【キャロル&チューズデイ】第4話 感想|ミュージックビデオ詐欺ってなんだよ!

【キャロル&チューズデイ】第4話 感想|ミュージックビデオ詐欺ってなんだよ!

アニメ『キャロル&チューズデイ』第4話です。

 

 

アニメ『キャロル&チューズデイ』第4話|あらすじ・感想

シーン01

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

キャロル、チューズデイ、ガス、ロディは第二回売出し作戦会議を開いていた。

前回のDJフィーチャリング作戦の失敗をうけ、今回はミュージックビデオを作る事になった。

それをネットでバズらせる作戦だ。

 

シーン02

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

問題は誰が撮影するのかということ。

するとロディがネットでディレクターAI “IDEA” を見つける。

これひとつで撮影から編集まで全てやってくれるそうだ。

 

シーン03

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

AIの届け先に指定したキャロルのアパートにやって来たガストロディ。

ロディは女の子の部屋に緊張して、ドキドキしていた。

「おまえ女の子の部屋に入るの初めてってやつか?」

ガスがロディをからかう。

 

シーン04

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

しばらくすると注文した荷物が届く。

箱から出てきたロボットは “IDEA” と自己紹介する。

IDEA は、みんなのお好みどおりの映像作品を作れると言う。

 

シーン05

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

「どのような作品をご希望でしょうか?」

聞かれたキャロルたちは、各々好き勝手に希望を言っていく。

 

 

 

シーン06

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

「ゾンビが襲ってきて、最後は一緒に踊ったりするやつ!」

 

シーン07

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

「私は素敵なボディーガードに守られる歌姫みたいな……」

 

シーン08

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

「ロボを出したい」

 

シーン09

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

「スーパーヒーローが5、6人集まって、地球の危機を救ったりだなあ……」

 

シーン10

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

聞いたIDEAは「出来ます」と言って、用意するものリストを渡す。

そこにはダンサー120人、グッドルッキングガイ、オープンカー、巨大ロボットなどなど、色んな物が書かれていた。

 

シーン11

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

リストに書いてある「缶ビール」にガスは疑問を持った。

それはIDEAのためのもので、バイオ燃料が必要なのだと言う。

「発泡酒じゃなくて、ビールでお願いします!」

IDEAは腕を回しながら言った。

 

シーン12

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

こんなに集められるか不安がるキャロルとチューズデイに、ガスは何とかすると言う。

「お前らはミュージックビデオに使えるノリのいい曲を作っとけ」

そう言ってガスは手配に出かけた。

 

シーン13

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

バーでガスがコーラを飲んで待っていると、女性がやって来た。

彼女はガスの元奥さん、マリー。

「で、今日は何? もう一度、仕事を始めようかなって?」

聞かれたガスは、キャロルとチューズデイのことを話す。

 

シーン14

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

「新人を見つけた。ほんの小娘二人で、まだまだなっちゃいねえが見どころがある」

ガスは二人の才能を大切にしてやりたいと話す。

そしてマリーに、ヘアーメイクの仕事を頼んだ。

 

 

 

シーン15

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

IDEAはソファに寝転んでビールを飲みながら、テレビを見ていた。

「何してるの?」

聞かれたIDEAは、アニメのシーンを学習するために仕方なく見ていると言う。

決して遊んでいるわけではないのだと。

 

シーン16

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

キャロルの部屋にガスがやって来て、マリーのところに打ち合わせに行くように告げる。

マリーがガスの元女房だと分かると、キャロルとチューズデイは信じられないと言って驚いた。

リストにあったダンサー、アニメーター、ロボは何とか用意することができそうだ。

最後のオープンカーをどうするか考えていると、ロディがふいに閃いた。

 

シーン17

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

ロディはアーティガンにオープンカーを借りに来ていた。

「まさか、こないだ来たあいつらのためじゃないだろうな?」

聞かれたロディがごまかすと、アーティガンは車のキーを投げて渡した。

 

シーン18

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

ガスに言われた場所に来たキャロルとチューズデイ。

そこにマリーがやって来た。

「最高のミュージックビデオにしましょう!」

二人は色んな衣装とメイクを試していく。

 

シーン19

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

ミュージックビデオの準備を進めるみんな。

ロディはダンスの練習をしたり、ダンボールでギターとキーボードを作る。

ガスは背景のパネルを何枚を描いた。

 

シーン20

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

いよいよ撮影が始まった。

IDEAに演技指導されるキャロルとチューズデイ。

ロディはダンスを120人分踊らされた。

 

シーン21

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

ガスに追いかけられて逃げるキャロルとチューズデイ。

追いかけるガスは、ゾンビという設定だ。

 

シーン22

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

休憩中、キャロルはマリーにガスとのことを聞く。

「何でガスと結婚したんですか?」

マリーは昔のガスの写真を見せる。

そこに写っているガスは痩せていて、スマートだった。

 

シーン23

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

二人のミュージックビデオは、断崖絶壁で歌うシーン、ロボットのシーンを撮り終えてクランクアップとなった。

 

 

 

シーン24

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

夜、IDEAは、お風呂に入ってビールを飲んでいた。

「簡単に騙されちゃって、ホント馬鹿な奴らだぜ」

それを聞いていたジギーを捕まえて振り回し、IDEAは高らかに笑った。

 

シーン25

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

バーでガスとマリーが話していた。

「久しぶりに楽しかった、昔を思い出しちゃった」

マリーは撮影が終わったことを寂しく思った。

 

シーン26

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

マリーはガスとどうしてダメになったのか、ずっと考えていたと話す。

── 私が自分のことが分かってなかった

「私、再婚するの。とっても素敵な女性と」

 

シーン27

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

「やっと自分の事がわかった気がする」

そう言って、マリーは迎えに来た女性と共に帰っていく。

「今度は幸せになれよ」

マリーの背中にガスが言った。

 

シーン28

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

「ついにミュージックビデオが完成しました!」

ビデオの試写をするその場に、ロディの姿はなかった。

ロディは家で壊されたロボットの代わりを探していた。

その時、テレビのニュースで、IDEAがAI詐欺として取り上げられていた。

 

シーン29

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

「It’s showtime!」

そこに流された映像は酷い仕上がりだった。

見たキャロルとチューズデイ、ガスは開いた口が塞がらない。

そこにロディがやって来た。

 

シーン30

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

「そいつはAI詐欺師だ!」

IDEAは返品されることになった。

 

シーン31

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

こうしてキャロル&チューズデイのミュージックビデオは黒歴史としてお蔵入りとなり、第二回売出し作戦会議は失敗に終わったのだった。

 

シーン32

出典:©ボンズ・渡辺信一郎/キャロル&チューズデイ製作委員会

「ロディ!」

アーティガンに返されたオープンカーは見る影もなかった。

 

 

 

 

 

 

アニメ『キャロル&チューズデイ』について詳しく知るにはこちら!

 

公式サイトなど

 

第4話 おすすめ記事