【ゴブリンスレイヤー】第2話 感想|復讐する!ゴブリンを全滅させるまでは!

動画アニメ『ゴブリンスレイヤー』第2話ネタバレ感想

\『ゴブリンスレイヤー』が無料!/

hulu
hulu

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、アニメ『ゴブリンスレイヤー』第2話「小鬼を殺す者」です。

アニメ『ゴブリンスレイヤー』第2話

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

 

第1話では、女神官さんを含む新米冒険家たちが脳天気にゴブリン退治に出かけたところ、逆にゴブリンに陵辱されてしまうという体たらく。

そこに現れたのは、いかつい鉄仮面野郎『ゴブリンスレイヤー』さん。

ゴブリンスレイヤーさんの容赦ない攻撃によってゴブリンは全滅し、新米女神官さんは無事に脱出することに成功します。

そして、彼女はその後もゴブリンスレイヤーさんと行動をともにすることになるのです。

 

あ、これって、

 

吊り橋効果ですかね?

 

恋……かな。

 

さあ、アニメ『ゴブリンスレイヤー』第2話の始まりです。

 

アニメ『ゴブリンスレイヤー』第2話|あらすじ

幼い牛飼娘は叔父の手伝いに街へ出ることを浮かれて話している。 かたや、その話を聞く少年は少し苛立っている様だ。 苛立ちをぶつけ始まった口喧嘩は、少年は姉に諫められてしまう。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

幼い牛飼娘は叔父の手伝いに街へ出ることを浮かれて話している。

かたや、その話を聞く少年は少し苛立っている様だ。

苛立ちをぶつけて始まった口喧嘩、最後は少年が姉に諫められてしまう。

 

町へ向かう馬車の中、ふてくされる牛飼娘に叔父は少年への理解を勧めた。 戻ったら、仲直りするといい――。 しかしその少年に、まだ仲直りの言葉は言えずにいる。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

町へ向かう馬車の中、ふてくされる牛飼娘に叔父は少年への理解を勧めた。

戻ったら、仲直りするといい――。

しかしその少年に、まだ仲直りの言葉は言えずにいる。

 

ゴブリンスレイヤーは牛飼娘の一家に居候になっている。 牛飼娘の朝の挨拶を尻目に、彼は小屋の周りに足跡がないか丹念に調査していた。 襲う場所を一度偵察に来る、というゴブリンの習性が有るためだ。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

ゴブリンスレイヤーは牛飼娘の一家に居候になっている。

牛飼娘の朝の挨拶を尻目に、彼は小屋の周りに足跡がないか丹念に調査していた。

襲う場所を一度偵察に来る、というゴブリンの習性が有るためだ。

 

叔父と牛飼娘、ゴブリンスレイヤーで朝食を囲む。 おもむろにゴブリンスレイヤーは今月分の収めとして金貨袋を差し出した。 日々ギルドに通う彼の身を案じてはいるものの、叔父はほどほどにと止めることはしない。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

叔父と牛飼娘、ゴブリンスレイヤーで朝食を囲む。

おもむろにゴブリンスレイヤーは今月分の収めとして金貨袋を差し出した。

日々ギルドに通う彼の身を案じてはいるものの、叔父はほどほどにと止めることはしない。

 

牛飼娘は配送に、ゴブリンスレイヤーはギルドに、道中を共にしていた。 最近ゴブリンの数が増え、仕事も多くなってきている状況を楽観的に仕事が増えるのは良いことと牛飼娘は言った。 しかしゴブリンスレイヤーは首を横に振る。 ゴブリンは居ない方がいい――。 しばしの沈黙の後、牛飼娘もそれを肯定した。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

牛飼娘は配送に、ゴブリンスレイヤーはギルドに、道中を共にしていた。

最近ゴブリンの数が増え、仕事も多くなってきている状況を楽観的に仕事が増えるのは良いことと牛飼娘は言った。

 

しかし、ゴブリンスレイヤーは首を横に振る。 ゴブリンは居ない方がいい――。 しばしの沈黙の後、牛飼娘もそれを肯定した。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

しかし、ゴブリンスレイヤーは首を横に振る。

ゴブリンは居ない方がいい――。

しばしの沈黙の後、牛飼娘もそれを肯定した。

 

その朝、ゴブリン退治の依頼がギルドに持ち込まれる。 受付嬢は村の者からの依頼を承諾し、不安な面持ちで村の者は帰っていった。 笑顔で村の者を帰したものの、報酬額は微々たる額。 それを聞いた同僚は「経験豊富な冒険者は当てにできないだろう」とぼやくが、受付嬢には心当たりがあるようだ。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

その朝、ゴブリン退治の依頼がギルドに持ち込まれる。

受付嬢は村の者からの依頼を承諾し、不安な面持ちで村の者は帰っていった。

 

笑顔で村の者を帰したものの、報酬額は微々たる額。 それを聞いた同僚は「経験豊富な冒険者は当てにできないだろう」とぼやくが、受付嬢には心当たりがあるようだ。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

笑顔で村の者を帰したものの、報酬額は微々たる額。

それを聞いた同僚は「経験豊富な冒険者は当てにできないだろう」とぼやくが、受付嬢には心当たりがあるようだ。

 

依頼の張り出しを待つ冒険者たちでギルドは朝から賑わっている。 槍使いは受付嬢を自分の冒険譚で口説こうとしているが、彼女は軽やかにそれをかわす。 挙句の果てにはスタミナポーションまで売りつけてしまうスゴ技の持ち主だ。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

依頼の張り出しを待つ冒険者たちでギルドは朝から賑わっている。

槍使いは受付嬢を自分の冒険譚で口説こうとしているが、彼女は軽やかにそれをかわす。

挙句の果てにはスタミナポーションまで売りつけてしまうスゴ技の持ち主だ。

 

受付嬢はゴブリンスレイヤーの姿を認め表情に輝きが灯った。 周りは彼の姿にどよめいている。 あるものは貧相な装備を、あるものは同じ等級としての蔑みを――。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

受付嬢はゴブリンスレイヤーの姿を認め表情に輝きが灯った。

周りは彼の姿にどよめいている。

あるものは貧相な装備を、あるものは同じ等級としての蔑みを――。

 

依頼の張り出しが始まり、ギルド内は熱気に包まれる。 が、一人ゴブリンスレイヤーはその群れから外れている。 ゴブリン退治は人気がないから、急ぐ必要がないそうだ。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

依頼の張り出しが始まり、ギルド内は熱気に包まれる。

が、一人ゴブリンスレイヤーはその群れから外れている。

ゴブリン退治は人気がないから、急ぐ必要がないそうだ。

 

そこへ女神官が現れた。 先日のゴブリン退治の手法について異議を唱える女神官に、ゴブリン退治のためなら手段をも厭わないゴブリンスレイヤー。 そんなやり取りを遠巻きに牛飼娘は眺めていた。 彼はゴブリンの習性を女神官に叩き込んでいたようだ。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

そこへ女神官が現れた。

先日のゴブリン退治の手法について異議を唱える女神官に、ゴブリン退治のためなら手段をも厭わないゴブリンスレイヤー。

 

そんなやり取りを遠巻きに牛飼娘は眺めていた。 彼はゴブリンの習性を女神官に叩き込んでいたようだ。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

そんなやり取りを遠巻きに牛飼娘は眺めていた。

彼はゴブリンの習性を女神官に叩き込んでいたようだ。

 

そうこうして依頼探しの人だかりも落ち着いてきたころ、ゴブリンスレイヤーは受付へと向かった。 ゴブリンだ、依頼はあるか――。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

そうこうして依頼探しの人だかりも落ち着いてきたころ、ゴブリンスレイヤーは受付へと向かった。

ゴブリンだ、依頼はあるか――。

 

受付嬢が言うには、ゴブリンの依頼は3件。 ゴブリンスレイヤーはそのうち北の山奥の山城を叩くつもりだ。 そして、他が受けた依頼も確認する。 川沿いの村の依頼を、新人が受けたという。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

受付嬢が言うには、ゴブリンの依頼は3件。

ゴブリンスレイヤーはそのうち北の山奥の山城を叩くつもりだ。

そして、他が受けた依頼も確認する。

川沿いの村の依頼を、新人が受けたという。

 

構成は悪くない。そう頷くゴブリンスレイヤーに反し、女神官は反論する。 4人の構成でも全滅の危機に瀕した。助けに行かなければ――。 しかし彼は女神官を突き放す。単独でも、彼は北の山城を目指すつもりらしい。 女神官も最後には折れて、彼と同行することになった。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

構成は悪くない。そう頷くゴブリンスレイヤーに反し、女神官は反論する。

4人の構成でも全滅の危機に瀕した。助けに行かなければ――。

 

しかし彼は女神官を突き放す。単独でも、彼は北の山城を目指すつもりらしい。 女神官も最後には折れて、彼と同行することになった。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

しかし彼は女神官を突き放す。単独でも、彼は北の山城を目指すつもりらしい。

女神官も最後には折れて、彼と同行することになった。

 

二人を見送る牛飼娘。 連日、帰らぬゴブリンスレイヤーを待ち、夜更けに月を眺める。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

二人を見送る牛飼娘。

連日、帰らぬゴブリンスレイヤーを待ち、夜更けに月を眺める。

 

一方、北の山城にたどり着いた一行。 通りすがりの冒険者はすでに全滅していた。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

一方、北の山城にたどり着いた一行。

通りすがりの冒険者はすでに全滅していた。

 

火矢を放ち次々にゴブリンたちを仕留めていくゴブリンスレイヤー。 回想とともに、彼は自らをこう語った。 つまり俺は、奴らにとってのゴブリンだ――。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

火矢を放ち次々にゴブリンたちを仕留めていくゴブリンスレイヤー。

回想とともに、彼は自らをこう語った。

つまり俺は、奴らにとってのゴブリンだ――。

 

一方、村で彼の帰りを待つ牛飼娘。 叔父にはあまり彼に関わるものじゃないと諫められてしまう。 幼馴染とは言え、いまのゴブリンスレイヤーはタガが外れてしまっている。 そんな叔父に、牛飼娘は「もう少し待ってみる」と呟いた。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

一方、村で彼の帰りを待つ牛飼娘。

叔父には、「あまり彼に関わるものじゃない」と諫められてしまう。

幼馴染とは言え、いまのゴブリンスレイヤーはタガが外れてしまっている。

そんな叔父に牛飼娘は、「もう少し待ってみる」と呟いた。

 

焼け落ちる山城。 火の手から逃れるゴブリンたちを閉じ込めるため、ゴブリンスレイヤーは女神官が新たに授かった奇跡を応用した。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

焼け落ちる山城。

火の手から逃れるゴブリンたちを閉じ込めるため、ゴブリンスレイヤーは女神官が新たに授かった奇跡を応用した。

 

女神官は予想外な奇跡の使い方に呆れている。 想像力は武器だ、それがない奴から死んでいく――。 燃えるゴブリンたちを眺め、ゴブリンスレイヤーは言い放った。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

女神官は予想外な奇跡の使い方に呆れている。

想像力は武器だ、それがない奴から死んでいく――。

燃えるゴブリンたちを眺め、ゴブリンスレイヤーは言い放った。

 

雨で消火の手間が省けた。 残りの手合いを処分していくゴブリンスレイヤーの脳裏に、受付嬢の言葉が蘇る。 やはり、銀等級らしく振舞うのは難しいな――。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

雨で消火の手間が省けた。

残りの手合いを処分していくゴブリンスレイヤーの脳裏に、受付嬢の言葉が蘇る。

やはり、銀等級らしく振舞うのは難しいな――。

 

翌朝、彼は帰ってきた。 牛飼娘は優しく彼を出迎える。 無骨な返事で、彼はそれに答えた。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

翌朝、彼は帰ってきた。

牛飼娘は優しく彼を出迎える。

無骨な返事で、彼はそれに答えた。

 

ゴブリンスレイヤーの噂は吟遊詩人の歌で各地に広まっていた。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

ゴブリンスレイヤーの噂は吟遊詩人の歌で各地に広まっていた。

 

ゴブリンスレイヤーの噂は吟遊詩人の歌で各地に広まっていた。 それを聞きつけたフードのエルフは吟遊詩人に彼の居所を教えてもらう。 オルク・ボルグ――。 ドワーフ、リザードマンを従えたエルフは彼を求めて西の辺境の街へと向かう。

引用:©蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤー製作委員会

それを聞きつけたフードのエルフは吟遊詩人に彼の居所を教えてもらう。

オルク・ボルグ――。

ドワーフ、リザードマンを従えたエルフは彼を求めて西の辺境の街へと向かう。

 

 

AB夫
huluでは『14日間無料トライアル』実施中!『ゴブリンスレイヤー』も無料で見放題!

\『ゴブリンスレイヤー』が無料!/

Hulu 無料トライアルはこちら

 

アニメ『ゴブリンスレイヤー』について詳しく知るにはこちら!

【ゴブリンスレイヤー】第1話 感想|神官、ゴブスレと出会う

2018.11.28

【ゴブリンスレイヤー】第3話 感想|ゴブスレさんがパーティーを組んだなら

2018.11.28

【ゴブリンスレイヤー】第4話 感想|さあ、パーティーでバトルしよう!

2018.11.29

【ゴブリンスレイヤー】第5話 感想|女子にモテまくるゴブスレさん

2018.11.29