【MIX(ミックス)】第4話 感想|二階堂!どこ行ったー!

【MIX(ミックス)】第4話 感想|二階堂!どこ行ったー!

アニメ『MIX(ミックス)』第4話です。

前回(3話)はこちら↓

【MIX(ミックス)】第3話 感想|ダメ監督と堕ちた明青野球部

2019.04.20

 

 

アニメ『MIX(ミックス)』第4話|あらすじ・感想

シーン01

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「立花!」

二階堂が走一郎を捜していた。

「いないっすよ」

今日、走一郎は墓参りに行っていると、投馬が説明する。

 

シーン02

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

聞いていないと言う二階堂。

「おっかしいな。みんな知ってますよ、昨日、練習の後に監督とキャプテンに許可もらったことは」

── あ、そっか、練習の後にはいませんもんね二階堂さんは、いつも先に帰っちゃうから

そう言って投馬は二階堂に喧嘩を売った。

 

シーン03

今川が二階堂にボールを受けてやろうか、と言う。

二階堂は調子を落としたくないと言って、そのまま帰ってしまった。

 

シーン04

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

ブロック代表決定戦 ──

 

シーン05

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「どう考えても……」

 

シーン06

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「無理なんだよ」

 

シーン07

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「その球威とキレじゃ……」

 

シーン08

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「……完封なんて」

 

シーン09

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「どうだ立花!」

二階堂は走一郎に向かって叫ぶ。

「ざまあ見ろ!」

この試合、二階堂は完封勝利をあげる。

 

シーン10

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「ますます図に乗るぜ、あの背番号1」

「ああ、やっかいだな」

 

シーン11

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

── しかし、やっかいごとは、それだけではなかった

投馬たちは期末テストを迎えようとしていた。

 

シーン12

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

投馬は駒とテストで勝負をする。

もし投馬が負ければ、音美とのデートを承諾しなければならない。

「義理の兄貴にそんな権限はねえよ」

すると駒は走一郎に聞く。

「いいんじゃないか」

走一郎はあっさりと勝負を認める。

 

シーン13

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

音美がリビングに下りてくると、投馬が勉強していた。

「何やってんの?」

投馬は勉強だよ! と答える。

「へー」

そんな投馬を見て、音美は薄笑いを浮かべた。

 

シーン14

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

夜中、投馬が勉強している横で走一郎はぐっすり寝ていた。

「ちくしょう、余裕こきやがって……」

投馬は遅くまで勉強し続けた。

 

シーン15

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

試験結果が返ってきた。

駒はヤマが当たって自信アリげだ。

先生からクラスのベスト5が発表される。

一位は走一郎。

二位、三位、と順位が発表されていく。

 

シーン16

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「5位、立花投馬」

聞いた駒は言葉を失った。

 

シーン17

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

夜、音美が夕食ができたと投馬を呼んでいる。

「寝かしといてやれよ、全力投球だったんだから」

── ゆっくり休めよ、エース

走一郎は投馬の頑張りを認めた。

 

シーン18

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

都大会一回戦まで時間がないというのに、二階堂は練習に姿を見せなかった。

監督に聞こえるように嫌味を言っても返事はない。

 

シーン19

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

投馬と走一郎は今川から、対戦相手のDVDをもらって研究していた。

対戦相手の2年生エース、西村拓味はよく曲がるカーブと速いストレートが武器だった。

 

シーン20

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

試合前日になって二階堂が顔を出した。

しかし二階堂はすぐに帰ってしまう。

「球威もキレもない」

投馬に聞かれた走一郎は、そう二階堂を評した。

 

シーン21

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

試合当日、二階堂の姿がなかった。

試合は両校とも控えの投手でスタートする。

 

シーン22

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

1回表、明青は二点を先制する。

 

シーン23

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

1回裏、あっという間に同点に追いつかれる。

 

シーン24

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

2回裏、あっという間に逆転を許す。

 

シーン25

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

3回表、投馬はヒットで出塁する。

2番が送って3番走一郎はわざと外されてフォアボール。

4番の今川は力んでしまって三振に倒れた。

 

シーン26

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

5番ライト駒耕作。

特大の3ランホームランを放ち、5対3と逆転する。

 

シーン27

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

すると敵はピッチャーをエースに交代してきた。

明青の6番打者は、カーブに翻弄されて3球三振に倒れた。

 

シーン28

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

3回が終わって5対4と明青がリード。

しかし、敵のピッチャー、西村は調子をあげて追加点を許さない。

 

シーン29

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

一方、明青の安野も丁寧なピッチングで4回裏を0点に抑える。

 

シーン30

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

三振に打ち取られた3番キャッチャーの竹内俊樹は、文句を言っていた。

「あの程度の球で3球勝負するかあ!?」

聞いた西村は走一郎を見て、「交換してくれねえかなあ、うちのキャッチャーと……」と呟く。

 

シーン31

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

5回表、打順は投馬から。

西村のカーブをファールで逃げる投馬。

西村は投馬がストレートを狙っていることに気づいていた。

 

シーン32

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

投馬がカーブに手を出して空振りをすると、キャッチャーがボールを弾いた。

投馬は一塁に振り逃げで出塁する。

その時、投馬はスタンドに二階堂の父親の姿を見つける。

走一郎がネクストバッターズサークルからベンチを見ると、二階堂が来ていた。

 

シーン33

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「いつ?」

「たった今だよ」

今川が答える。

 

シーン34

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「まさか?」

「代えるさ、エースだぜ明青の」

 

シーン35

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

バッターボックスに入った走一郎は機嫌が悪かった。

走一郎が打った打球はファーストライナーで、キャッチされてしまう。

ベースを飛び出していた投馬がタッチされ、ダブルプレーとなった。

 

シーン36

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

5回裏、明青はピッチャーを二階堂に交代する。

相手、水神中学の攻撃は4番ピッチャーの西村から。

 

シーン37

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

「あれが明青のエースなのか?」

聞かれた走一郎は答える。

「いや、ただの背番号1だよ」

── そっちのエースと違ってね

 

シーン38

出典:© あだち充・小学館/読売テレビ・ShoPro

西村の打った打球はバックネットに突き刺さる。

明青は同点に追いつかれた。

 

 

 

 

 

 

アニメ『MIX(ミックス)』について詳しく知るにはこちら!

【MIX(ミックス)】第1話 感想|投馬と走一郎と音美と

2019.04.06

【MIX(ミックス)】第2話 感想|明星の闇、二階堂の親父

2019.04.13

【MIX(ミックス)】第3話 感想|ダメ監督と堕ちた明青野球部

2019.04.20

【MIX(ミックス)】第5話 感想|試合終了!さよなら二階堂!

2019.05.04

【MIX(ミックス)】第6話 感想|誕生!エース投馬!

2019.05.11

 

公式サイトなど

 

第4話 おすすめ記事