【MIX(ミックス)】第1話 感想|投馬と走一郎と音美と

【MIX(ミックス)】第1話 感想|投馬と走一郎と音美と

アニメ『MIX(ミックス)』第1話です。

最新話(6話)はこちら↓

【MIX(ミックス)】第6話 感想|誕生!エース投馬!

2019.05.11

 

 

アニメ『MIX(ミックス)』第1話|あらすじ・感想

シーン01

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

あの優勝は一度だけ。

いくつも夏が来たけれど、明青学園はもう一度、甲子園の土を踏むことはなかった。

 

シーン02

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

子供の頃の走一郎と投馬がキャッチボールをしている。

二人はどっちが兄で、どっちが弟かで揉めていた。

投馬が投げたボールがすっぽぬけ、学校の職員に当たって怒鳴られる。

走一郎と投馬、音美の3人は揃って逃げていった。

 

シーン03

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「よかったなあ、雨上がったぞ」

立花投馬は窓を開けて外を見る。

 

シーン04

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「春休みもな、短えよ休みが!」

立花走一郎はベッドに寝転んだまま文句を言った。

 

シーン05

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

この男の子が主人公その1、立花投馬、13歳。

 

シーン06

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

こっちは主人公その2、立花走一郎、13歳。

 

シーン07

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「ほらほら、さっさとご飯を食べてでかけないと間に合わないぞ」

そして、立花兄弟の妹、立花音美、12歳。主人公その3。

 

シーン08

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

投馬と走一郎は制服に着替えて準備する。

「何、余裕こいてんだよ」

投馬がそう言うと、「音美の入学式は明日だもんね」と母の真弓が答える。

 

シーン09

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

父の立花英介は「いよいよ中学生かあ、音美ちゃんも」と言って、音美の制服をベタベタ触る。

 

 

 

シーン10

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

音美に見送られ学校へ向かう投馬と走一郎。

「高等部なら一分前に出ても間に合うのにな」

「あと二年の辛抱だな」

 

シーン11

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

二人の自宅を出て、高等部の敷地を半周し、道を一本渡れば明晴学園中等部に着く。

 

シーン12

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

二人が門に着くと一台の車がやってきた。

車から出てきた生徒、二階堂大輔に挨拶をする投馬と走一郎。

「学年が変わっても、やな奴はやな奴だ」

「休みが足らねえんだよ」

 

シーン13

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「音美、納戸の片付け手伝ってくれる?」

「何で急に、今日?」

母は思い立ったから、と言って笑った。

── 野球部、見に行こうと思ってたんだけどな……

 

シーン14

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

マウンドでピッチング練習をしている二階堂に、監督が声を掛ける。

「二階堂、時間だ」

二階堂は練習を終えて帰っていく。

「今日もきっちり一時間」

それは、いつものことだった。

 

シーン15

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

休み明けでなまった体を慣らしておけ、と監督が指示を出す。

「お前たち、今日はできないぞ」

キャプテンの今川正が走一郎と投馬に釘を刺す。

「分かってますよ」

そう言って二人は監督の方を見る。

 

シーン16

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「野球に興味あるの?」

窓から野球部の練習を見ている音美に声を掛ける生徒。

「夏野一番!」

彼は甲子園のマウンドに立つのが自分の宿命だと話す。

 

シーン17

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「じゃ、センバツには出ないんだ」

音美がツッコむ。

 

シーン18

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

野球部に入ると言う夏野に音美が告げる。

「頑張ってね、けっこう大変みたいだから」

夏野は「何が?」と不思議に思う。

 

 

 

シーン19

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

マウンドで投球練習をするピッチャー、3年の二階堂を見て、余裕の笑みを浮かべる夏野。

「来年まで待たなくても一番になれそうだな」と独り言を漏らす。

 

シーン20

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

それを聞いた投馬が「ピッチャー志望なのか?」と聞く。

夏野は音美にしたのと同じ説明をすると、「センバツには出ないのか?」と返される。

 

シーン21

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

夏野は投馬のユニフォームの名前に気づく。

「立花さん?」

 

シーン22

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「エースはともかく、あのキャッチャーはいいっすね」

夏野が言うと「2年の立花走一郎だ」と投馬が答える。

 

シーン23

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「立花? 兄弟なんすか? あまり似てないすね、双子でも」

「誰が双子って言った?」

「あ、だって……、そっか、4月生まれと3月の早生まれとか」

「同じだよ誕生日は」

夏野は頭がこんがらがってしまう。

 

シーン24

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

新入部員が集められ、それぞれ技量を見せることになる。

ピッチャー志望の3人がマウンドに行く。

一人目、二人目と大したピッチャーではなかった。

 

シーン25

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

夏野の番になり、素晴らしいピッチングを見せる。

すると「お前は外野手向きだな」と言ってピッチャーを外される。

「はい?」

夏野は理解が追いつかない。

 

シーン26

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

翌日 ──

「何考えてんだ、あの監督は!」

教室で声を荒げる夏野に音美は言う。

「だから言ったでしょ、けっこう大変だって」

 

シーン27

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

夏野は投馬と走一郎のことを聞く。

「お兄ちゃんよ、わたしの」

 

シーン28

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「同学年で同じ誕生日で双子じゃないって、どういうこと?」

夏野の質問に答えようとした時、音美は友達に声をかけられ行ってしまう。

 

シーン29

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

二階堂はいつも先に一人で帰っていく。

それを見た夏野が先輩に聞くと、ほぼ毎日一時間で帰るそうだ。

 

シーン30

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

監督がいないからと言って投馬がマウンドに上がる。

投馬は走一郎のミットに、素晴らしい球を投げ込む。

 

シーン31

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「何のレギュラーですって?」

夏野は投馬から目が離せなかった。

 

シーン32

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

投馬が家に帰ってくると、テーブルに風呂敷が置いてあった。

「納戸を片付けてたら出てきたの」

音美がそう言うと、投馬は風呂敷を開けてみる。

 

シーン33

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「お義父さんのかな?」

「いや、親父のじゃねえ」

出てきたのは背番号「1」のユニフォームだった。

 

 

 

 

 

アニメ『MIX(ミックス)』について詳しく知るにはこちら!

【MIX(ミックス)】第2話 感想|明星の闇、二階堂の親父

2019.04.13

【MIX(ミックス)】第3話 感想|ダメ監督と堕ちた明青野球部

2019.04.20

【MIX(ミックス)】第4話 感想|二階堂!どこ行ったー!

2019.04.27

【MIX(ミックス)】第5話 感想|試合終了!さよなら二階堂!

2019.05.04

【MIX(ミックス)】第6話 感想|誕生!エース投馬!

2019.05.11

 

公式サイトなど

 

第1話 おすすめ記事