【賢者の孫】第6話 感想「開戦と合同訓練」

アニメ『賢者の孫』

アニメ『賢者の孫』第6話です。

 

アニメ『賢者の孫』第6話|あらすじ・感想

第6話の先行カットが到着しました!

第6話『開戦と合同訓練』

アールスハイド王国との国境付近まで進軍したブルースフィア帝国軍。

そこには、いるはずのない王国軍が待ち構えていた。

部下から聞いていた情報と違い、怒り心頭に発するヘラルド皇帝。

すると、帝都に大量の魔物が出現したとの一報が入り、急いで引き返す帝国軍。

しかし、すでに街は変わり果てていた。

獅子やオラウータンといった災害級の魔物に襲われ、あたりには血まみれの死体が散乱し、まさに地獄と化していた。

 

 

 

 

アニメ『賢者の孫』について詳しく知るにはこちら!

公式サイトなど

 

無料マンガはこちら

 

無料動画はこちら