【上野さんは不器用】第5話 感想|女子中学生の乳首の色を題材にする狂気

アニメ『上野さんは不器用』あらすじ・声優・登場人物(キャラクター)など

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、アニメ『上野さんは不器用』第5話です。

 

弾4話では、上野さんは田中にパンツを食わしたり、スパッツの臭いをかがしたりと、やりたい放題でした。

女子中学生のパンツを食べたり脱ぎたてのスパッツを堪能したり……。

 

あーーーー、

 

変態アニメになってきとるやないの!

 

いや、最初からそうか。

 

さあ、アニメ『上野さんは不器用』第5話の始まりです。

 

アニメ『上野さんは不器用』第5話|あらすじ

【実験その9- ウエノ13号】

「遅くなりましたー」
田中が部室に入ってくる。

 

「遅いぞタナカ、遅いぞタナカ、遅いぞタナカ……」
上野のような物体は繰り返す。

 

「クッスッス、今喋っていた相手が偽物とも知らずに」
本物の上野は隠れて見ていた。

 

── ウエノ13号は完全自立型ガイノイドである。
介護用として開発中の試作機を上野独自にカスタマイズし、乙女の気持ちを表現できる回路的なものを搭載することによって、幅広い何らかのニーズに柔軟に対応可能となったのだ!

 

「今日はこの13号を使って、思春期特有のアレのやつを刺激し、田中をアワアワ言わしたる!」
と考える上野だが、内心ではロボ上野をすぐに見破り、本物の上野を探し出すだろうと期待していた。

 

しかし、田中は上野らしき無機生命体を受け入れた。

 

上野は作戦を開始する。

 

「タナカ、ガム食うか?」

 

「タナカ、ひざ枕しろ」

 

「タナカ、ナデナデしろ」

 

上野がインプットした乙女力が暴走していた。

 

「このままでは……」
山下が心配して本物の上野の方を見ると、上野は焦っていた。

 

「部長、なにか悩みがあるのなら相談してくださいよ」
田中の優しい言葉にウエノ13号はおもむろに立ち上がり……

 

タナカ、ウエノ好──
「本当の私は私でしたー! 騙されてやんのバーカ!」

 

上野がウエノ13号を回収し部室を出ていった。

 

 

【実験その10 – BGブルーライト】

「今からこの未来型救援装置の動作確認を行う!」
上野は胸ポケットから小さな端末を取り出した。

 

ハンカチにセンサーを当てると、端末の画面に文字が出た。
「一斤染(いっこんぞめ)ってなんですか?」
田中が聞く。

 

「正気か田中、一斤染は色の名前だ」
そう言って上野は続ける。

 

色識別はあくまで準備動作 ──
「この装置は指定した色と同色相の物体を発行させることができるのだ!」

 

上野いわく、この装置は救援活動において大きな可能性を秘めている、という。
「たとえば、ある特定の色をセーフティーカラーとして定めることで、被災時の発見を迅速に行うことが可能になる」

 

闇の中で光り輝く命の道標 ──
「それがこの、BGブルーライトなんじゃい!」

 

そして、検証開始。
上野は部屋の電気を消す。

 

田中がボタンを押せば一斤染と同じ色が光る。
「じゃあ押しまーす」

 

上野はドキドキしながら考えていた。
── 一斤染とは紅花一斤で絹一疋(いっぴき)を染めた淡い紅色の名称。
染料である紅花が大変高価だった平安時代、この一斤染を紅色の上限とし、それより濃い紅染めは禁色とされた。

 

故に別名「聴し色(ゆるしいろ)」。
聴しの色で描かれた恋文は装置作動とともに浮かび上がる仕組み。

 

これまでの詰めの甘さを自覚していた上野は今回、最後のひと押しを相手側に委ねることで自らの退路を断つことに成功した。

 

「これが上野流、委ね告白じゃい!」
田中がボタンを押すと ──

 

上野が持つハンカチや靴下などが光っていた。
「よく探してみろ、例えば衣服だとか~」

 

「……あっ」
上野を見た田中は目をそらす。

 

「こいつ完全に照れとる!」

 

テンションが上った上野に山下が駆け寄る。
「部長、いったん伏せましょう」

 

── なんだ?
この空気を不思議がる上野は鏡を見る。
すると、女子のあの部分が光っていた!

 

「お前ら勘違いしてるぞ! よく見ろ!」
焦って服を脱ごうとする上野。

 

そんな上野をなだめる田中と山下。
二人が「わかった」と言うほど上野はヒートアップする。

 

「この色では無いからな!」
気まずい雰囲気のまま解散となった。

 

アニメ『上野さんは不器用』について詳しく知るにはこちら!

【上野さんは不器用】あらすじ・声優・登場人物(キャラクター)など

2018.12.20

【上野さんは不器用】第1話 感想|田中、おしっこは飲めません、が、スカートはめくれます

2019.01.07

【上野さんは不器用】第2話 感想|タイツを臭いと言われ、パンツを奪われる上野

2019.01.14

【上野さんは不器用】第3話 感想|男子に足の臭いを嗅がせて喜ぶのは変態です

2019.01.15

【上野さんは不器用】第4話 感想|私のパンツを食べろと強要する女子中学生は天使ですか?

2019.01.15

 

コミックス情報

上野さんは不器用【第1巻】

上野さんは不器用【第1巻】

amazonで購入する
上野さんは不器用【第2巻】

上野さんは不器用【第2巻】

amazonで購入する
上野さんは不器用【第3巻】

上野さんは不器用【第3巻】

amazonで購入する
上野さんは不器用【第4巻】

上野さんは不器用【第4巻】

amazonで購入する
上野さんは不器用【第5巻】

上野さんは不器用【第5巻】

amazonで購入する