【フルーツバスケット】第5話 感想|二人の王子が迎えに来たよ!

【フルーツバスケット】第5話 感想|さよなら透!おかえり透!

アニメ『フルーツバスケット』第5話です。

前回(4話)はこちら↓

【フルーツバスケット】第4話 感想|楽羅です!夾くん大好きです!

2019.04.27

 

 

アニメ『フルーツバスケット』第5話|あらすじ・感想

シーン01

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「改築が終わったんだそうです。外壁はまだだけど、とりあえず住めるようになったって」

透は親戚の家に引き取られたおじいさんから連絡を受けたことを話した。

── だから……この家を出ていく

その先が言えなかった。

 

シーン02

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

透は最後の食事の用意をしにキッチンに向かった。

そこで透は昔、母と二人で暮らしていた時のことを思い出した。

風を引いているのに無理をして食事の用意をしていた時、仕事から帰ってきた母が言ってくれた言葉。

「いいんだよ、たまにはめげたって、わがまま言ったって」

 

シーン03

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

透は家のことを紫呉に頼んで出ていった。

一応と言って、新しい住所も置いて。

 

シーン04

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

透が出ていくと決まってから、家の空気が重たく感じた。

由希と夾は口には出さないが、透が出ていくことに納得いっていない様子だった。

 

 

 

シーン05

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「勘違いしてまして、家族になんてなれるわけないのに」

透は子供の時のレクリエーションを思い出していた。

友達は果物の名前が付けられる。

でも、透に付けられたのは「おにぎり」。

 

シーン06

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

透はみんなが遊んでいるのを、ただ見ているだけだった。

おにぎりと呼ばれるのを待ち続けたが、呼ばれない。

── 昔から私は考えが足りないのです

「初めからおにぎりがフルーツバスケットに入れるはず、なかったですのに」

 

シーン07

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

透が家を出てから、由希と夾は思い出していた。

畑でいちごの話をした顔。

猫年になりたかったと言った顔。

みんなで食事をしたこと。

 

シーン08

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

新しい家で透は家族に呼ばれる。

家の長男の夢は警察官になることで、身内に前科がつくような人間がいると困ると母親は話す。

彼女は透のことを興信所で調べていた。

そして、由希の家にいたことを持ち出す。

 

シーン09

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「透ちゃんさあ、その家の男たちに、いかがわしい事とかされなかったあ?」

家の長男が言った時、おじいさんが頬を張る。

おじいさんは透に、我慢してここにいる必要はないと言う。

「もし他に行きたいところがあるのなら、行ってもいいんだよ」

 

シーン10

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

透はおじいさんの気持ちを嬉しく思った。

でも自分は恵まれている。

だから、そんなことをしたらバチが当たる……。

── それなのに

 

シーン11

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「いたかったです……。草摩くんと、夾くんと、紫呉さんがいる家に」

透はみんなを思い出して涙を流す。

その時 ──

 

シーン12

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「帰っておいでよ」

透の目の前に由希の姿があった。

 

 

 

シーン13

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

透が家を出ていった時 ──

イライラする夾は由希と口喧嘩していた。

呆れた由希は食卓に透のメモを見つけると、それを持って外に出ていった。

 

シーン15

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

すると夾が家の中で何かを探し出し始めた。

紫呉が何かを察する。

「透くんのメモなら由希くんが持っていったよ」

聞いた夾は急いで由希を追いかけていった。

 

シーン16

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

由希と夾は透の親戚の家を探すが見つからない。

「改築したてでピカピカなんだから、こんだけ探してのねえってのはかおかしいじゃねえか!」

それを聞いた由希は透が言って言葉を思い出す。

── 外壁はまだだけど、とりあえず住めるようになったって

 

シーン17

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

外壁工事をしている家を見つけ表札を確かめると「本田」と書いてあった。

二人は玄関をノックするが誰も出てくる気配がない。

すると家の中から声が聞こえる。

その内容に違和感を持った二人は、庭に回って中を伺う。

 

シーン18

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

酷いことを言われる透に我慢できない夾は、中に入って連れ出そうとする。

しかし由希が言う。

「大事なのは俺たちがどうしたいかじゃない、本田さんがどうしたいかだ」

そう言って、しばらく様子を伺う。

 

シーン19

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「帰りたい……草摩くんたちの家を出たことを、こんなに寂しいと思うなんて……」

── いたかった、草摩くんと夾くんと紫呉さんがいる家に、いたかったです

聞いた夾が部屋に飛び込もうとした時、由希がもう透のもとにいた。

 

シーン20

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「そうだね、帰っておいでよ」

透は驚いて言葉を失う。

 

シーン21

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「行くぞ!」

夾もいた。

そして透の手を引いて、部屋から出ていく。

 

シーン22

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「もしかして君が透ちゃんと同棲してた人?」

言われた由希は長男の頭を叩いて言う。

「気安く透ちゃん呼ばわりするな、ゲス……」

 

 

 

シーン23

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

帰り道、夾は透に言った。

「俺だって何でこんな事してんだか、分かんねえよ!」

夾は透がいなくなった途端、イライラしだしたと話す。

 

シーン24

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「わがまま言ってもいいんじゃねえの……?」

── たまには弱音吐いたって、わがまま言ったっていいんだよ

今日は遠くを見て言った。

 

シーン25

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「みんなのいるお家に帰りたいです……」

そう言う透の手を引いて、夾と由希は家へと急いだ。

 

シーン26

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「お姫様強奪成功おめでとう!」

家に帰ると紫呉が迎えてくれた。

後のことは任せなさい、と紫呉は言う。

 

シーン27

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「あんなに取り乱してる由希くんは初めて見ましたよ」

言われた由希は顔を赤くして否定する。

「未練タラタラの顔してたくせによ」

夾が言うと、「それはお前だ」と由希が夾を殴る。

そのまま二人は喧嘩を始めた。

 

シーン28

出典:©高屋奈月・白泉社/フルーツバスケット製作委員会

「こんな家だけど、よろしくね透くん」

「はい!」

透は嬉しそうに返事をした。

 

 

 

 

 

 

アニメ『フルーツバスケット』について詳しく知るにはこちら!

【フルーツバスケット】第1話 感想|十二支の物語とは古風だね

2019.04.06

【フルーツバスケット】第2話 感想|夾と透が恋の本線なのか

2019.04.13

【フルーツバスケット】第3話 感想|由希くんも悩んでんだよ!

2019.04.19

【フルーツバスケット】第4話 感想|楽羅です!夾くん大好きです!

2019.04.27

【フルーツバスケット】第6話 感想|咲!草摩の電波はなかなかだろう!

2019.05.11

 

公式サイトなど

 

第5話 おすすめ記事