【ドメスティックな彼女】5話 感想|エッチなモモは寂しいだけなんだ!

【ドメスティックな彼女】5話 感想|エッチなモモは寂しいだけなんだ!

【ドメスティックな彼女】5話です。

前回(4話)はこちら↓

【ドメスティックな彼女】4話 感想|許すまじ!不倫相手と直接対決だ!

2019.02.02

 

 

【ドメスティックな彼女】5話|あらすじ・感想

シーン01

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

朝の食卓で「野菜を食べる食べない」と言って喧嘩している瑠衣と陽菜。

そんな二人を見て夏生はホッとする。

「なんかいいな、何でもない会話を普通にできるって」

 

シーン02

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

学校に着いた瑠衣。

下駄箱でカバンに大量の人形を付けた女子、柏原ももに声をかけられる。

瑠衣はお近づきのしるしにと言って、もも手作りの人形をもらった。

AB夫
見るからに少しユルそうなモモ。彼女は豊満ボディの持ち主なのです。

 

シーン03

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

お昼休み。

一緒に食べようとやってきた友だちに、ももから貰った人形を捨てられた瑠衣。

あの子と関わらないほうがいい ── その理由はももの男関係は派手だから。

 

シーン04

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

しかし、瑠衣はゴミ箱から人形を拾いだす。

「もしそれが本当でも、付き合わないほうがいいかそうでないかは私が決める」

AB夫
雑魚キャラの雑音に揺さぶられない瑠衣の強さが欲しい。

 

シーン05

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

放課後、瑠衣は下駄箱でももに声をかけられ瑠衣の顔型の人形を貰う。

そして、一緒に帰ることに。

 

シーン06

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

アイスを買って休憩している二人。

瑠衣はももに気になっていたことを聞く。

「モモはさあ、恋愛経験豊富なの?」

 

シーン07

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

「人数だけで言ったら30人くらいかなあ」

でも、付き合っていくうちに上手くいかなくなる。

── 暴力をふるわれたりお金を盗まれたり

モモはダメ男製造マシンだった。

 

シーン08

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

「こんなだから友だちがいなくて」

── もしよかったら仲良くしてくれると嬉しいな

その日から瑠衣はモモと一緒にいることが多くなる。

AB夫
モモになつかれる瑠衣もダメ人間製造機なんじゃないかとか思ったりして。

 

シーン09

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

ある日の放課後。

瑠衣とモモが一緒に帰ろうとしているところに夏生がやってくる。

「本屋よるけど」「うちらも行くの、一緒に行く?」

瑠衣たちは三人で本屋に入る。

 

シーン10

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

「難しそうな本読むんだね」

モモが感心すると、興味があったら文庫貸すよ、と夏生は言う。

AB夫
本を読まない人はどんな本でも難しいとか言っちゃう傾向がある。ただの小説でもスゲーとか言われそう。

 

シーン11

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

本屋を出て歩道を歩く三人。

そこに後ろから自転車がやってきた。

「危ない!」

夏生がモモを引き寄せる。

 

シーン12

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

「夏生くん優しいね」

こんくらいはするでしょ、と謙遜する夏生をモモはじっと見つめる。

AB夫
女子が男子に惚れる瞬間テンプレみたいな展開だな。これ誰でもできますけど。

 

シーン13

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生と別れた瑠衣とモモはクレープ屋に行くことに。

その時、モモが瑠以に聞く。

「あたし夏生くんのこと好きになってもいい?」

 

シーン14

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

── 何でそんなこと聞くの?

「だって、ルイルイのお友達だし、ルイルイの好きな人ならいけないと思って」

AB夫
モモは基本的な表情をエロく仕上げてきてるね。瑠衣や陽菜と違ってベタなエロ担当ですね。

 

シーン15

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

別に関係ないと答えた瑠衣。

するとももは「夏生くんと付き合えるように応援してね」と言って笑顔を浮かべた。

 

 

 

シーン16

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

翌日。

熱っぽい瑠衣は学校を早引けすることに。

その時、夏生に会うが、何も言わずに帰ってしまう。

AB夫
熱を出してうつろな表情の瑠衣ちゃんも良いですね。半開きの口元がセクシー。

 

シーン17

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

大丈夫かな……と夏生が瑠衣を心配して歩いていると、モモに腕を掴まれ紙を渡される。

「あたしのLINEのID」

── 暇な時とかあったら連絡欲しいなと思って

それだけ言うとモモは走り去ってしまった。

 

シーン18

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

熱にうなされて目が冷めた瑠衣。

ベッドのそばでは夏生が看病してくれていた。

 

シーン19

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

「モモに誘われなかった?」と瑠衣が聞く。

「LINEに返事くれってID渡されたけど、俺LINEやってないし」

── お前がこんななのに遊びに行けないだろ

 

シーン20

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

汗をかいた瑠衣は体を拭いて着替えたいと言う。

そして、おもむろに服を脱ぎだした。

「背中の方をお願い」

夏生は瑠衣の背中を拭きながら、あの日のことを思い出してしまう。

 

シーン21

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

「あんた好きな人っているの?」

── モモがあんたのこと好きになったらしいんだけど

瑠衣は続ける。

「応援してって言われたけど、あんたとモモが付き合うこと考えると何かモヤッとして……」

 

シーン22

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生は瑠衣の具合が良くならないので、熱を測ると39.8度もある。

母親に電話して説明すると、冷蔵庫にある座薬を入れるように言われる。

 

シーン23

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

みんな仕事で帰って来れないので、夏生が座薬の解熱剤を投与することに。

── やるしかないのか?

夏生は瑠衣のパンツをずらし、何とか座薬を入れることができた。

AB夫
ありがとうございまーす! 座薬一丁はいりまーす!

 

シーン24

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

翌日。

モモと会った夏生は、昨日LINEを返せなかった理由を話す。

── じゃあ……

ももはこっそりと何かを告げる。

 

シーン25

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

お昼休み。

モモは夏生の分のお弁当も作ってきていた。

「みんなにこういうことすんの?」

夏をが聞くと「好きな人だけ」と隠さず答える。

AB夫
勝手にお弁当を作ってくる女子には注意しろって、おじいちゃんの遺言に書いてあったんだよなあ。

 

シーン26

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

「精一杯やんないと後悔しそうじゃん」

── ちゃんと伝えないと、ちゃんと諦めつかないし

その言葉に夏生は考えさせられた。

 

シーン27

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生の元気がないことに気づくモモ。

「あたしで良かったら話して?」

その言葉に甘えた夏生は、陽菜とのことを話し始める。

 

シーン28

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

── 自分が情けなくて

「欲しくてたまらないものがあるのに、ちゃんと伝えることも諦めることもできない」

 

シーン29

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生の話を聞いたモモは、手を握ってキスをする。

「夏生くんの悲しい顔見てたら、したくなっちゃった」

── 今日、ウチに来る?

AB夫
ここ学校ですよね? 今の高校生は所構わずチュッチュチュッチュしてんのか?

 

シーン30

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

モモの家にやってきた夏生。

二人はベッドに座ってキスをする。

 

 

 

シーン31

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

ベッドに横になった夏生はモモに上からキスされる。

── これでいい、もう引導は渡されたんだ

夏生は陽菜のことを忘れようとしていた。

 

シーン32

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

その時、夏生の携帯が鳴る。

それは瑠衣からのメールだった。

── 夕飯に食べたいものとかある?

 

シーン33

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

「いいなあ、みんなでご飯食べるんだ?」

モモはほとんど毎日、一人で食事していた。

 

シーン34

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

── そんなこといいから続きしよ

モモに促され夏生はモモのシャツを脱がす。

その時、モモの手首に傷を見つける。

 

シーン35

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生に見られたと気づいたモモは、とっさに隠し言い訳をする。

「ちょっと、そういう時があっただけで、今は大丈夫だから」

AB夫
で、デカイ! 巨乳は頭がユルイ子が多いとか言ってるのは誰だ!

 

シーン36

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生はベッドを降りてシャツを着る。

そして、モモと一緒に買物に出かける。

 

シーン37

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

二人が買ってきたのは食料品。

「台所借りていい?」

夏生は料理を始める。

出来上がったのは焼きうどん。

 

シーン38

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

「やっぱり違うよね、人と食べると」

── 寂しい時は声かけてよ。また一緒に食べよう

 

シーン39

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生の優しい言葉を聞いてモモは泣き出してしまう。

「そんな言葉かけてもらったの初めてだったから……」

 

シーン40

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

食事を終えたモモは嬉しそうに話す。

「じゃあ今日からあたしたち付き合 ──」

── わない

モモが言い終わる前に夏生がつなげる。

 

シーン41

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

「今は依存する相手作らないほうがいいかな」

そんな夏生の言葉に、モモも笑って応えた。

AB夫
ということで、夏生が良い人ぶってエッチしなかったところで第5話はおしまいです。次回は新たな陰キャが登場します!

 

 

 

【ドメスティックな彼女】について詳しく知るにはこちら!

【ドメスティックな彼女】第1話 感想|レッツスタート!おいしい関係!

2019.01.12

【ドメスティックな彼女】第2話 感想|これが本当の混浴かあ

2019.01.19

【ドメスティックな彼女】3話 感想|不倫確定の陽菜に夏生の葛藤はMAXです

2019.01.25

【ドメスティックな彼女】4話 感想|許すまじ!不倫相手と直接対決だ!

2019.02.02

【ドメスティックな彼女】6話 感想|文芸部、葦原美雨、いい感じで陰キャです

2019.02.09

【ドメスティックな彼女】7話 感想|見てはいけない陽菜の秘密

2019.02.23

【ドメスティックな彼女】8話 感想|マスターのふんどし祭り!

2019.03.02

【ドメスティックな彼女】9話 感想|禁断の愛が始まる

2019.03.09

【ドメスティックな彼女】10話 感想|ついに瑠衣バレしまーす!

2019.03.16

【ドメスティックな彼女】11話 感想|学校バレで THE END か!?

2019.03.23

【ドメスティックな彼女】第12話 感想|最終回、陽菜が去って瑠衣が残った

2019.03.30

 

公式サイトなど

 

『ドメスティックな彼女嫁』無料マンガはこちら