【鬼滅の刃】第4話 感想|

鬼滅の刃

アニメ『鬼滅の刃』第4話です。

 

アニメ『鬼滅の刃』第4話|あらすじ・感想

鬼の急所は頸。
しかし、普通の刀で頸を斬っても鬼は殺せない。
鬼殺隊の持つ刀は特別な鋼で造られた刀で、“日輪刀”と呼ばれる。

 

炭治郎は“隙の糸”の匂いが分かるようになっていた。
戦っている時、その匂いに気づくと糸が見える。
その糸は相手の隙に繋がっている。
炭治郎は糸に引かれて刃を隙に斬り込む。

 

「よく頑張った」
左近寺は炭治郎を褒める。
彼は炭治郎を最終選別に行かせるつもりはなかったが、炭治郎は岩を斬った。
「最終選別、必ず生きて戻れ」
そう言って左近寺は、炭治郎を抱きしめた。

 

炭治郎は出発する時、左近寺から“厄除の面”と呼ばれるお面をもらった。
そして、眠り続ける禰豆子を左近寺に預けることにする。

 

「行ってきます! 錆兎と真菰によろしく」
言われた左近寺は、どうして死んだ二人の名を炭治郎が知っているのか不思議に思った。

 

最終選別が行われる“藤襲山(ふじかさねやま)”
そこには、多くの鬼殺の剣士になろうとする者が集まっていた。

 

二人の少女が現れ最終選別の始まりを告げる。
選別方法は、山に放たれた鬼から身を守り、山の中で七日間生き延びること。

 

炭治郎は、さっそく二人の鬼に出くわす。
「いきなり二人……やれるだろうか」
心配する炭治郎だったが、『肆ノ型 打ち潮』で二人の鬼を一撃で仕留める。
左近寺にもらった刀で頸を斬ると、鬼は骨も残らず消えてしまった。

 

その時、炭治郎は腐ったような匂いを嗅ぐ。
現れたのは大型で異形の鬼。
追われた剣士が鬼に捕まると、炭治郎は『弐ノ型 水車』で鬼の腕を切り落とし、助け出す。

 

「また現れたな、俺の可愛い狐が」
鬼は鱗滝左近寺のことを知っていた。
この鬼を捕らえたのは左近寺だったのだ。
鬼は五十人は子供を喰ったと言う。

 

炭治郎は左近寺から聞いた話を思い出していた。
「鬼の強さは人を喰った数だ」
鬼は人を喰えば喰うほど力を増し、肉体を変化させ、妖しい術を使う者も出てくる。

 

異形の鬼は十三人の左近寺の弟子を喰ったと話す。
そして、錆兎と真菰も喰ったと言う。
聞いた炭治郎は思う。
「この鬼に殺されていた? でも俺は二人と……」

 

「目印なんだよ、その狐の面がな」
鬼は、厄除の面をつけているせいで自分に喰われたと言う。
そして、鬼が真菰を喰った時の話をすると、炭治郎は怒って斬りかかる。

 

炭治郎は闇雲に鬼の腕を切り落とす。
しかし、横から鬼のパンチが炭治郎に命中した。
気を失った炭治郎に鬼の手が伸びる。

 

「兄ちゃん!」
その時、死んでしまった弟の声が聞こえ、炭治郎は飛び起きる。
炭治郎は何度も鬼の上でを斬っていくが、すぐに増えてキリがない。
その時、土から変な匂いがした。

 

地面が割れ、中から鬼の腕が炭治郎に襲いかかる。
炭治郎は間一髪で飛び退り、鬼の攻撃をかわす。

 

空中で身動きの取れない炭治郎に、鬼が腕を伸ばす。
炭治郎は頭突きでピンチを凌いだ。

 

鬼は手を出し尽くし、すぐに防御に戻れない。
しかし、頸の周りには幾重にも腕が重なり、鬼を守っている。
炭治郎は鬼の首に隙の糸を見つける。
「壱ノ型 水面斬り!」

 

鬼は炭治郎に斬られる直前、左近寺と戦った時に聞いたのと同じ音を聞いた。
「鱗滝!」
次の瞬間、炭治郎が鬼の頸を刎ねる。

 

── どうしてこんなことに……
鬼はまだ、人間だった頃を思い出してた。
「どうして俺は兄ちゃんを噛み殺したんだ」
── あれ? 兄ちゃんって誰だっけ?
鬼になった少年は、記憶をなくす。

 

炭治郎は鬼の手を握って祈る。
「この人が今度、生まれてくるときは、鬼になんてなりませんように」
鬼は兄と手を握り歩く夢を見た。

 

七日後の早朝 ──
生き残ったのは四人だった。

 

四人は最初にいた少女から、これからの予定を告げられる。
まずは隊服を支給するために、体の寸法を測り階級を刻む。
階級は十段階。
甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸
四人の階級は一番下の癸から始まる。

 

「刀は?」
聞かれた少女は、まずは玉鋼を選び、出来上がるまで十日から十五日かかる、と告げる。
そして、鎹鴉(かすがいからす)を全員に付ける。
この鴉は主に連絡に使用するようだ。

 

その時、一人の少年が刀をよこせと言って暴れだし、少女の髪を掴んだ。
「この子から手を離せ!」
炭治郎が少年の腕をきつく掴んで止めさせる。

 

「お話は済みましたか?」
── あちらから刀を造る鋼を選んで下さい
黒髪の少女が四人に告げる。

 

「そうか、五人も生き残ったのかい、優秀だね」
── また私の剣士が増えた……
男は鴉からの報告を聞いていた。

 

 

 

 

アニメ『鬼滅の刃』について詳しく知るにはこちら!

『鬼滅の刃』公式サイトなど

 

『鬼滅の刃』無料マンガはこちら

 

『鬼滅の刃』無料動画はこちら