にはある!!!

だってね、感動したからね。マジ、パネェぐらいヤバかった。

 

2回見ても絶対に飽きることなく見れる。むしろ理解が深まって、より面白く楽しめることができる。絶対そうだ! 間違いない!

アニメ『B:The Beginning』は、ここまでハッキリといい切れる作品に仕上がっているんです!

 

前置きが長くなりましたが、早速、アニメ『B:The Beginning』についてレビューしたいと思います!

 

マジ、パネェ!!!

 

 

アニメ『B:The Beginning』とは?

アニメ『B:The Beginning』とは?出典:B:The Beginning 公式サイト

まずは、あらすじです。

王立警察特殊犯罪捜査課へと戻って来た天才捜査官キース・フリックは、ある事件の犯人を追っていた。
凶悪犯罪者ばかりを狙う連続殺人鬼、通称『Killer B』。
犯行現場に必ず刻み込まれた『B』の文字は人々の注目を集め憶測を呼んだ。
『B』それは彼女のためのメッセージ。『ぼくはここにいる……』
その身を異形に変え、黒羽は届かぬ思いを刻み続ける。
キースと黒羽、互いに見知らぬ二人の運命は、やがて一つの陰謀へと飲み込まれていく――

B:The Beginning 公式サイト

そして、プロモーション映像です。

 

つまり、アニメ『B:The Beginning』は…

天才捜査官キース・フリックと、謎の存在『Killer B』が互いに別々の事件に巻き込まれながら、それでも実は根っこでは同じものに繋がってて、話が謎だらけで全然わかんないまま8話、9話、10話と進んでいくと、やっとストーリーが見えだす……ころにはもう終盤だった!

…ってお話です。

 

これはね、本当にそうなの。最初はちっとも、全然、全く話が見えてこない。

まるで真っ暗闇の中を灯りもなしで歩いてるみたい、暗中模索だよ!

たぶんね、全12話中6話ぐらいまでは頭の中が「???」ってなりながら見ないといけない。我慢が必要、必須条件。

少~し話が見えてきた!……と思ったら、また分かんないこと話してるやん! 何言うてるが? ってなる、ず~っと考えさせられっぱなしの全12話だ!

 

とにかくね、伏線が貼りまくってあって、みんなが話してる内容に全然ついていけなかった(特にキーストと黒羽)。

最後の最後、ラスト2話ぐらいでやっと「そういうこと!?」みたいになった。ラストスパート感がものすごい。

 

これはね、2周目確定。キースと黒羽にNine to meet you!だ。

でもね……大丈夫、面白いから。

アニメ『B:The Beginning』は2回見ること前提で作ってるからね(←ウソ)。はりきって2回見よう! なんなら3回4回とみてもいいぞ!

 

というわけで、アニメ『B:The Beginning』の魅力を詳しく見ていきましょう!

 

 

アニメ『B:The Beginning』の魅力4選!

アニメ『B:The Beginning』の魅力4選!出典:B:The Beginning 公式サイト

アニメ『B:The Beginning』の魅力を…

①謎の男と天才捜査官、そして彼らを取り巻く警察官とVSテロ組織の面々という個性豊かなキャラクターたち

②NETFLIX 発のオリジナルアニメーションの実力とは!?

③ほんとーーーーーに難しいストーリー!

④テーマソング『The Perfect World』、パネェっす!

の4点に厳選して、徹底的に深掘りします!

 

まずは登場人物の紹介から始めましょう!

どうぞーーー!

 

 

①個性豊かな登場人物たち

黒羽(こくう)

黒羽(こくう)出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 梶裕貴

物語の主人公。異形の者に変身する能力を持っている。
『Killer B』として犯罪者を殺害し、誰かにメッセージを残す。

 

キース・風間・フリック

キース・風間・フリック出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 平田広明

物語のもうひとりの主人公。
RIS(王立警察特殊犯罪課)の捜査官で天才的な頭脳を持っている。
過去のある事件で現場を離れていたが『Killer B』事件が起こり、復帰した。

 

星名リリィ

星名リリィ出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 瀬戸麻沙美

RISの捜査官。
実家の家業(バイオリン修復)で黒羽が働いているため、彼とは知り合いだった。

 

エリック・トガ

エリック・トガ出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 東地宏樹

RISの捜査官。
現場の指揮官で、かつてのキースの弟子。

 

ボリス・マイヤー

ボリス・マイヤー出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 稲葉実

RISの捜査官。
年配の捜査官で、皆の相談役。

 

吉永カエラ

吉永カエラ出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 小清水亜美

RISの捜査官。
ハッカーとして捜査の後方支援を行っている。

 

マリオ・ルイス・ズリータ

マリオ・ルイス・ズリータ出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 田中進太郎

RISの捜査官。

 

ブライアン・ブランドン

ブライアン・ブランドン出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 豊永利行

RISの捜査官。

 

ジャン・アンリ・リシャール

ジャン・アンリ・リシャール出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 後藤敦

RISの捜査官。
キースとは昔からの知り合い。

 

ギルバート・ロス

ギルバート・ロス出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 森川智之

王立法医学研究所のスタッフ。
キースとは学生の頃からの知り合い。

 

皆月

皆月出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 石川界人

マーケットメーカー(テロ組織)のリーダー。

 

ユナ

ユナ出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 佐藤聡美

マーケットメーカーの一員。
黒羽とは昔からの知り合い?

 

ライカ

ライカ出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 喜多田悠

マーケットメーカーの一員。
皆月の右腕的存在。

 

イザナミ

イザナミ出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 斎賀みつき

マーケットメーカーの一員。

 

カムイ

カムイ出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 中井和哉

マーケットメーカーの一員。

 

タケル&ククリ

タケル&ククリ出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 亀田望美(タケル)

マーケットメーカーの一員。

 

クエン

クエン出典:B:The Beginning 公式サイト

声 – 粟根まこと

マーケットメーカーの一員。

 

 

②NETFLIX と Procution I.G の奇跡の出会い

②NETFLIX と Procution I.G の奇跡の出会い出典:B:The Beginning 公式サイト

アニメ『B:The Beginning』は NETFLIX 限定配信のアニメで、アニメーションの制作はProduction I.G が担当しています。

これは、非常に期待のできるアニメの誕生だよね。いいものが出来る予感しかしないよね。アタリ確定のくじ引いたようなもんだよね。

 

なぜか? それには2つの理由があります。

まずは「NETFLIXが配信している」ということです。

 

最近ではアニメ業界のブラックぶりが問題になってますよね。アニメーターの皆さんが低賃金でこき使われて超かわいそう……みたいなニュースをよく見ます。

TVアニメの現場では、アニメーション制作に掛けられるお金も少なくなってきて、それに伴いクオリティも下降線……ってことになってきているようです。

 

この不況の世の中。企業は広告費を削って生き残りを図ろうとしている。

少なくなった広告費……それに伴い減っていく制作費。掛けれる予算は微々たるもんだ。

少ないお金でモノづくりをするためには、時間も短縮せざるを得ない。Time is Money だ!

今やアニメーション制作には、時間もお金も掛けられないのが現実……

だから……正直パッとしない仕上がりのアニメが多いと感じてしまう……

 

そこで NETFLIX です。

NETFLIX は番組に広告を乗っけてスポンサーから広告費を集め、それを予算としてアニメーションを制作しているのではありません。

まあ、広告も取ってきて、それで利益を上げてる部分もあるだろうけどね。そんなのはきっと微々たるもんだ!(たぶん)

 

NETFLIX の一番のポイント、それはユーザーから支払われる『利用料金』です。

NETFLIX の配信番組を見るためには、ユーザーは利用料金(スタンダードプラン:税込み 1026円。その他のプランもあり)を支払わなければなりません。

そして、NETFLIX は日本だけではなく全世界に展開しているサービスなので、会員数も桁違い。入ってくるお金も桁違いだ!

これが NETFLIX の資金となりオリジナルアニメや映画、ドラマの制作費になるのです。

つまり、一つの番組を作るのにかけられる費用が、現在の日本のアニメとは違って格段に多い。

だから、必然的に良いものが出来る! クオリティの高いものを作る下地があるんです!

NETFLIX、パネェです!

 

そして、もう一つは Production I.G がアニメーション制作しているということ。

Production I.G と言えば、『攻殻機動隊』『ハイキュー』『PSYCHO-PASS(サイコパス)』などを手がけたことで有名です。

てか、Production I.G がどんなに素晴らしいか説明するよりも、映像を見てもらったほうが、その実力が伝わると思うので、こちらの映像をどうぞ!

▼ アニメ『ハイキュー!!』

 

▼ アニメ『PSYCHO-PASS  サイコパス』

 

ね、すんばらしいでしょ! 映像に一切妥協がない!

ま、他の制作会社さんも手抜きしてるわけじゃないけど、やっぱりProduciton I.G 制作と聞くと安心する。

一定のクオリティが約束されてる感があって落ち着くよね。

 

ちなみに『ハイキュー』や『PSYCHO-PASS(サイコパス)』のレビューはこちら↓↓↓

【映画】劇場版アニメ『ハイキュー!!』ネタバレ感想|TVアニメ第1期と第2期の旨味を抽出した180分!

2017.11.21

【ネタバレ感想】アニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』人気の理由を徹底解説!|踊る大捜査線の本広克行が作り出した近未来ハードボイルドSF群像劇!

2018.02.28

 

ここまでを一旦まとめると、アニメ『B:The Beginning』は……

 

NETFLIX の潤沢な資金、予算、現ナマ。

Production I.G という歴史ある制作会社の実力、本気、覚悟。

 

この2つの要素が、もみ合いへし合い絡み合って産み落とされた、見る価値アリアリの奇跡の超大作。

映像のクオリティもハンパなく、ストーリーも秀逸の出来栄え! 面白いこと間違いなしの一品に仕上がっています。

 

 

③ストーリーが複雑すぎて2度見確定

③ストーリーが複雑すぎて2度見確定出典:B:The Beginning 公式サイト

断言する!

アニメ『B:The Beginning』は1度見たぐらいじゃあ理解できない!

上でも書いたが、全12話のうち、前半の6話ぐらいまでは話の筋が全く見えない。

 

最初は「Killer B VS キース」って構図になるのかなって思う。

天才捜査官と凶悪殺人鬼とのクライムサスペンスで確定だ!

でもね、どうやらそうはならないらしい…ってことが次第に分かってくる。二人、仲いいじゃ~んってなって、あれあれ? ってなる。

キースが Killer B と追いかけっこなんぞするか! ダボが! そんな単純な話じゃねぇ、Production I.G なめんな! もっと複雑やぞ!

 

で、こっからが本当にややこしっくって、大変なの。複雑なの。よく分かんねえのよ(2回見よう)

 

まずは『Killer B』

『Killer B』こと黒羽の出生には秘密があって、皆月とかユナなどのマーケットメーカー達とも関係している。

昔、彼らは同じところで生活していた。そして、ゴニョゴニョ色々とややこしいことがあって……現在にいたる。

だからね、黒羽とマーケットメーカーは仲が悪くって犬猿の仲なんです。

マーケットメーカー(主に皆月)は黒羽の命を狙って執拗にちょっかいだしてくる。

売られた喧嘩は買うのが男じゃ! と言わんばかりに送られる使者をバッタバッタとなぎ倒していく黒羽。

最後に残ったマーケットメーカー皆月との一騎打ちの結末は!? ってのが黒羽サイドのストーリー。

 

続いて『キース・フリック』

どっちかっと言うとね、黒羽よりもキースの方が複雑。キース側からすれば黒羽なんて分かりやすいぐらいだよ。

だってさ、黒羽側は『黒羽 VS マーケットメーカー』みたいに単純化できるからね。皆月が何か企んでて黒羽の命狙ってんでしょ! って1行で言い切れちゃうからね。

 

確かに黒羽の過去に秘密はある……けれど、実はそれもキースが関係している。天才キースの仕業なんだ!

キースは幼少の頃、誰も解くことが出来なかった謎の碑文の解読に成功する。

それによって秘密裏に行われていた、ある研究が飛躍的に前進し、黒羽や皆月のような人間(?)が誕生する(←ネタバレ)。

結局はキースがキーマンとなって黒羽サイドのストーリーが生まれたわけだ。

 

そして、キースには他にもややこしい問題がある。それはキースの妹『エリカ』が殺された未解決事件の謎だ。

彼女を殺した真犯人とは? その目的は? マーケットメーカーとの関係は? などなど、天才キースがその謎の深層に迫る! ってのがキース側からの物語の終焉に向かう道筋だ。

 

そして、黒羽側とキース側のストーリーは繋がっていて、元を辿れば一つのところに行き着く。

アイツがあれでこれでそれなもんで、ああなって……だからアイツはコイツをああしてこうしてそうすんだな……って感じで、そこまでの道筋が1話から12話に向かって、ゆっくりと記されていく。

少しずつ謎を解きながら……少しづつ秘密を暴きながら……少しづつ真実を語りながら……物語は進んでいく。

 

本当にちょっとづつ……

 

 

ちょっとづつ……

 

 

ちょっとづつ……

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

時間かかるな!

マジむずい

 

 

④完璧! テーマソング『The Perfect World』

④完璧! テーマソング『The Perfect World』出典:B:The Beginning 公式サイト

もう一つ語らなければいけないことがある。そう、テーマソングについてだ。

アニメ『B:The Beginning』のテーマソングは『The Perfect World』という曲。

これを手がけたのは、あの元メガデスのギタリスト、マーティ・フリードマンと MAN WITH A MISSION のギター兼ボーカル、Jean-Ken Johnny(ジャンケン・ジョニー)だ。

このハードでロックな二人が、アニメ『B:The Beginning』を全話視聴し、その世界観を咀嚼し飲み込み吐き出したのが『The Perfect World』だ。

 

テーマソング『The Perfect World』……それは恐ろしく素晴らしい……鳥肌が立つ……ゾクゾクする……ビリビリする……そして、超絶カッコイイ! ありえないぐらい痺れるソングなんだ!

百聞は一見にしかず、こちらをどうぞ!

まさにアニメ『B:The Beginning』の世界観にピッタリ! ジャストフィット! 完璧なシンクロ率。完璧なテーマソングの完成だ!

 

聞きたい……、『The Perfect World』を毎日聞きたい。

学校への通学途中に、会社に向かう電車の中で、友達との待ち合わせのカフェで、一日の疲れを落とすお風呂に入りながら……

生活のあらゆるシーンで『The Perfect World』に包まれたいと願うあなたに朗報だ!

なんと、この『The Perfect World』が収録された『B: The Beginning THE IMAGE ALBUM』が amazon で絶賛発売中なんです!

 

興味のある方はぜひ! お買い求めください!!!

 

 

アニメ『B:The Beginning』まとめ

アニメ『B:The Beginning』まとめ出典:B:The Beginning 公式サイト

NETFLIX が送り出したオリジナルアニメ『B:The Beginning』は、Producton I.G とのコンビネーションで、僕たちのもとに最高の作品を届けてくれました。

 

テレビの広告費に頼らない資金の作り方。そして、妥協をゆるさない贅沢なアニメーション制作。

アニメ『B:The Beginning』は、そんなアニメーション制作の未来を見せてくれたように感じました。それほどのハイクオリティ!

 

今後はTVアニメだけじゃなくって、こういったVOD系のプラットフォームからオリジナルアニメが、どんどん出てくるかもしれませんね。

潤沢な制作費を武器に、贅沢な作品を作ることが当たり前になる事に期待します。

 

 

僕は初めて思った。

 

ネットフリックス代、月々1,026円。

 

高いか…

 

安いか…

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

元、取ったどー!

安いぐらい。

 

では!