アニメ【魔法少女特殊戦あすか】第3話 感想|3人目の魔法少女、ミア・サイラス登場

アニメ『魔法少女特殊戦あすか』あらすじ・声優・登場人物(キャラクター)など

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、アニメ『魔法少女特殊戦あすか』第3話です。

 

第2話では、新たなテロが発生し町は大混乱。

そこに現れたのは伝説の五人(マジカル・ファイブ)のうちの一人、魔法少女ウォーナース☆くるみ。

ハロウィン級の冥獣に立ち向かうくるみでしたが、どうやら彼女は戦闘向きではないらしく、頑張ったんだけどピンチに追い込まれてしまいます。

それを助けたのは魔法少女ラプチャー☆あすか。

戦闘ならばお手の物とばかりに、化物クマをバッサバッサとカランビットで切り刻んで、冥界ならぬあの世に送り返しましたとさ。

 

あーーーー、

 

ナース ✕ 魔法 ✕ 少女って一粒で何度美味しいんじゃ!

 

コスプレ度は非常に高いですね。

 

さあ、アニメ『魔法少女特殊戦あすか』第3話の始まりです。

 

アニメ『魔法少女特殊戦あすか』第3話|あらすじ

【SIDE-A】

 

「戦闘でケガとかは?」
あすかとくるみはブランコに座って話していた。

 

「他にいなかったから……」
ハロウィン級冥獣に挑むなんて無茶だ ── というあすかの心配に、くるみは答える。

 

もう魔法少女に関わりたくなかった、というあすかは、くるみに尋ねる。
「あんな悲惨な戦いの後で、どうして変身できる?」

 

それは ──
くるみは、いじめられていた頃の記憶を思い出す。

 

「私は魔法少女に変身できる自分が好き」

 

「ひどい人、私を魔法少女にしておいて、自分は逃げ出すなんて」
くるみを魔法少女に誘ってきたのはあすかだった。

 

くるみは続ける。
「約束は守ってくださいね。私、強くないんです」

 

放課後。
あすかは希美と紗綾子とプールに来ていた。

 

水の中はいい、余計なこと考えずに済むし ──
「理想は、きれいな海岸で読書することかな」

 

「いいね! それ!」
夏休みにみんなで旅行しようと、希美が提案する。

 

希美に押し切られるように、あすかも了承する。
「夏休み旅行、楽しみー!」

 

メキシコ北部ティファナ。
米軍統合特殊作戦コマンド所属 特務曹長、魔法少女ミア・サイラス

 

情報活動支援隊、アーロン

 

情報活動支援隊、ジュリア

 

三人は話まりを警戒しながら進む。

 

衣服の中から短銃を取り出し、変身するミア。
魔法少女ジャストコーズ☆ミア

 

「準備はできた?」
ミアは短銃を長銃へと変化させる。

 

「私が前衛だ!」
三人は建物内に侵入していく。

 

ミアの魔法で部屋を透視すると、中で麻薬取引が行われていた。

 

銃を構えるミア。
魔力が集まり銃が光り輝く。

 

ズドン!
ミアの一撃を合図に三人は飛び込み、銃撃戦が始まる。

 

……何度見てもすげぇ破壊力 ──
アーロンの言葉にミアは答える。

 

「正確には魔力による貫通性の付加」
それによって、あらゆるものが破壊されていた。

 

「奥にもうひとりいる……」
扉を開く三人が見たものは、椅子に縛られた男性。

 

……24578956131584511323
その男性は意味のわからない数字を読み上げていた。

 

ミアたちが助けようとした瞬間 ──
男性を謎の箱が包み込み、どんどん小さくなっていく。

 

「『バベル』の軍団……もっとひどい……戦争……」
ボギン ──!
箱はありえないほど小さくなってしまった。

 

日本、焼肉店。
テロリストたちに冥獣を二体与えるアビゲイル。

 

そして、1枚の写真を見せて告げる。
「外事警察のエースの一人娘だとか……使える手札になると思わない?」

 

 

【SIDE-B】

 

あるビルの前にいる飯塚とあすか。
そこはメイド喫茶だった。

 

「いらっしゃいませ、ご主人様ー!」
迎えてくれた二人のメイドは共に陸上自衛隊の隊員だった。

 

魔法に特化した『M班』の ──
「志摩です! よろしくお願いいたします!」

 

「……楓だ」

 

話を進めようとする飯塚にあすかは言う。
「何度も言うが、私は特戦群には……」

 

「闇商人が精霊とマジックアイテムの密売を行っている」
お前の力がいるんだ、魔法少女ラプチャー ──

 

キム・カンスを拷問する牧野晃教。

 

「魔法少女……獲物……」
「世界を……作り変える……」

 

「新組織……『バベルの図書館』」
「図書館の尖兵……『バベル旅団』……」

 

「もっとひどい……戦争……」

 

魔法少女の資料を見る牧野は、マジカル・ファイブのうち、消息不明の双頭竜(ショントウロン)を気にかける。

 

普通の人間に何ができるのか ──
その質問に牧野は答える。
「自分の仕事をするんだよ」

 

学校。
あすかのクラスに転校生がやってきた。

 

「夢源くるみです……」
あすかは呆然としてしまう。

 

アメリカCIA本部。
ミアはアーロン、ジュリアと話していた。

 

麻薬組織のアジトで見つけた男は、レオニード・グリーンバーグ。
ユダヤ系アメリカ人数学者で、ニューヨーク州立科学技術大学教授。
彼は数秘術にも精通していた。

 

レオニードの渡航記録を調べると、去年一年で日本に三回も行っていた。
「日本に行くことになるかも」

 

「日本か、面白くなってきたじゃねえか」
ミアはほくそ笑む。

 

学校でトレーニングする、あすかとくるみ。

 

魔法少女だから研究官でも鍛えなければいけない、と言うくるみ。
それに対しあすかは、体を鍛えるのが好きだからと答える。

 

本当にそれだけ ──?
くるみが問う。

 

「怖いのかもしれない……自分が弱くなることが」

 

夕方、希美は友だちと別れ、一人で帰り路についていた。

 

希美が坂道をくだり角を曲がると、眼の前に黒いマントを羽織った大柄の男が一人。

 

希美が振り返ると、もう一人同じ顔をした男が行く手を阻む。

 

「外事警察、牧野晃教の娘だな」
希美は口を抑えられ、意識が薄れていく。

 

『料理人(ポーヴァル)』と『万人(ストーロジ)』
彼らは、ロシア屈指の魔術傭兵コンビの双子だった。

 

 

 

アニメ『魔法少女特殊戦あすか』について詳しく知るにはこちら!

アニメ【魔法少女特殊戦あすか】あらすじ・声優・登場人物(キャラクター)など

2018.12.02

アニメ【魔法少女特殊戦あすか】第1話 感想|大鳥居あすかの戦いは終わらない

2019.01.12

アニメ【魔法少女特殊戦あすか】第2話 感想|ウォーナス☆くるみ登場……ナイスナース!

2019.01.19

アニメ【魔法少女特殊戦あすか】第4話 感想|対決!番人(ストーロジ)と料理人(ボーヴァル)

2019.01.19

アニメ【魔法少女特殊戦あすか】第5話 感想|魔術傭兵コンビを撃破せよ!

2019.01.19

 

〈アニメ公式サイト〉

TVアニメ「魔法少女特殊戦あすか」公式サイト

 

コミックス情報

魔法少女特殊戦あすか【第1巻】

魔法少女特殊戦あすか【第1巻】

amazonで購入する
魔法少女特殊戦あすか【第2巻】

魔法少女特殊戦あすか【第2巻】

amazonで購入する
魔法少女特殊戦あすか【第3巻】

魔法少女特殊戦あすか【第3巻】

amazonで購入する
魔法少女特殊戦あすか【第4巻】

魔法少女特殊戦あすか【第4巻】

amazonで購入する
魔法少女特殊戦あすか【第5巻】

魔法少女特殊戦あすか【第5巻】

amazonで購入する
魔法少女特殊戦あすか【第6巻】

魔法少女特殊戦あすか【第6巻】

amazonで購入する
魔法少女特殊戦あすか【第7巻】

魔法少女特殊戦あすか【第7巻】

amazonで購入する
魔法少女特殊戦あすか【第8巻】

魔法少女特殊戦あすか【第8巻】

amazonで購入する
魔法少女特殊戦あすか【第9巻】

魔法少女特殊戦あすか【第9巻】

amazonで購入する