【ドメスティックな彼女】11話 感想|学校バレで THE END か!?

【ドメスティックな彼女】第11話 感想|学校バレで THE END か!?

アニメ『ドメスティックな彼女』11話です。

前回(10話)はこちら↓

【ドメスティックな彼女】10話 感想|ついに瑠衣バレしまーす!

2019.03.16

 

 

アニメ『ドメスティックな彼女』11話|あらすじ・感想

シーン01

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

家に帰ってきた夏生と瑠衣を迎えた母は、ずぶ濡れの二人を見て驚く。

「散歩してたら雨が降ってきて、雨宿りしてるところに夏生が迎えに来てくれた」

瑠衣は嘘ついてその場をやり過ごした。

 

シーン02

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生は思い出していた。

「俺、ずっと前から先生のことが好きだった」

── 将来は先生と一緒になりたいと思ってる

夏生が言うと瑠依は「最後だから」と言ってキスをした。

 

シーン03

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

翌朝、学校へ向かう途中、瑠依は夏生に告げる。

「私、あんたのこと嫌いになる」

── 嫌いになるのは自己防衛なんだ

瑠衣の寂しそうな背中を夏生は、見つめることしができなかった。

 

シーン04

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生が廊下を歩いていると陽菜に呼ばれて教室に入る。

瑠衣の事を心配する陽菜に、「俺のこと嫌いになるって」と今朝、言われたことを話す夏生。

「これで終わったりしないですよね」

陽菜の手を握り、夏生はそっと問いかける。

 

シーン05

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

部室に集まった文芸部員たち。

そこで桐谷から、皆で応募した賞の結果が発表される。

「今回受賞したのは橘瑠衣くんです」

夏生は複雑な気持ちになって目を伏せる。

 

 

 

シーン06

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生は桐谷の自宅に押しかけ「弟子にしてください」と頭を下げる。

しかし桐谷はそれを受け入れない。

「橘くんより君のほうが才能はあると思う」

── 作家になりたいという強い意志があるから

 

シーン07

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

── 君は今まで何本書いたんです? 結局は自分があがいて手を動かすしかない

「君は小説が書きたいんですか? それとも小説というステータスが欲しいんですか?」

 

シーン08

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

翌日から夏生は桐谷に借りた本を参考にしながら、黙々と小説を書き続けた。

── ジタバタしてみなさい、全てはそれからです

桐谷の言葉が思い出される。

 

シーン09

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生は桐谷に原稿を渡す。

これから毎週短編を書き上げるから見て欲しい、と言って。

「厳しいですよ僕の添削は」

桐谷は嬉しそうに微笑んだ。

 

シーン10

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生は飛行機に乗っていた。

修学旅行で沖縄にやって来た夏生たち。

「ちょっといい」

浜辺で遊ぶ陽菜の元に瑠衣がやって来た。

 

シーン11

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

久しぶりに話仕掛けてくれた瑠衣に、陽菜は嬉しくて泣いていしまう。

こんな状態は嫌だから夏生と別れると陽菜は言い出すが、瑠依はそれを止める。

「二人が別れても気持ちが変わらなければ同じじゃん」

そう言って二人は仲直りすることができた。

 

シーン12

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

陽菜が同僚と話していると夏生からメールが入る。

「今日どこかのタイミングで会えませんか?」

陽菜も話したいことがある、と返事を返した。

 

 

 

シーン13

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

花火が始まる頃、夏生は陽菜の部屋を訪れていた。

二人は同時に今の気持ちを伝える。

夏生は本気になってほしいと言い、陽菜は別れたほうがいいと告げる。

 

シーン14

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生は陽菜の言い分を全て却下し、土産物屋で買った指輪を渡す。

── 年齢や間柄を理由に俺のためにならないとか、勝手に決めないで下さい

「そんなの関係なく、一人の女の人として先生を好きになったんだから」

その時、花火が打ち上がる。

 

シーン15

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

「将来、俺と結婚して、陽菜」

陽菜は涙を流して喜ぶ。

そのまま二人はベッドに向かい、体を重ねる。

 

シーン16

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生は腕枕をしながら、陽菜がいつから自分を気にしだしたのか尋ねる。

「気持ちを自覚したのは瑠衣とのキスを見た時」

── でも思い返せば、屋上で話をしてたときから

 

シーン17

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

夏生は陽菜に柊への未練は無いのかと聞く。

「どうして?」と不思議がる陽菜に、夏生はあの見た一人エッチのことを話す。

「あの時は夏生くんに向かそうな気持ちを抑えるのに、必死だったんだもん!」

そう言って膨れる陽菜を、後ろから夏生は抱きしめる。

 

シーン18

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

学校に戻ってきた陽菜。

「主任がお話があるので会議室に来て欲しいですって」

同僚に言われ向かった陽菜は、一枚の写真を見せられる。

 

シーン19

出典:©流石景・講談社/ドメカノ製作委員会

そこには夏生とキスをする陽菜の姿が写っていた。

 

アニメ『ドメスティックな彼女』11話|まとめ

AB夫
陽菜との交際を瑠衣に認めさせ、修学旅行先でコトをいたすなど絶好調かと思われた矢先に学校バレかも!? になったところで11話はおしまいです。
次回はいよいよ最終回。夏生のモテモテ無双ぶりは最後まで続くのでしょうか、楽しみです!

 

 

 

アニメ『ドメスティックな彼女』について詳しく知るにはこちら!

【ドメスティックな彼女】第1話 感想|レッツスタート!おいしい関係!

2019.01.12

【ドメスティックな彼女】第2話 感想|これが本当の混浴かあ

2019.01.19

【ドメスティックな彼女】3話 感想|不倫確定の陽菜に夏生の葛藤はMAXです

2019.01.25

【ドメスティックな彼女】4話 感想|許すまじ!不倫相手と直接対決だ!

2019.02.02

【ドメスティックな彼女】5話 感想|エッチなモモは寂しいだけなんだ!

2019.02.09

【ドメスティックな彼女】6話 感想|文芸部、葦原美雨、いい感じで陰キャです

2019.02.09

【ドメスティックな彼女】7話 感想|見てはいけない陽菜の秘密

2019.02.23

【ドメスティックな彼女】8話 感想|マスターのふんどし祭り!

2019.03.02

【ドメスティックな彼女】9話 感想|禁断の愛が始まる

2019.03.09

【ドメスティックな彼女】10話 感想|ついに瑠衣バレしまーす!

2019.03.16

【ドメスティックな彼女】第12話 感想|最終回、陽菜が去って瑠衣が残った

2019.03.30

 

公式サイトなど

 

無料マンガはこちら