【どろろ】8話 感想|救え!さるのお姉ちゃん!

【どろろ】第8話 感想|レッツ!百足(むかで)退治!

アニメ『どろろ』8話「さるの巻」です。

前回(7話)はこちら↓

【どろろ】第7話 感想|恋する絡新婦(じょろうぐも)

2019.02.19

 

 

アニメ『どろろ』8話「さるの巻」|あらすじ・感想

シーン01

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

ある村。

大雨が降った後、空から灰の方なものが降ってきた。

一人の老人がそれを手に取ると、彼はそれがなんなのかに気づく。

「残され雲じゃ! 嫁をこしらえるんじゃ!」

その村を真っ黒な雲が覆い隠す。

 

シーン02

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

どろろと百鬼丸は温泉場を歩いていた。

どろろは硫黄の匂いを臭い臭いとぼやいている。

すると前から花嫁行列がやってきた。

それは本来めでたいはずだが、どろろが見た行列の表情は暗かった。

 

シーン03

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

すると行列に向かって矢を放つ少年が現れる。

どろろが止めると少年は事情を話す。

花嫁は少年の姉で化物の嫁になりに行くという。

「だから俺が止める」

少年はどろろの制止を聞こうともしない。

 

シーン04

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

どろろは化物と聞いて自分たちの出番だと話す。

少年が話すことによると、村の上にある黒い雲「残され雲」が人を食ってしまう。

それをやめてもらうために花嫁を差し出すようになった。

そして今回の花嫁が少年の姉だった。

 

シーン05

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

どろろは化け物退治を請け負う。

その代わりに報酬をくれ、と言ったら少年から光る石をもらった。

それは砂金、これで話はまとまった。

少年の名前は「猿」といった。

 

シーン06

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

猿の姉は祭壇の洋なものの上に座っていた。

二人の見張りがそれを見つめる。

見張りの後ろにどろろと猿がやって来て、頭を殴り気絶させる。

 

シーン07

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

姉に駆け寄り縄を解く猿。

姉は自らの意思で化物に食われる、と言うが猿はそれを止める。

そこにどろろと百鬼丸が現れ、化け物退治をしてやると告げる。

 

シーン08

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

義手を取り刀を一振りする百鬼丸。

気合の現れかとどろろは勘違いするが、実は化物がやって来たのだった。

 

 

 

シーン09

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

周りが黒い煙に覆われる。

二人の見張りが、見えない何かに空に連れ去られた。

二人が落ちてきた時、体は血まみれで息をしていなかった。

 

シーン10

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

「兄貴そこだ!」

どろろの声に反応しない百鬼丸。

百鬼丸の視界は一面炎に覆われて、化物の姿が見えなかった。

周囲に満ちる雲も化物の一部だったからだ。

 

シーン11

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

化物が猿に襲いかかろうとした時、姉が猿を突き飛ばし食われてしまう。

化物の正体は巨大な百足だった。

 

シーン12

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

百鬼丸は化物の位置がわからず首を振り続ける。

── ヤバイ!

その時、間欠泉からお湯が噴き出した。

化物はそれを嫌がり消えてしまった。

 

シーン13

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

猿の家に来たどろろ。

そこは岩場にできた洞窟のうような場所。

猿はそこに一人で住んでいた。

 

シーン14

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

姉は猿の本当の姉ではなかった。

猿の両親は病気で死んでしまった。

それから猿は山でイノシシを獲ったり、川で魚を獲ったりして暮らしていた。

しかし、猿の家を村人が焼き払い、猿は一人で逃げてきた。

 

シーン15

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

ある日、猿が足を怪我して座っているところに姉が通りかかる。

警戒する猿に姉は優しく声をかけ、治療してくれた。

 

シーン16

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

それから猿は姉の姿を追うようになる。

猿は姉を見ていると幸せな気分になれた。

姉は母親の生まれ変わりなんじゃないかと思うようにもなった。

 

シーン17

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

姉のかたきを討つ、と言って二人は化物退治を決意する。

しかし百鬼丸は、あの雲の中で満足に戦えないようだ。

その時どろろは化物が日光に弱いことに気づく。

それを聞いた猿は妙案を思い浮かべる。

 

シーン18

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

翌朝、どろろが花嫁の格好をして祭壇に座っていると、百足の化物が現れる。

「その百本足でおいらをつかまえてみろ!」

どろろは百足の攻撃をかわしながら逃げ回る。

 

シーン19

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

どろろは化物を誘導するように逃げ回り、穴の中に体を隠す。

「頼んだぞ、猿」

化物は花嫁衣装が置かれた場所にやって来て、花嫁を探し始める。

 

シーン20

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

「姉ちゃんの敵だ!」

猿が火の着いた矢を放つと、化物の周りは大爆発を起こす。

炎に焼かれ苦しむ化物だが、それでも化物は倒れない。

 

シーン21

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

しかし、二人の本当の狙いは陽の光。

爆発によって雲を蹴散らせ日光を差し込める。

 

 

 

シーン22

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

化物は体から雲を吐き出し日光を遮る。

「こんだけやってもダメなのか……」

猿とどろろが諦めかけた時、百鬼丸が化物に向かって矢を放つ。

 

シーン23

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

何本か矢を撃った後、百鬼丸は飛び込んでいき、化物の目を斬る。

百鬼丸は矢を化物に当て、その音で化物の位置を把握したのだった。

 

シーン24

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

化物の反撃にあい飛ばさるる百鬼丸。

どろろは縄を持って化物の頭に飛び乗った。

「兄貴、おいらの声がするところが化物の頭だ」

どろろは百鬼丸に化物の位置を教える。

 

シーン25

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

化物に振り回されて、どろろは気を失ってしまう。

声が聞こえない百鬼丸は、声にならない声でどろろの名を呼ぶ。

 

シーン26

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

化物が百鬼丸を食おうと噛み付いてくる。

それを受け止める百鬼丸の声にどろろは目を覚ます。

 

シーン27

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

「兄貴ここだ、おいらの横がこいつの目だ」

空を舞い、百鬼丸は化物の目に刀を突き刺した。

 

シーン28

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

雲の上に出た化物は体が崩壊し始める。

すると百鬼丸の後ろから、もう一つの頭が襲いかかる。

 

シーン29

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

百鬼丸は自ら化物の口の中に入っていく。

そして、化物の腹をかっさばき、真っ二つに切り裂いた。

 

シーン30

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

「やったー!」

どろろと百鬼丸は空から温泉へと落ちていく。

 

シーン31

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

大丈夫か、と言って駆け寄った猿は姉の姿を見つける。

姉を抱き寄せ声を掛けると、姉は意識を取り戻した。

 

シーン32

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

百鬼丸が苦しみだすと、鼻がお湯の中に落ちる。

今回取り戻したのは鼻だった。

温泉の匂いを嗅いだ百鬼丸は、思わず腕で鼻を押さえる。

 

シーン33

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

化物を退治してどろろが貰ったのは、一粒の砂金と花だった。

二人は村で一緒に暮らすらしい。

本当の兄妹のように世話を焼き、笑い合っている。

 

シーン34

出典:どろろ ©手塚プロダクション/ツインエンジン

「どろろ……」

百鬼丸は貰った花をどろろに手渡す。

── 今おいらのこと、どろろって……

初めて名前を呼ばれて喜んだどろろは、先を行く百鬼丸を追いかける。

 

アニメ『どろろ』8話「さるの巻」|まとめ

AB夫
巨大な百足の化物に支配されている村を救った百鬼丸たち。猿も家族ができて素晴らしいほどのハッピーエンドでしたね。
何となくこれが次から始まる不幸のフラグに思えて仕方ないのは僕だけでしょうか……。
次回はどろろの過去が語られるのですが、もう予告の段階から不幸がにじみ出ています。心して見るように!
次回が楽しみです!

 

 

 

 

 

アニメ『どろろ』について詳しく知るにはこちら!

【どろろ】第1話 感想|百鬼丸とどろろの出会い

2019.01.07

【どろろ】第2話 感想|対決!万代(化物=鬼神)

2019.01.15

【どろろ】第3話 感想|寿海は良い人、苦労人だもんね

2019.01.22

【どろろ】第4話 感想|妖刀・似蛭と田之介とお須志

2019.01.29

【どろろ】第5話 感想|ヒロイン未央(みお)登場、でも……

2019.02.05

【どろろ】第6話 感想|さようなら、みお

2019.02.12

【どろろ】第7話 感想|恋する絡新婦(じょろうぐも)

2019.02.19

【どろろ】9話 感想|火袋とお自夜、両親との思い出

2019.03.07

【どろろ】第10話 感想|多宝丸は良い人だなあ!

2019.03.11

【どろろ】第11話 感想|ついに!? 親子対決!? 実現!?

2019.03.19

【どろろ】第12話 感想|兄弟喧嘩の始まりです

2019.03.26

【どろろ】第13話 感想|おかか、悲しい人だったなあ…

2019.04.09

【どろろ】第14話 感想|鯖目の目が本気で怖い

2019.04.16

【どろろ】第15話 感想|「地獄変の巻」マイマイオンバはあっさりとね

2019.04.23

【どろろ】第16話 感想|サメに乗った少年しらぬい

2019.04.30

【どろろ】第17話 感想|おっかちゃんじゃないよ、おとっつぁんだよ!

2019.05.07

【どろろ】第18話 感想|死ぬときは良い人でいたかった

2019.05.14

 

公式サイトなど

TVアニメ「どろろ」公式サイト

最新ニュースや次回予告、先行カットなどを公開中。

 

TVアニメ「どろろ」公式 (@dororo_anime) ・ Twitter

イベント情報や出演者の裏話などを発信中です!

 

どろろ – Wikipedia

主に原作についての網羅的な情報が掲載中です。

 

舞台「どろろ」公式ホームページ

手塚治虫のダークファンタジーを舞台で再現する!

 

第8話 おすすめ記事