アニメ『化物語』ネタバレ感想|ひたぎ、まよい、するが、なでこ、つばさ。君の推しメンは誰だ!

動画アニメ『化物語』ネタバレ感想

 

今回ご紹介するのは、アニメ『化物語』です。

アニメ『化物語』

 

アニメ『化物語』は、

とある事件に巻き込まれて、ちょっと人間とは違った感じになっちゃった阿良々木暦(あららぎこよみ)が、何故か自分の周りでやたらめったら起こり始める不思議な事件を、被害者? 当事者? のヒロインたちと一緒になって解決していく!

というお話。

 

『怪異』と呼ばれる不思議な存在に苦しめられているヒロインたちを、阿良々木暦(あららぎこよみ)が全力で助ける!

……けど、話の本質はそんなとこにはないんだ!

見てほしいのは、それじゃない! このアニメの面白さはストーリーとかどうでもいい! てか、ストーリーとかたいしたことないんです!

 

言い過ぎました。

 

アニメ『化物語』の魅力3選!

アニメ『化物語』の魅力3選!出典:2009年新作アニメ 化物語PV

アニメ『化物語』の魅力を、

  1.  個性豊かな登場人物たち
  2.  好き嫌いが分かれる独特な世界観
  3.  5つのストーリーと5人のヒロイン

の3つに厳選してまとめました。

まずは、登場人物からご紹介しましょう。

 

〈魅力①〉
個性豊かな登場人物たち

阿良々木 暦(あららぎ こよみ)

阿良々木 暦(あららぎ こよみ)出典:化物語 – 西尾維新アニメプロジェクト

声 – 神谷浩史

物語の主人公。私立直江津高校三年生。
とある事情で、ちょっとだけ吸血鬼になっている。なので、傷が治るのが早い。

 

戦場ヶ原 ひたぎ(せんじょうがはら ひたぎ)

戦場ヶ原 ひたぎ(せんじょうがはら ひたぎ)出典:化物語 – 西尾維新アニメプロジェクト

声 – 斎藤千和

『ひたぎクラブ』のヒロイン。阿良々木とはクラスメイトだが、ほとんど話したことはない。中学時代は陸上部のエースだった。

 

八九寺 真宵(はちくじ まよい)

八九寺 真宵(はちくじ まよい)出典:化物語 – 西尾維新アニメプロジェクト

声 – 加藤英美里

『まよいマイマイ』のヒロイン。
ずっと迷子になったままの小学生。わざと阿良々木の名前を間違えるくだりを、出会うたびに繰り返す。
本人は「噛んだだけ」と言い張っている。

 

神原 駿河(かんばる するが)

神原 駿河(かんばる するが)出典:化物語 – 西尾維新アニメプロジェクト

声 – 沢城みゆき

『するがモンキー』のヒロイン。
戦場ヶ原の中学時代の後輩。バスケ部のエースで運動神経抜群。
戦場ヶ原に特別な思いを抱いている。

 

千石 撫子(せんごく なでこ)

千石 撫子(せんごく なでこ)出典:化物語 – 西尾維新アニメプロジェクト

声 – 花澤香菜

『なでこスネーク』のヒロイン。
阿良々木の妹、阿良々木月火(あららぎつきひ)の同級生で、阿良々木とは幼い頃からの知り合い。
大人しい性格で、伏し目がちな話し方が特徴的。

 

羽川 翼(はねかわ つばさ)

羽川 翼(はねかわ つばさ)出典:化物語 – 西尾維新アニメプロジェクト

声 – 堀江由衣

『つばさキャット』のヒロイン。阿良々木のクラスメイト。
成績優秀で優等生。阿良々木とは今作以前からの知り合い。

 

忍野 メメ(おしの メメ)

忍野 メメ(おしの メメ)出典:化物語 – 西尾維新アニメプロジェクト

声 – 櫻井孝宏

阿良々木が何かと頼りにしている怪異・妖怪変化の類の専門家

 

〈魅力②〉
好き嫌いが分かれる独特な世界観

②好き嫌いが分かれる独特な世界観出典:2009年新作アニメ 化物語PV

アニメ『化物語』は世界観が独特なんです。

もし、あなたが普通のアニメを期待していたら、がっかりすると思います。

これはきっと、原作の西尾維新の作風をアニメにも反映した結果なのでしょう。

原作の方も独特だ……と、思う。てか、僕、原作を読んでません!

でもね、大丈夫、他の作品は読んだことありますから。大体の雰囲気はつかんでますから。西尾の好きなテイストとか、維新の好む世界観とか、何となく把握してますから。

 

で、アニメがどう独特かってことなんですけどね、たとえばこんな感じ、、、

 

 

登場人物が極端に少ない

これはもう本当に少ない。必要最低限の人間しか出てきません。

エキストラとか皆無ですから。全15話で片手で数えられるぐらいの少なさですから。

阿良々木暦に戦場ヶ原ひたぎ、八九寺真宵、神原駿河、千石撫子、羽川翼、忍野メメ、忍野忍……と、およそ8人ほど。

さらに、この8人が一斉に登場するわけではなく、この中から数人がちょいちょい出てくるので、実際の画面上には1人か2人しかいない。

つまり、物語は一対一の会話が主体となって進んでいく。

例えば……

  • 阿良々木と戦場ヶ原のやり取り
  • 阿良々木と八九寺のドタバタ劇
  • 阿良々木と千石のロリエロ雰囲気

などなど、主にその物語のヒロインと阿良々木という二人での会話劇で進んでいくのが、アニメ『化物語』の特徴なのです。

 

メチャ無機質な世界

先に書いたように、登場人物が主要キャラクター以外は出てこない。

だから、その世界は非常にシーーーーンとしていて、騒音雑音が全く無い世界です。

さらに、アニメの中でビルや公園、団地、家、自転車、自動車などが非常に無味乾燥でペターーーンとした絵になっていて、同じものは完全なるコピペで処理されている。

これが、このアニメの無機質さに拍車をかけています。

 

この『化物語』の世界からは生活感が全く感じられず、とってもフラットな印象を受けます。

ご飯を食べたり掃除をしたり、お風呂に入って寝て起きて行ってきまーす! とかの日常が全く感じられないのです。

そこは時間の感覚がイマイチつかめない、とっても不思議な世界。

 

さらに、細かなもの(学祭のポスターなど)が綺麗にデザインされていてオシャレ感を出してきます。

これが余計に違和感を増してきて、まるでモデルハウスのような錯覚を覚えます。

つまり、結局、とっても、

不気味

なんですね。

 

アニメなのに実写(写真)が使われている

アニメなのに、めちゃ頻繁に写真(実写)が出てきます。

アニメと写真のコラボレーション。アニメと写真のコラージュ。アニメと写真のコラ……なんでしょう、、、?

 

これはね、あれみたい、あれあれ、あの人……横尾忠則!(TADANORI YOKOO OFFICIAL WEBSITE

横尾忠則の作品って独特でしょ。

どっかイッちゃってるような世界観で、良いんだか悪いんだかよく分かんない作品群。

僕がクライアントで仕事を依頼したとして、あの横尾忠則テイストの仕上がりを見せられたら確実に憤慨する、あの意味不明な世界。

あんな感じの雰囲気をアニメの中に持ってきちゃってます。

 

これはね、でもね、アニメ『化物語』の世界観と合っていて良かったと思う。

オサレ感っての、トガッてる感っての、君に分かるかな? 感っての、そういう製作者のイヤラシイ思惑が明け透けで、逆に良かったと思う。

 

やたらと挟まれる謎のコマ

黑齣(クロコマ)とか、

赤齣(アカコマ)って、

書いてあるあれ、

 

何?

 

独特ですよね?

とね、こんな感じで普通のアニメでは到底やってない、できない、やろうとしない演出や画作りなどが盛り込まれています。

最初は違和感あって戸惑うだろうけど、そこ頑張って乗り切ってくださいね。

ずっと見てれば、

 

慣れますから。

 

きっと。

 

〈魅力③〉
5つのストーリーと5人のヒロイン

③5つのストーリーと5人のヒロイン出典:2009年新作アニメ 化物語PV

アニメ『化物語』は全15話の中に5つストーリーが盛り込まれています。

そして、それぞれのストーリーにそれぞれのヒロインが登場する。

基本的には、そのヒロインが怪異(妖怪のようなお化けのような、とにかく化物)に取り憑かれて困っちゃうのを、阿良々木が助けるっていう流れです。

 

 

最初に登場するのは戦場ヶ原ひたぎ。無表情がソソられるクールビューティー。

彼女が取り憑かれた怪異は『蟹』。ひたぎクラブの『クラブ』です。

戦場ヶ原ひたぎは蟹の怪異に取り憑かれた結果、体重が 5kg しかない体になってしまう。軽っかるのフワッフワ。

女子校生(1年生)の平均身長が 157cm (2018年調べ)だから、そこから標準体重を計算すると 52kg。それが、たったの 5kg 。

 

「これ、怖いかね?」って思ったお前ーーーー!

 

同感です。

 

コレで何かに困ってます! っていう描写が無かったので、そんな疑問が出てきましたが、たぶん、そんなに困ってない。5kg もあれば十分なんじゃね。ぐらいで済んでるはずだよ。

まあね、「蟹に取り憑かれてます!」 なんて、明るく言えることじゃないからね。そこがデメリットかな。

あと、蟹、ダサいよね。それに、きっと臭いよね。磯臭いよね。日本海の香り感じるよね。

戦場ヶ原ひたぎの苦悩はね、きっと、そんなもん。

 

 

続いては八九寺真宵。迷子が現在進行形の小学生です。

彼女に憑いた怪異は『蝸牛(カタツムリ)』

八九寺は蝸牛に憑かれたせいで迷いに迷って、お家に帰れなくなっています。

住所が分かってて、地図があっても、決して家にはたどり着けない。

 

「これ、怖いかね?」って聞いてきたお前ーーー!

 

同感です。

 

確かにそんなに怖くない。

家に帰れないのは、ちょっと困っちゃうけど、まあ命を取られるとかじゃないからね、まあ……ねえ……平気じゃない?

でもね、この物語には秘密がある。

ただの迷子の話じゃないんです。そんなに単純な訳がない。維新がそんなしょうもないもん書くわけがない。

 

実は……八九寺は……もう……

 

死んでます。

 

ああ、言っちゃいました、、、。

でも、これ、僕、何となく見抜いちゃったんだよね。よくあるパターンだよね。安直だよね!?

 

 

3人目は神原駿河。阿良々木と戦場ヶ原の後輩です。

実は彼女はレズなんです。 いきなりの告白。カミングアウトから始まるストーリーです。

で、中学時代から戦場ヶ原のことが、好きで好きで大好きで。

戦場ヶ原と仲良くしている阿良々木のことが、ムカムカムカムカムカムカムカムカってなって。

そしたら願いを叶える『猿』の怪異が現れちゃって、左手が猿の手になっちゃって、毛むくじゃらで、ぶっとくて、で、怪力野郎になっちゃって、襲ってボコって憂さ晴らしする。

 

「これ、怖いかね?」ってよぎったお前ーーー!

 

これは怖い

 

だって、左手が猿だから。

怖いと言うよりシンプルに嫌。困る。臭そう。ダサい。ちょっとデカイ。言い訳が面倒くさい。

ちなみに問題が解決したあとでも神原の左手は猿のままです。

 

 

4人目は千石撫子。彼女は阿良々木の妹、阿良々木月火(あららぎつきひ)の友達です。

だから二人は昔からの知り合いで、彼女は阿良々木のことを「暦お兄ちゃん」なんて呼んで慕っています。

てか、惚れています。

 

でだ、彼女が取り憑かれたのは『蛇』の怪異。

千石撫子の体には蛇の鱗のような痣が、緊縛の後のようについています。

彼女はそれを阿良々木に見てもらうために、手ぶらにブルマ一丁という、恐ろしくエロ可愛い姿になるんです。

 

「これ、怖いかね?」ってニヤついたお前ーーー!

 

分かる!

 

この回は、きっとサービス回なんですかね。

5人のヒロインの中で、千石だけがロリ要素入ってますから。

エロ要素も十分耐えれる逸材だったから、ここでガッチリ視聴者のハートを掴みたかったんでしょう。

八九寺だと小さすぎてエロくないからね。ただの小学生にそこ求めるとR指定かかっちゃうからね。何かとやりにくくなるからね。

 

 

最後に登場するのは羽川翼。阿良々木のクラスメイトでクラス委員長です。

羽川は第1話の戦場ヶ原のとこから出ていて、おそらく全部の話に出ているんじゃないでしょうか。

実は、化物語の前日譚である『傷物語』ってのがあるんですけど、そこにも羽川翼は出ているんです。

阿良々木と羽川の出会いとか、阿良々木が吸血鬼になった経緯とかが描かれているのが『傷物語』で、『化物語』の1話のはじめ90秒に『傷物語』のダイジェスト版が流れていました。

 

「これ、何?」ってなったお前ーーー!

 

分かります。

 

あの一瞬で、それも第1話のど頭で、『化物語』の「ば」の字も知らない人が、これを見てもわけが分からないのが当然です。

分かれっていうほうがおかしい。

維新がおかしい。

 

でだ、羽川が取り憑かれたのが『猫』。化け猫です。

彼女は自身の複雑な家庭環境にストレスを覚え、それが限界値を超えると『障り猫(さわりねこ)』っていう怪異になっちゃいます。

障り猫は夜な夜な街へ繰り出して、人を襲ってストレスを発散します。

羽川の抱えるストレスが全部無くなるまで、障り猫の悪行は終わらない。

あの品行方正成績優秀なクラス委員長の羽川翼は、もう、いなんです。

 

でもね、僕が注目したのはそこじゃない。誰が襲われて、どうなって、ヤバくて大変で……とか、どうでもいいんです。

勝手に入院しといてください! そんなことより見るべきものがあるっつーーーの!

見るべきもの、それは……、羽川のルックス、見た目です。

実は、彼女は巨乳なんです。ボインなんです。ボインちゃんなんです。

さらに、嬉しいことにメガネっ子なんです。

 

巨乳+メガネ=神!

 

おまけに彼女、猫の怪異に取り憑かれてるから、当然ネコミミ野郎になるわけで……

 

巨乳+メガネ+ネコミミ=女神!

 

とね、全くストーリーが頭に入ってこないのが『つばさキャット』です。

 

 

アニメ『化物語』ネタバレ感想|まとめ

アニメ『化物語』まとめ出典:2009年新作アニメ 化物語PV

西尾維新の大人気ライトノベルのアニメーション化。あの独特な世界観を持つ、ISSHIN NISHIO の小説を見事にアニメ化した意欲作。

ほんと、これはお見事としか言いようがない。

制作陣は見事な世界観を作り上げていて、僕はその世界にどっぷりハマっちゃってました。

 

アニメ『化物語』はストーリーは単純で分かりやすい分、登場人物たちの掛け合いに凝っていて、で、もちろん面白くって、さらに色んなアニメのパロディとかも入っていて、メタクソ濃い中身になっています。

製作者の遊び心がヒシヒシと伝わってきて、作ってる方も楽しんでやってるな! ってのが分かる、とっても良い作品だと思いました。

 

『化物語』は『物語シリーズ』つって、西尾維新さんの小説の中の一作品です。

なので、他にも『偽物語』とか『猫物語(黒)』とか『◯◯物語』ってのが他にもいっぱいあるから、そのへんも見てみたらいいと思います。 アニメにもなってますからね。

ちなみに僕は見ないけどね! 小説も読まねえよ! だって時間ねえもん! タイムイズマネーだよ!

 

では!

 

 

 

アニメ『化物語』はAmazon プライムビデオで!

今回ご紹介したアニメ『化物語』はAmazon プライムビデオで見ることができます。

amazon プライムビデオ

Amazon プライムビデオは、20000タイトルを超える映画やドラマやアニメなどが見放題のサービスで、Amazon Primeに加入すれば利用することができます。

Amazon Primeは年会費3900円(月額にすると325円!)で加入可能で、下記のような特典があります。

  • Amazonで買い物をした時、お急ぎ便やお届け日指定が使えたり、送料が無料になる
  • Kindle(電子書籍の端末)やFireタブレットが4000円引きで購入できる
  • 音楽聴き放題サービス、プライムミュージックが使える

Amazonでお買い物をよくする人や、週末に映画を見たり音楽を聞いて過ごすような人にはマストなサービスではないでしょうか。

現在Amazon プライムビデオは、30日間の無料体験も実施しています。この機会に一度お試し下さい。

 

AB夫
無料トライアルは、いつでも簡単にキャンセルできるから安心です!