動画アニメ『文豪ストレイドッグス』ネタバレ感想|魅力的な大人気イケメンキャラが勢揃い!

動画アニメ『文豪ストレイドッグス』ネタバレ感想

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、アニメ『文豪ストレイドッグス』です。

アニメ『文豪ストレイドッグス』ネタバレ感想

 

『文豪ストレイドッグス』は原作:朝霧カフカ、作画:春河35による漫画で、『ヤングエース』2013年1月号から連載が開始され、現在も連載中です。

 

アニメ『文豪ストレイドッグス』の見どころは何と言っても、『文豪の名を冠したイケメンキャラクター達』と、『バラエティー豊かな異能力バトル』。

イケメンキャラ達がわさわさ出てくるあたりは女子がキャーキャー言いそうな設定ですよね。

女子はイケメンに目がないですから。ブサイクには目が行かないですから…見えてませんから…存在してないことになってます。

 

異能力を使ったバトルシーンなんかは男子の食いつきが良いでしょう。

バトルものに加えて『異能力を使う』ってところが男子のハートをガッチリキャッチ! 鷲掴み!

能力者に憧れるのは男子が一度は通る道、通過儀礼みたいなもんです。これは仕方がない。文ストやるな。

 

ということで、人気の理由とか秘密とか感想とかレビューとか、いろいろ書いていきます!

 

アニメ『文豪ストレイドッグス』を彩る個性豊かなキャラクター

アニメ『文豪ストレイドッグス出典:TVアニメ「文豪ストレイドッグス」PV

『文豪ストレイドッグス』の魅力は個性豊かなキャラクターたち。ということで、ここでは主な登場人物たちをご紹介したいと思います。

……と、その前に、『武装探偵社』と『ポートマフィア』この2つの用語だけ説明させてください。

『武装探偵社』
警察や軍にも頼れないような危険な依頼を受け付ける探偵集団。社長は福沢諭吉。社員のほとんどが異能力者で構成されている。
『ポートマフィア』
ヨコハマの港を縄張りとしているマフィア。首領は森鴎外。傘下の団体は数十を超える。

この2つはよく出てくるので、しっかり覚えといてくださいね。

では、あらためてアニメ『文豪ストレイドッグス』の登場人物たちをご紹介します!

 

中島敦(声:上村祐翔)

中島敦(声:上村祐翔)出典:TVアニメ「文豪ストレイドッグス」PV

幼い頃から暮らしていた孤児院が、人食い虎に襲われて経営が苦しくなり、強制的に院を追い出される。

その後、餓死寸前の状態の時に太宰に拾われ、そのまま武装探偵社に入社。太宰に看破されるまで自身が人食い虎だとは気付かなかった。

気弱な性格だが、困っている人を放っておけない優しい面もあり、時には自らを犠牲にして他者を守ろうとする。

 

能力名:月下獣(げっかじゅう)

大きな白虎に変身する能力。変身すると動きが俊敏になり、その体は銃弾も弾き返すほど頑強になる。

白虎の爪には敵の異能を切り裂く能力がある。

敦は全身が白虎化すると自分で制御できなくなる。そこで、武装探偵社に入社後、福沢の異能(人上人不造)によって体の一部分だけを変身させることができるようにしてもらった。

能力名は短編小説『山月記』から。

 

 

太宰治(声:宮野真守)

太宰治(声:宮野真守)出典:TVアニメ「文豪ストレイドッグス」PV

自殺マニアで、たびたび自殺しようと試みるが失敗に終わる。希望は美女との心中。

腕や首など体中に巻いた包帯がトレードマーク。国木田には「包帯無駄遣い装置」と呼ばれている。

太宰の過去は謎が多く、武装探偵社の前職は「探偵社の七不思議」と言われており、最初に当てた人が70万円の懸賞金を貰えることになっている。

 

能力名:人間失格(にんげんしっかく)

直接触れた異能を無効化する能力。使用者に触れても能力を無効化できる。太宰が「私の無効化に例外はない」と言っていることから、太宰には異能力による攻撃が効かないと推測される。

能力名は中編小説『人間失格』から。

 

 

国木田独歩(声:細谷佳正)

国木田独歩(声:細谷佳正)出典:TVアニメ「文豪ストレイドッグス」PV

太宰の同僚・相棒。

探偵社のまとめ役のような存在で、社長の福沢が表に出てこない時は、他の社員に指示を出している。

真面目で杓子定規な性格。理想主義者で現実主義者。スケジュール通りに事が進まないことを嫌う。

前職は数学教師で外見はインテリっぽく見えるが、社内ではかなりの武闘派で通っている。

 

能力名:独歩吟客(どっぽぎんかく)

手帳のページを消費する代わりに、書いたものを具現化する能力。

具現化できるものは手帳より小さいもの、かつ国木田が見て覚えているものに限られる。

手帳に文字を書くのに時間がかかる、手帳を奪われると異能が使えないなどの弱点がある。

能力名は国木田のペンネームの一つから。

 

 

江戸川乱歩(声:神谷浩史)

江戸川乱歩(声:神谷浩史)出典:TVアニメ「文豪ストレイドッグス」PV

童顔だが探偵社の中では年長者にあたる。

高い推理能力を持っている反面、一般常識が欠如しており、一人で電車に乗りことすらできない。それゆえ、事件現場に向かう時は他の社員に同行してもらっている。

その鋭い観察眼から警察から事件解決の依頼も多く、武闘派が揃う探偵社において、自分の能力が唯一『武装探偵社』を探偵たらしめていると豪語している。

 

能力名:超推理(ちょうすいり)

事件現場や事件のわずかな情報だけで謎を解決する能力。この力を乱歩は異能力だと言っているが、本当は乱歩の頭脳と観察力がずば抜けているだけで異能力ではない。

能力名は著作物とは関係なし。

 

 

谷崎潤一郎(声:豊永利行)

谷崎潤一郎(声:豊永利行)出典:TVアニメ「文豪ストレイドッグス」PV

ヘタレな性格で、探偵社では張り込みや聞き込みなど手代のような役割をこなす。

常に行動を共にする妹のナオミから異常なスキンシップを受けており、探偵社内では本当の兄妹かと疑われている。

基本的に温和な性格だが、妹のナオミが怪我を負ったり危険な目に遭うと我を忘れて怒り狂う。

 

能力名:細雪(ささめゆき)

異能によって雪を降らせ、その空間内をスクリーンのようにして幻影を投影したり、風景や自分自身に背景を上書きなどもすることができる。

直接的な攻撃力は低いが、その幻像を見破ることは難しく、「恐ろしく暗殺に向いている」と言われる。

能力名は長編小説『細雪』から。

 

 

宮沢賢治(声:花倉洸幸)

宮沢賢治(声:花倉洸幸出典:TVアニメ「文豪ストレイドッグス」PV

電気も電話もないような田舎出身。

人を疑うことをせず、「動物でも人でも素直に心を込めて気持ちを話せば思いは通じ合う」という信条を持っている。

純粋な性格から町の人々とは仲がよくて人脈が広い。そこから情報収集を行っている。

国木田からは「賢治の事件解決方法は独特過ぎて参考にならない」と言われている。

 

能力名:雨ニモマケズ(あめニモマケズ)

鉄パイプで殴られたり、銃で撃たれても平気なほど体が頑強になったり、自動車を片手で放り投げれるほどの怪力を発揮する能力。

ただし異能力の発動が空腹時に限られている。

能力名は宮沢賢治による詩から。

 

 

与謝野晶子(声:嶋村侑)

与謝野晶子(声:嶋村侑)出典:TVアニメ「文豪ストレイドッグス」PV

武装探偵社の専属医。

ボブカットに蝶の髪飾りが特徴のハイカラな外見をしている。

女性を軽んじられることが大嫌いで、彼女の前で男尊女卑を感じさせることがあれば、恐ろしいほどの罵詈雑言を浴びせかけられることになる。

 

能力名:君死給勿(きみしにたまふことなかれ)

あらゆる傷を治癒する能力。ただし瀕死の重症患者しか直せないらしく、軽度の怪我の場合、鉈などで解体して瀕死の状態にしなくてはならない。そのため探偵社内からは恐れられている。

能力名は与謝野晶子による詩から。