【ドメスティックな彼女】第3話 感想|不倫確定の陽菜に夏生の葛藤はMAXです

アニメ『ドメスティックな彼女』あらすじ・声優・登場人物(キャラクター)など

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、アニメ『ドメスティックな彼女』第3話です。

 

第2話では、夏生は父の再婚で片想いの相手・陽菜と、初めての相手・瑠衣と家族になり、同じ家で暮らすことになりました。

夏生は酔った陽菜を介抱している時、キスをしようとしてしまいますが、それを瑠衣に見つかって焦ってしまって悪夢にうなされます。

同じ学校に転校してきた瑠衣と、なんだかんだで分かりあい、少しは仲良くなれた夏生なのでした。

そして、最後はお風呂でミアミスするというハプニング。

 

あーーーー、

 

絶対、来週も見ろよっていう、引っ張る終わり方ですよね、これ。おっぱいチラ見せしてズッチーなあ、もう。

 

録画しといていいですか。

 

さあ、アニメ『ドメスティックな彼女』第3話の始まりです。

 

アニメ『ドメスティックな彼女』第3話|あらすじ・感想

「いいから、出なくて」

 

陽菜が夏生にそう言った時、瑠衣が玄関にやってきた。
「どうしたの? なんで出ないの?」

 

「たっだいま~~!」
瑠衣がドアを開けると、帰ってきたのは両親だった。

 

「ごめんね……」
陽菜は何も言わずに部屋に戻って行った。

 

翌日、放課後。
フミヤのバイト先にやってきた夏生。

 

フミヤがバイトを上がると、カンターに座って相談が始まり、夏生は昨夜の事を説明する。
「俺が首つっこむのも変だし、なんかモヤモヤして……」

 

「要は嫉妬だよ。間近で男の気配を感じたことによる」
フミヤは毎日、そのモヤモヤと戦っているらしい。

 

例えば ──
「昨日、見せに来た不倫カップルの激カワOL」
「マスターに旦那のDV相談する美人若奥さん」

 

「全員別れて俺と付き合え!」
フミヤは日々そう思っているようだ。

 

フミヤが聞いた話とは、不倫OLが伏し目がちにこう切り出す……

 

「私たち……これからどうして行くんですか……?」

 

「妻とは分かれるつもりだよ。でも、すぐというわけには……」
夏生とフミヤは盛り上がる。

 

帰り道。
フミヤが昨日見た不倫OLを見つける。

 

夏生は戸惑う。
それは陽菜だった。

 

今までの事を思い出す夏生。
── 嫌なパズルが組み上がっていく……

 

家に帰ってきた夏生は、陽菜の部屋に行き切り出す。
「先生は不倫とかしてないですよね……?」

 

「何?急に……」
ごまかす陽菜に、夏生は友だちが陽菜のことを見たと告げる。

 

「妻とは分かれるつもりだよ」
「でもすぐというわけには……」

 

── それで?
「子どもが踏み込むべきじゃない大人の世界。夏生くんには関係ない」
陽菜は話を終わらせようとする。

 

頭に血が上った夏生は、陽菜を抱きしめキスをする。

 

夏生を突き放し頬にビンタする陽菜。
しかし、陽菜は謝る夏生にキスをして、ベッドに押し倒した。

 

ベッドに押し倒された夏生。
陽菜の手が夏生の髪に触れる。

 

「怖がっちゃってるじゃない」
まだ子どもだよ──
そう言って陽菜は、部屋から出るように夏生を促す。

 

黙って部屋から出ていく夏生。
陽菜はドアの前に座り込み自己嫌悪に襲われる。
「何してんだろ、あたし……」

 

次の朝。
大きな声を上げて夏生の父がリビングに現れる。
「ベッドにこんな書き置きが……!」

 

それには夏生がしばらく家をあけると書いてあった。
陽菜は自分の責任では、と考える。

 

フミヤがバイトを終えて家に帰ると、そこには朝と同じ格好で寝ている夏生がいた。

 

学校もしばらく休むという夏生。
落ち込む夏生にフミオは言う、「この時間を無駄にせず、小説を書け!」と。

 

フミオの部屋で小説を書いていた夏生は、気分転換に窓の外を見る。
すると、そこに瑠衣の姿があった。

 

何かを探しているような瑠衣。
しばらく見ていると、瑠衣は夏生に気づき近づいてくる。
「そこ、友達の家?」

 

「うん」と答える夏生に瑠衣は続ける──
「あたしもそこ、泊めてくれないかな」

 

マンションの下で夏生と瑠衣が話していると、フミオの母が帰ってきた。
「こんなとこで立ち話も……」
瑠衣もフミオの部屋に上がることに。

 

瑠衣の靴下はぐっりょりと水に濡れていた。
「……そんなになるまで」
夏生は瑠衣が必死で自分を探していた様子を思い浮かべた。

 

フミオが帰ってくると、部屋で夏生と瑠衣が待っていた。
「なんか増えてんすけど……」

 

フミオに事情を説明した瑠衣は、フミオの家に泊まることに。
既にお風呂上がりで、可愛いパジャマを着ていた。

 

「アタシなりのボイコットなの」
どうやら瑠衣は前から陽菜の不倫を知っていたらしい。

 

陽菜を心配した瑠衣は、不倫のことを責めた。しかし──
「好きな人に抱きしめられたことある? 瑠衣には分からないよ……」
そう言われ、何も言い返せなかった。

 

「夏生はどうしたい?」
フミオの問いに夏生は答える。
「先生を別れさせたい……!」

 

瑠衣と夏生の答えが一致した。
そこでフミオは、作戦会議を始めようと提案する。

 

夜。
夏生と瑠衣が家に戻ると、電気が消えたダイニングに父と母が座っていた。

 

二人に気づいた両親は喜ぶ。
「悩んでいることがあるなら相談しなさい、頼むから……」
父に言われ夏生は反省する。

 

二階から陽菜が降りてくる。
「ごめんね、ごめんなさい……」
陽菜は泣いて謝った。

 

翌朝、階段で挨拶をかわす夏生と陽菜。
しかし夏生は目を合わせない。

 

ダイニングで瑠衣の隣に座る夏生。
二人は確認する──

 

「今日の夜、予定通り作戦決行な」

 

 

 

アニメ『ドメスティックな彼女』について詳しく知るにはこちら!

【ドメスティックな彼女】あらすじやキャラクター(声優)、放送スケジュールなどをご紹介します!

2018.12.04

【ドメスティックな彼女】第1話 感想|夏樹と瑠衣と陽菜の羨ましい三角関係

2019.01.12

【ドメスティックな彼女】第2話 感想|義理の妹と一緒にお風呂に入るうらやま男

2019.01.19

【ドメスティックな彼女】第4話 感想|許すまじ!不倫相手と直接対決だ!

2019.01.19

【ドメスティックな彼女】第5話 感想|エッチなモモは寂しいだけなんだ!

2019.01.20

 

コミックス情報

ドメスティックな彼女【第1巻】ドメスティックな彼女【第1巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第2巻】ドメスティックな彼女【第2巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第3巻】ドメスティックな彼女【第3巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第4巻】ドメスティックな彼女【第4巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第5巻】ドメスティックな彼女【第5巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第6巻】ドメスティックな彼女【第6巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第7巻】ドメスティックな彼女【第7巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第8巻】ドメスティックな彼女【第8巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第9巻】ドメスティックな彼女【第9巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第10巻】ドメスティックな彼女【第10巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第11巻】ドメスティックな彼女【第11巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第12巻】ドメスティックな彼女【第12巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第13巻】ドメスティックな彼女【第13巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第14巻】ドメスティックな彼女【第14巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第15巻】ドメスティックな彼女【第15巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第16巻】ドメスティックな彼女【第16巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第17巻】ドメスティックな彼女【第17巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第18巻】ドメスティックな彼女【第18巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第19巻】ドメスティックな彼女【第19巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第20巻】ドメスティックな彼女【第20巻】

amazonで購入する

ドメスティックな彼女【第21巻】ドメスティックな彼女【第21巻】

amazonで購入する