【フェアリーゴーン】第2話 感想|ウルフランは訳ありだよね

【フェアリーゴーン】第2話 感想|ウルフランは訳ありだよね

アニメ『フェアリーゴーン』第2話です。

前回(1話)はこちら↓

【フェアリーゴーン】第1話 感想|フリーとマーリアとヴェロニカと

2019.04.08

 

 

アニメ『フェアリーゴーン』第2話|あらすじ・感想

シーン01

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

妖精郷スーナ ──

「要するに、私はついてないんだと思う」

マーリアはまだ子供だった。

 

シーン02

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

統歴487年 レドラッド妖精兵研究施設 ──

「結局、俺はついてるんだろ」

フリーはレッドフッドを移植する手術を受けようとしていた。

 

シーン03

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

統歴497年 ファナチカ ──

マーリアは墓を掘っていた。

── 私は災の子と呼ばれた

「私と関わる人は、みんな不幸になる」

 

シーン04

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

統歴491年 レドラッド ディプレ統一戦争中 ──

フリーは妖精兵として戦っていた。

 

シーン05

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

フリーは敵のユアン・ブリーズにやられそうになった時、ジェット・グレイブによって命を救われる。

その戦いでジェットは亡くなってしまった。

 

シーン06

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

統歴505年 ロンダキア ドロテア宿舎 ──

マーリアはドロテアの一員になっていた。

 

シーン07

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

フリーはドロテア局長、兼、第一部隊隊長、ネイン・アウラーにマーリアについて報告していた。

「妖精原体が直接人間に取り付く、ありえんはずだ……」

── その件は私の胸に収めておく

ネインはフリーに、もう一度報告書を書き直すように命じる。

 

シーン08

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

旧ティムーン領 人工妖精工場 ──

フードの男は、違法な人工妖精を手に入れていた。

 

 

 

シーン09

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

マーリアとフリーは汽車に乗って、次の任務地へ向かっていた。

ドロテアにいれば、敵としてヴェロニカに会うことになる。

マーリアは、それでも構わないと思っていた。

 

シーン10

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

バイクに乗って移動するフリーとマーリア。

アーケイムが取り扱っている違法な人工妖精の取引を摘発するのが、次の任務だった。

人工妖精は兵隊の代わりに戦うもの。

「何に使うんだろ?」と聞くマーリアに、「まだ終わってないんだろ」とフリーは答える。

 

シーン11

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

旧レドラッド領 廃都ディプレー ──

フリーとマーリアが到着すると、先に来ていたセルジュ・トーヴァとクラーラ・キセナリアが出迎える。

 

シーン12

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

クラーラが妖精を通してあたりの様子を伺っていると、何者かが現れる。

数人の人間の中には妖精兵と思われる人物がいた。

その男はクラーラの妖精の方を見る。

「こっちを見てます……」

クラーラの報告にフリーは、まだ動かない。

 

シーン13

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

妖精兵が動きを見せる。

フリーがマーリアを伴って妖精兵を追う。

 

シーン14

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

妖精兵を追うマーリアは足跡を発見し追跡するが、ある場所で足跡が消える。

「もしかして止足?」

それは熊などが自分の足跡の上を戻って姿を隠す方法。

フリーたちは元来た方向へと戻る。

 

シーン15

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

「セルジュ!」

フリーは味方に声をかけ敵の存在を知らせる。

そして、妖精レッドフッドで攻撃を開始する。

 

シーン16

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

敵は妖精を出して反撃してきた。

「こいつは!」

その妖精はフィッチャー。

敵とは、ウルフラン・ロウだった。

 

シーン17

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

レッドフッドはウルフランを、フィッチャーはフリーを。

それぞれ妖精と人間が相対する。

 

シーン18

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

「美人の嫁さんは元気か? 娘もいたよな?」

フリーは揺さぶりをかける。

 

シーン19

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

「ギャンギャン泣くのは相変わらずか……」

ウルフランは動揺すること無く、レッドフッドに向かっていく。

 

 

 

シーン20

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

するとフィッチャーがマーリアに襲いかかる。

マーリアは妖精アッシュクラッドを出して応戦するが、左腕を斬られてしまう。

 

シーン21

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

アッシュクラッドは残った右手で、フィッチャーを掴み焼き付ける。

しかし、その右腕も斬られてしまった。

 

シーン22

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

「俺も忘れないでよ、先輩!」

マーリアのピンチをセルジュが、妖精ブリンツテイルの狙撃で援護する。

 

シーン23

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

フリーとマーリアはバイクに乗ってウルフランを追う。

ウルフランは人工妖精を出して迎撃する構えだ。

マーリアは妖精を出そうとするが、先程のダメージでそれもできない。

「銃で援護しろ」

フリーは一人で人工妖精に向かっていく。

 

シーン24

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

「距離620!」

クラーラの指示でセルジュのブリンツテイルが、人工妖精を狙撃する。

── あの人、軽いけど、凄いんだ

マーリアはセルジュを見直した。

 

シーン25

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

フリーが最後の一体を倒した時、ウルフランが現れる。

レッドフッドの雄叫びがウルフランを狙うも、輸送車に邪魔をされる。

怪我をした運転手が出てくると、ウルフランは銃を向ける。

「捕まっても口は割らん……」

「皆、そう言う」

── 悪いな

ウルフランは男を撃ち殺す。

 

シーン26

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

輸送車に乗って逃げるウルフランを、フリーはバイクで追跡する。

速さで優るフリーのバイクが輸送車の前に出ると、車は横転して止まった。

フリーが運転席に向かうと、運転手は銃で撃たれ、じきに死んでしまう。

それはウルフランの仕業だった。

 

シーン27

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

「あの野郎、足跡は残さないってか。相変わらず徹底してやがる」

── あの頃と変わってねえ

 

シーン28

出典:©2019 Five fairy scholars/フェアリーゴーン製作委員会

朽ちた二本の木に花が添えられている。

そこでウルフランは胸に手を当て、祈りを捧げる。

 

 

 

 

アニメ『フェアリーゴーン』について詳しく知るにはこちら!

【フェアリーゴーン】第1話 感想|フリーとマーリアとヴェロニカと

2019.04.08

 

『フェアリーゴーン』公式サイトなど

 

『フェアリーゴーン』無料動画はこちら

 

『フェアリーゴーン』第2話のおすすめ記事