【ケムリクサ】第3話 感想|りんたちは人間じゃないっぽいね、たぶん

【ケムリクサ】第3話 感想|りんたちは人間じゃないっぽいね、たぶん

 

今回ご紹介するのは、アニメ『ケムリクサ』第3話です。

【アニメ『ケムリクサ』第3話】タイトル

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

 

第2話では、りんとわかばが二人で黄色を取りに行きました。

そこで再び顔を赤く染めてしまったりんは、これが何なのか分からずに戸惑ってしまいます。

そして、わかばの些細な一言から新しい島に向かうことを決めたりんたち。

彼女たちはバスをみどりちゃんに持ち上げてもらって、線路の上をいざ出発したのでした。

 

あーーーー、

 

バスが猫バスに見えてきた。

 

不思議な世界にバスとか電車って、つきものなんですかね。

 

さあ、アニメ『ケムリクサ』第3話の始まりです。

 

 

アニメ『ケムリクサ』第3話|あらすじ

シーン01

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

イチジマの外へ出て、新しい世界を目指すリンたち。

緑ちゃんがバスを前へと運んでいく。

 

シーン02

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

見たこともない景色に興奮しっぱなしのわかば。

りなたちが見張りだと言ってわかばの上に乗り、わかばの邪魔をする。

 

シーン03

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

りつの体調を心配するりん。

りんは大丈夫だと言ってバスを前に進める。

 

シーン04

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「この感じなら、すぐ壁にゃ」

── いつもニジマでバタバタする

りんとりつは昔の事を思い出して話す。

 

シーン05

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

── これが最後の壁超えかな

弱気を見せるりんをりつが励ます。

「大丈夫、りんの行動はいつだっていい結果に繋がっている」

そう言ってりつの頭を撫でる。

 

シーン06

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

わかばが顔をあげると何もない景色が広がっていた。

そこは雲の上を進んでいるようだった。

 

 

 

シーン07

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

線路に興味を持つわかば。

「これはりなが作ったんだ」

そう聞かされて感心したわかばは、バスから身を乗り出して線路を見る。

その時 ──

 

シーン08

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

バスが揺れてわかばは天井から落ちてしまった。

── が、わかばは途中でりんに助けられ、車内に放り込まれる。

 

シーン09

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「あらがとうございます。下が赤かったのでビックリしました」

── お前、目がいいんだな。それなのに落ちかけるとかアホだな

りんとりつはわかばをバカにする。

 

シーン10

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

しばらく進むと線路が途切れる。

ここからは、みどりちゃんがバスを持ち上げて進むことに。

 

シーン11

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

島の外についたんですか──?

わかばの問にりなが答える。

「ここはまだ途中だな」

── ここで壁を超える

 

シーン12

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

りんとりなはバスから降りて周りを警戒する。

その中を進んでいくみどりちゃん。

すると青い地面が見える ── それが壁

ここから別の島になるという。

 

シーン13

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「今回は簡単にやられないんだからな!」

りなの言葉にわかばは、りんが言った事を思い出す。

── いつも死人が……

つまり、ここから先が危ないということ……

 

 

 

シーン14

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

赤霧が蔓延する中を進んでいくりんたち。

ニジマが見えてきた ──

眼の前には、誰もいない遊園地のような景色が広がっている。

 

シーン15

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「ここはあまり変わらないな」

── 全部回収したからな

りなの言うことが気になって仕方ないわかば。

 

シーン16

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

その時、りつが咳き込んでしまう。

無理をさせてしまった ──

りんはそう言って、ここで休んでいこうと提案する。

 

シーン17

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「今のうちに補充しよう」

りんたちは大量の水を摂る。

これで10日は動ける、と言ってりなは喜ぶ。

そして、りつはわかばにも水を勧める。

 

シーン18

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「ありがとうございます」

わかばは水を飲む。

その少なさにりつは気をかけるが、わかばはりなたちの飲んだ量に感心した。

 

シーン19

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

休憩中。

りながいないことに気づいたりんは、わかばと探しに出かける。

その時、地面が揺れる ──

 

シーン20

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「ギャーーーー!」

わかばに倒れてきた大きなアーチを、りんがパンチで蹴散らす。

── 本当に脆いな

驚いて倒れているわかばにりんは呆れる。

 

シーン21

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

つまみ食いをしていたと言うりなの体に、赤い葉を見つけたわかば。

これをやられなければ大丈夫だと言うりな。

そして、もう一つの葉でりなを増やすと言う。

 

シーン22

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「綺麗ですねーーーー!」

素直に感心するわかばを見て、りんはまた顔を赤らめる。

 

シーン23

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

少し歩いてみようとなったりんたち。

── リンさんたち以外の人っているんですか?

「今はいない」

「りなたち以外に見たことないよな」

 

 

 

シーン24

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

── りんさんたちはいつからここに?

「私たちはイチジマで生まれた」

“最初の人”という人から生まれたらしい。

その人も、りんたちと入れ替わりで死んでしまった。

 

シーン25

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

頂上についた四人。

そこでわかばはケムリクサを見つける。

すると、ケムリクサの臭いを嗅いだわかばは、ケムリクサを食べてしまった。

 

シーン26

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

── さっきあいつ、匂いがどうの……

りんはわかばの行動を不思議に思った。

 

シーン27

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

さっき拾ったケムリクサを嬉しそうに眺めるわかば。

そんなわかばを見てりつは、昔“りょく”が使っていたケムリクサを渡す。

 

シーン28

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「いいんですか?」

遠慮するわかばを横目に、昔話に花を咲かせるりつとりん。

すっかり元気になったりつが、それじゃあ行こうと言った時、バスが揺れ始める。

 

シーン29

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

地面が割れバスが逆さまになっていく。

そして、バスに乗せていた学生帽の中に入った石が、下に落ちてしまった。

 

シーン30

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

一目散に駆け出すわかばはバスから飛び降り、それを捕まえる。

そのわかばを追ってりんもバスから飛び降りた。

 

シーン31

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

りんは赤霧の中に落ちる寸前でわかばを捕まえる。

りんとわかばは、みどりちゃんに引き上げてもらった。

 

シーン32

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「地面が揺れるなんてビックリしたな!」

大騒ぎするりなたち。

そして怖かったです、と震えるわかば。

 

シーン33

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「なぜ飛び出した?」

── これが何か知っていたのか?

 

シーン34

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「りんさんにとって大事なものですよね?」

だからとっさに ──

 

シーン35

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

わかばからそれを受け取ったりんが礼を言うと、思わずわかばは吹き出してしまう。

「りんさんもお礼言うですね」

── 僕にできることがあれば言ってくださいね

 

シーン36

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

わかばにまっすぐ見つめられ、りんは再び顔を赤らめる。

「調子に……不審な動きをしたら処理するからな!」

りんはバスから出ていってしまった。

 

シーン37

出典:©ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

「アレがいわゆる毒かな?」

「毒か、毒だな」

 

 

アニメ『ケムリクサ』について詳しく知るにはこちら!

【ケムリクサ】第1話 感想|謎の世界で暮らす三姉妹の物語

2019.01.10

【ケムリクサ】第2話 感想|いざ外の世界へ!ニジマからサンジマ、ヨンジマ、ゴジマ……へと!

2019.01.17