【賢者の孫】第3話 感想|カート魔人化、あっさり死亡

【賢者の孫】第3話 感想|カート魔人化、あっさり死亡

アニメ『賢者の孫』第3話です。

前回(2話)はこちら↓

【賢者の孫】第2話 感想|シシリー、かわいい!

2019.04.17

 

 

アニメ『賢者の孫』第3話|あらすじ・感想

シーン01

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

シンはシシリーと一緒に学校に向かっていた。

念のために索敵魔法を使って警戒していたが、何事もなく到着することができた。

 

シーン02

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

Sクラスの面々は校内見学に向かう。

学院の校舎は大きく分けて二つある。

一つは授業で使う校舎。

もう一つは生徒会室、実験室、研究室などに使われる校舎だった。

 

シーン03

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

研究室は研究会を作った連中が放課後に使用していた。

学院には様々な研究会がある。

そこでオーグは、シンに自分で研究会を立ち上げることを提案した。

「それなら私も入る!」

Sクラスのみんなは言う。

 

シーン04

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

「だったらオルフォードくんを中心にあらゆる魔法を極める『究極魔法研究会』っていうのは?」と、リンが言う。

シンの意見を聞かずに、究極魔法研究会の発足が決定した。

 

 

 

シーン05

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

アールスハイド王国、王城ではディセウムが会議を開いていた。

そこで魔物が増えつつあることが報告される。

騎士団総長ドミニクは、これが人為的に行われているのではないかと言った。

 

シーン06

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

カートは父に呼び出され、学院での行いを問いただされる。

「我々は選ばれた民です。平民などと同列に扱われることの方がおかしいのです」

そう返すカートを父は、処分を検討すると言って部屋に閉じ込めた。

 

シーン07

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

カートはしばらく自宅謹慎する ──

シンたちにもカートのことが伝わっていた。

 

シーン08

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

以前のカートは、今のように身分を傘にきた態度をとってはいなかった。

カートが変わりだしたのは、中等学院3年の時に来たシュトロームという魔法の教師に声をかけられてからだと、トールは言う。

 

シーン09

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

その教師は目が見えなくて、両目を覆うように眼帯をしていた。

そして、帝国ブルースフィアから来たと言うことだった。

 

シーン10

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

カートの家にオリバー=シュトロームがやって来た。

カートの母は先生だけが頼りと言って、カートのことを託す。

 

シーン11

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

自室に閉じ込められたカートは、手足を縛られて床に転がっていた。

カートからシンのことを聞いたシュトロームは「そいつに思い知らせてやろう、君は特別なんだからね」と言ってカートに魔力を与える。

「カート君、せいぜい頑張って踊ってくれよ」

帰り際、シュトロームはカート部屋の窓を見上げて笑った。

 

シーン12

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

食堂で昼食を摂るSクラスの面々。

今後もシシリーを送り迎えすることが決まったシンは、移動中に索敵魔法を使っていることを話す。

どうして?と聞かれたシンは、人から発せられる害意を探っていると言う。

魔物の魔力は普通ではなく、敵意や害意が強いと。

「そういうのって、人間にも少なからずあって分かるんだ」

 

シーン13

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

魔物を狩ったことがあるかと聞かれたシンは、10歳の時だったと答える。

「10歳!!?」

その一言が全員を驚かした。

 

 

 

シーン14

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

食堂を出た時、シンは害意を感じる。

その方向を見るとカートがいた。

カートは魔力を貯めて攻撃してきた。

 

シーン15

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

シンはカートが放った魔法の前に飛び出し、魔法障壁を張ってみんなを守る。

「今の完全に殺す気だったな?」

「ああ、これは完全に殺人未遂だ。見過ごすことはできん……!」

 

シーン16

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

「キサマキサマキサマーーーー!」

カートの魔力が上がっていく。

 

シーン17

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

「マジかよ……」

シンの目の前でカートは魔人化した。

 

シーン18

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

シンはオーグたちにも逃げるように言う。

オーグは自分たちも戦うと言うがシンが許さない。

「魔物を狩った事ないやつが何いってんだ!」

── 邪魔だ

 

シーン19

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

オーグの指示で残った全員が避難を開始する。

 

 

 

シーン20

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

カートがシンに襲いかかる。

シンが足止め程度で軽く魔法を放つと、カートは勢いをそがれて止まってしまう。

 

シーン21

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

シンはマーリンに聞いていた魔人とは少し違うと感じる。

その時、カートがシンの名前を口にする。

「魔人が言葉を発した!?」

カートは完全に魔人になっていないのでは? とシンは考えた。

 

シーン22

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

「くそ、何か方法はないのか?」

── 何か!

 

シーン23

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

カートの魔力が上がっていく。

このままでは学院全体が吹き飛び、多大な犠牲が出てしまう。

総判断したシンは剣を取り出し、カートの首をはねた

 

シーン24

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

── 俺、初めて人を……

「くそ、何だよ……何なんだよ!」

シンは涙を流して悔しがる。

 

シーン25

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

シンの元にクラスメートが駆け寄り心配する。

「こうするしか、なかったのかな……」

シンはカートを助けられなかったことを悔いた。

 

シーン26

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

「それにしても、お前これから大変だな……」

オーグが続きを言いかけた時、兵士たちが駆け寄る。

「まさか魔人を討伐されたのですか……!?」

兵士たちはシンに倒されたカートを見て驚く。

 

シーン27

出典:©2019 吉岡 剛・菊池政治/KADOKAWA/賢者の孫製作委員会

魔人となったカートが倒されても、まだ学院内はざわついていた。

見かねたオーグが声を上げる。

「皆、安心しろ! 魔人はシン=ウォルフォードが討伐した!」

すると辺りは「シン」コールが沸き起こった。

 

 

 

 

 

 

アニメ『賢者の孫』について詳しく知るにはこちら!

【賢者の孫】第1話 感想|前世の記憶があるゆえに天才なのだ

2019.04.11

【賢者の孫】第2話 感想|シシリー、かわいい!

2019.04.17

【賢者の孫】第4話 感想|シュトローム VS シンの1stラウンド開始!

2019.05.02

【賢者の孫】第5話 感想|魔法修行を始めようか!

2019.05.09

 

公式サイトなど

 

無料マンガはこちら

 

無料動画はこちら