【HERO MASK】第2話 感想|マスクの男、グリムの執念

動画アニメ『HERO MASK』第2話 ネタバレ感想|マスクの男、グリムの執念

\今なら月額1880円が無料!/

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、アニメ『HERO MASK』第2話です。

アニメ『HERO MASK』第2話

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

 

第1話では、謎のマスクに関わったことによってモニカが殺害され、そのモニカと懇意にしていたジェームズとサラが事件に巻き込まれていきました。

主人公のジェームズは向こう見ずで、無鉄砲で、周りに迷惑かけまくりなんだけど、仕事ができて、人からも好かれて、気さくでいいやつで。

そんなジェームズがモニカの死を悼む姿は、グッとくるものがありました。

 

ああ……、ジェームズったら、高身長で、ちょっとワイルドで、男前で、はにかみ屋さんで、いい声してて、あいつ、

 

パーフェクト超人やんけ!

 

ジェームズにジェラシー感じます。

 

さあ、アニメ『HERO MASK』第2話の始まりです。

 

アニメ『HERO MASK』第2話|あらすじ

ジェームズに会いたいと言うマスクの男は、受付嬢の前で顔を変えて驚かす。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

ジェームズに会いたいと言うマスクの男は、受付嬢の前で顔を変えて驚かす。

 

それを怪しんだ警備員が受付に近寄る。 受付嬢と同じ顔をしたマスクの男は、ナイフを取り出し警備員の首を切りつけた。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

それを怪しんだ警備員が受付に近寄る。

受付嬢と同じ顔をしたマスクの男は、ナイフを取り出し警備員の首を切りつけた。

 

受付嬢の悲鳴が響く。 それをきっかけに警報が鳴り、警備員が集まってきた。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

エントランスに受付嬢の悲鳴が響く。

それをきっかけに警報が鳴り、警備員が集まってきた。

 

「素晴らしい、なんて素晴らしいんだ!」

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

「素晴らしい、なんて素晴らしいんだ!」

 

マスクの男と警備員の銃撃戦が始まる。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

マスクの男と警備員の銃撃戦が始まる。

 

SSCのモニターで見ていたジェームズは、マスクの男に心当たりが。 「あ、こいつ……」そう言ってジェームズは部屋から駆け出す。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

SSCのモニターで見ていたジェームズは、マスクの男に心当たりが。

「あ、こいつ……」そう言ってジェームズは部屋から駆け出す。

 

マスクの男は警備員に化けてピンチの乗り切ると、残りの警備員を皆殺しにする。 そして、エレベーターに乗り11階へと向かった。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

マスクの男は警備員に化けてピンチの乗り切ると、残りの警備員を皆殺しにする。

そして、エレベーターに乗り11階へと向かった。

 

11階。ジェームズが現れると、そこにマスクの男もやってきた。 「ジェームズ! ジェームズ、ジェームズ、ジェーーーームズーーーー!」

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

11階。ジェームズが現れると、そこにマスクの男もやってきた。

「ジェームズ! ジェームズ、ジェームズ、ジェーーーームズーーーー!」

 

「グリム、なのか? お前、死んだはずじゃ?」 そう訝るジェームズの前で、マスクの男は、その顔を変身してみせた。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

「グリム、なのか? お前、死んだはずじゃ?」

そう訝るジェームズの前で、マスクの男は、その顔を変身してみせた。

 

襲いかかるグリムにジェームズは発砲して応戦する。 しかし、グリムの攻撃は止まらない。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

襲いかかるグリムにジェームズは発砲して応戦する。

しかし、グリムの攻撃は止まらない。

 

ジェームズはGPS弾をグリムの額に打ち込んだ。 しかし、それもマスクに阻まれて効いていない。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

ジェームズはGPS弾をグリムの額に打ち込んだ。

しかし、それもマスクに阻まれて効いていない。

 

「GPS弾か、3年前はこれで君に捕まったね」 そう言ってグリムはジェームズに襲いかかる。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

「GPS弾か、3年前はこれで君に捕まったね」

そう言ってグリムは、ジェームズに襲いかかる。

 

一方的に殴られピンチのジュームズ。 狂ったように笑い、ジェームズにとどめを刺そうグリムが歩み寄ってきたとき、エレベーターからサラが現れグリムに向けて発砲した。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

一方的に殴られピンチのジュームズ。

狂ったように笑い、ジェームズにとどめを刺そうグリムが歩み寄ってきたとき、エレベーターからサラが現れグリムに向けて発砲した。

 

イラつくグリムはサラに狙いを定めて歩き出すが、間一髪でジェームズがグリムの足を払いのける。 サラの銃を使って続けざまにグリムに発砲するジェームズ。 しかし、グリムには効いていないのか、「痛い、痛い」と笑いながら二人に近づいて来る。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

イラつくグリムはサラに狙いを定めて歩き出すが、間一髪でジェームズがグリムの足を払いのける。

サラの銃を使って続けざまにグリムに発砲するジェームズ。

しかし、グリムには効いていないのか、「痛い、痛い」と笑いながら二人に近づいて来る。

 

その時、グリムの顔に異変が。 マスクの制御が効かなくなり、グリムの顔にミミズ腫れのような凹凸が現れた。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

その時、グリムの顔に異変が。

マスクの制御が効かなくなり、グリムの顔にミミズ腫れのような凹凸が現れた。

 

エレベーターから警備員が大勢かけつける。 それを見たグリムは窓のガラスを銃で破壊し、11階から飛び降りた。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

エレベーターから警備員が大勢かけつける。

それを見たグリムは窓のガラスを銃で破壊し、11階から飛び降りた。

 

「どうして、こんな無茶を?」そう聞くジェームズに、サラは「モニカの部屋に、これが隠されていた。そして、彼も同じものを持っていた」そう言って、あのマスクの写真を見せる。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

「どうして、こんな無茶を?」そう聞くジェームズに、サラは「モニカの部屋に、これが隠されていた。そして、彼も同じものを持っていた」そう言って、あのマスクの写真を見せる。

 

闇の中の洋館。 ひとりの男が歩いている。それはグリム。 彼は一枚の絵の前で佇み、ひとり笑顔を作る。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

闇の中の洋館。

ひとりの男が歩いている。それはグリム。

彼は一枚の絵の前で佇み、ひとり笑顔を作る。

 

モニカの死が心不全でないと確信したサラは、マスクを持つグリムを追うことを決める。 しかし、レノックスは危険が多すぎると言って、この件はSSCに任せるように告げた。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

モニカの死が心不全でないと確信したサラは、マスクを持つグリムを追うことを決める。

しかし、レノックスは危険が多すぎると言って、この件はSSCに任せるように告げた。

 

自らの血で絵を赤く染めるグリム。 「赤が、本物の赤が必要なんだ!」そう言ってグリムはGPS弾を自らの足に発砲する。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

自らの血で絵を赤く染めるグリム。

「赤が、本物の赤が必要なんだ!」そう言ってグリムはGPS弾を自らの足に発砲する。

 

GPS弾の反応を掴んだエドモンドは、ジェームズとレノックスに報告する。 それを聞いたジェームズは「エディ、位置情報を車に映してくれ」と言って地下駐車場へ向かう。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

GPS弾の反応を掴んだエドモンドは、ジェームズとレノックスに報告する。

それを聞いたジェームズは「エディ、位置情報を車に映してくれ」と言って地下駐車場へ向かう。

 

地上に出たジェームズを待っていたのはサラだった。 「モニカの死の真相に近づきたいの」 サラはそう言ってレノックスの制止も聞かず、同行することを決める。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

地上に出たジェームズを待っていたのはサラだった。

「モニカの死の真相に近づきたいの」

サラはそう言ってレノックスの制止も聞かず、同行することを決める。

 

グリムの洋館に到着した二人。 その時、洋館の入り口への明かりが灯る。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

グリムの洋館に到着した二人。

その時、洋館の入り口への明かりが灯る。

 

「舐めやがって!」 そう言ってジェームズは一人、グリムの元へと乗り込んでいった。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

「舐めやがって!」

そう言ってジェームズは一人、グリムの元へと乗り込んでいった。

 

ジェームズの到着を待つグリムは、自らの館に火を放つ。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

ジェームズの到着を待つグリムは、自らの館に火を放つ。

 

あの絵の部屋へ来たジェームズ。 絵を見つめ、後ろを振り返ると、そこにはグリムが。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

あの絵の部屋へ来たジェームズ。

絵を見つめ、後ろを振り返ると、そこにはグリムが。

 

マスクを使ってジェームズと同じ顔になるグリム。 ジェームズの銃がグリムを撃ち抜くが、グリムには効いていない。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

マスクを使ってジェームズと同じ顔になるグリム。

ジェームズの銃がグリムを撃ち抜くが、グリムには効いていない。

 

「そのマスクは何だ?」

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

「そのマスクは何だ?」

 

「血だよ! 君の血だ!」 グリムはジェームズに殴られても止まることなく前へ進み、ジェームズの首を締め上がる。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

「血だよ! 君の血だ!」

グリムはジェームズに殴られても止まることなく前へ進み、ジェームズの首を締め上がる。

 

「ああ、これだ、この感触だよ。さあ、いよいよ……」 その時、グリムに異変が。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

「ああ、これだ、この感触だよ。さあ、いよいよ……」

その時、グリムに異変が。

 

グリムが顔を押さえて苦しみだした。そして、その顔は醜く変形している。 「あ、あああ、、、ジェームズ……」

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

グリムが顔を押さえて苦しみだした。そして、その顔は醜く変形している。

「あ、あああ、、、ジェームズ……」

 

二人のもとに乗り込んできたサラの前にいたのは、何十歳も年をとったかのように老けた姿のグリム。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

二人のもとに乗り込んできたサラの前にいたのは、何十歳も年をとったかのように老けた姿のグリム。

 

「このマスクの写真を持っていた同僚が死んだ。これは一体なんなの?」

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

「このマスクの写真を持っていた同僚が死んだ。これは一体なんなの?」

 

「俺は、ただの、モルモットだ……」そう言って、グリムは息を引き取った。

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

「俺は、ただの、モルモットだ……」そう言って、グリムは息を引き取った。

 

「状況は?」その問いかけに、男は死体からマスクを剥ぎ取りながら答える。 「二体、回収した。こちらも二人やられたが」

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

「状況は?」その問いかけに、男は死体からマスクを剥ぎ取りながら答える。

「二体、回収した。こちらも二人やられたが」

 

「SSCでマスクの反応が確認された。まったく、こんなことをするのは……」その電話の声に、男は答える。「グリムか……」

出典:© フィールズ・ぴえろ・創通/ HERO MASK製作委員会

「SSCでマスクの反応が確認された。まったく、こんなことをするのは……」その電話の声に、男は答える。「グリムか……」

 

 

AB夫
DMM.com では今なら、月額1880円が無料です!
DMM.com
DMM.com

\ネットで借りて自宅に届き~ポストへ返却/

【1ヶ月無料キャンペーン中】DMM.com

 

アニメ『HERO MASK』について詳しく知るにはこちら!

【HERO MASK】第1話 感想|モニカの死の真相とは?

2018.12.08

【HERO MASK】第3話 感想|元SCC、ハリー・クレイトンの苦悩

2018.12.09

【HERO MASK】第4話 感想|二人目のマスクマン、セオ・ロー

2018.12.09

【HERO MASK】第5話 感想|始まる、セオとエドモンドの逃走劇

2018.12.10

【HERO MASK】第6話 感想|涙なしでは見れないセオの最期(ジェームズのせい)

2018.12.11

【HERO MASK】第7話 感想|サラの執念が掴んだライブコーポレーションの闇

2018.12.12

 

関連記事