【約束のネバーランド】第4話 感想|内通者は誰だ!

【約束のネバーランド】第4話 感想|内通者は誰……?

アニメ『約束のネバーランド』第4話です。

前回(3話)はこちら↓

【約束のネバーランド】第3話 感想|3人目の仲間レイ、でも敵も増えたりして

2019.01.12

 

 

アニメ『約束のネバーランド』第4話|あらすじ・感想

シーン01

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

── あなたも最近は、いいつけを守って良い子にしているわね

「あなたは保険にすぎないの」

ママはシスターに大人しくしているように告げる。

 

シーン02

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

── あなたは私の駒

「良い子にしていたら、あなたをママにしてあげる」

シスターは何も言えずに部屋に戻った。

AB夫
絶対にそう思っていません。最終的に裏切る人がいいそうなセリフだもん。

 

シーン03

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

エマ達はより本番に、その後の逃走に即した鬼ごっこを行うことに。

そして、ドンとギルダを仲間に引き入れようと考えていた。

 

シーン04

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

── もし二人がママの情報源だったら?

レイに疑問に「問題ない」とノーマンは答える。

情報源のあぶり出しとドンとギルダを引き入れることは同時にできる、とノーマンは考えていた。

「既に網も張った」

 

シーン05

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

隊列を組んで逃げる練習をするエマたち。

練習の成果は上々のようだった。

AB夫
後ろの子どもたち、その他大勢感がめちゃ出てる。適当なキャラデザインするのやめてもらえますー。

 

シーン06

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「チームで鬼ごっこ上手くいきそうだね」

エマがそう言うとレイが聞く。

「フィル、スコアいくつだっけ?」

 

シーン07

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

── 最近の平均は203ちょい

ノーマンも高いねと感心する。

レイは疑っていた、フィルが内通者ではないかと。

 

シーン08

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

それを聞いたエマはフィルを疑うことに抵抗を示す。

「アホ、もっと疑え!」

── 生きるか死ぬかだろ!

レイはエマに檄を飛ばす。

 

シーン09

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ノーマンがレイに発信機はいつ壊せるか聞く。

「10日あれば」

── じゃあ10日後に決行しよう

「脱獄計画は10日後の11月8日だ」

 

シーン10

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ノーマンの決定にレイは反対する。

次の出荷まで約ひと月半。

それだけの猶予はあるとレイは算段する。

 

シーン11

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

── ママは僕らがそう考えるように制御している

「だから、その裏をかくんだ」

発信機を壊し次第、最速で脱獄を決行することをノーマンは提案する。

AB夫
敵の裏の裏をかく、ノーマン将軍の戦略は間違いない!

 

 

 

シーン12

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

エマたちは二人を呼び出し話をする。

── 人身売買

それが二人のために用意した嘘だった。

 

シーン13

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

しかし、ドンは「これ何の遊び?」と言って信じようとしない。

その時、ギルダがドンを諭す。

「ママのことを好きなエマがそんな嘘をつく理由がない」

それに ──

 

シーン14

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ギルダはあの日、門に行って帰ってきたエマとノーマンの様子がおかしいことに気づいていた。

その日以来、何かが起こっていると感じ不安だった。

 

シーン15

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ノーマンは証拠になるかもと言って最近のスコアを取り出す。

「六歳以降、スコアの低い順に里子に出されている」

── 変だろ?

 

シーン16

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「ここから逃げてコニーたちを助けに行こう」

一緒に逃げて───!

エマは二人に強く協力を求めた。

AB夫
もうコニーはいないけどね! 全力で嘘をつくエマ。仕方ないんだよね! つきたくて嘘ついてるんじゃないもんね!

 

シーン17

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ひとまず信じてもらえた、と安堵するノーマンにレイは反発する。

「もし、あいつらがスパイじゃなかったら、この嘘は残酷過ぎる……」

── 真実はいつ、どう言うのか?

 

シーン18

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

その時はその時だ、とノーマンはレイに言う。

「まだ二人がスパイだって線もぬぐえないしね」

そのためにノーマンは罠を仕掛けると言う。

AB夫
このへんのアバウトさも素晴らしいね。時に無理やり進むことが大事なのは、大人ならみんな知ってるよ!

 

シーン19

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ドンとギルダそれぞれに別々の場所を伝え、ダミーのロープを隠しておいた。

「ドンには僕のベッドの裏、ギルダには二階トイレの天井裏」

── 誰が動くか、ママにどう漏れるか、それで辿れる

 

シーン20

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

夜、みんなが寝静まった頃、ギルダが起きて部屋から出ていく。

エマは寝たふりをして、それを見ていた。

AB夫
あーーーーギルダちゃんがスパイだったのか? という分かりやすいトラップ。

 

シーン21

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ママの部屋。

ドアの隙間から一枚の紙が挟まれる。

「そう、ロープがノーマンのベッドにあるの?」

 

 

 

シーン22

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「待ってたわギルダ」

ギルダが向かった部屋、それはシスタークローネのところだった。

エマはシスターの前に立ち、中の様子を伺う。

 

シーン23

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

── 例の件ですよね

「心配して何度も声をかけてくださって、ありがとうございました」

もう大丈夫だからほっといてください ──

それだけ言うと、ギルダは部屋を出ていこうとする。

 

シーン24

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

── エマが全て話してくれたのね?

「ギルダ、あなた全部知ってしまったのね? あなただけ見逃してあげるから仲良くしましょうよ」

シスターの甘い言葉にギルダは心が揺れる、しかし ──

AB夫
どこかのアニメに負けないぐらいの顔芸を見せてくれるのね。ただ顔芸担当はシスターだけだけど。

 

シーン25

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「やめてください!」

ギルダはシスターの手を払い除け、毅然と言い放った。

 

シーン26

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ギルダが部屋を出ようとした時、シスターがギルダの耳元囁く。

「エマが嘘つきだと思ったら、私のところに来なさい」

── え?

ギルダの表情がこわばった。

 

シーン27

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

部屋に戻ったギルダをエマが迎える。

「よかったギルダ……」

疑ってごめんね ──

エマはギルダを抱きしめた。

AB夫
安定のフラグ回収。ギルダが白だったのは既定路線。

 

シーン28

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

昨夜のことでギルダは潔白だと断定したノーマン。

「内通者はなぜ内通するんだろう?」

彼は疑問に思っていることをレイに話す。

 

シーン29

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

それはメリットがあるから、たとえば命の保証。

二人はそう結論付ける。

 

シーン30

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

夜、ノーマンはエマにスパイを連れて逃げるかどうかを尋ねる。

「連れて行く」

── だって私たちが逃げたら、その子の命が保証されるとは限らない

エマの答えを聞いたノーマンは、すっきりとした笑顔を見せた。

 

シーン31

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ロープを確認するノーマン。

「無い……」

ノーマンのベッドの下に隠したロープが無くなっていた。

 

シーン32

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「じゃあドンで決まりだな」

レイがそう断定すると ──

 

シーン33

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「内通者は君だったんだね、レイ」

AB夫
ということで、レイがスパイだったとわかったところで第4話はおしまいです。まさか超身内がスパイだと断定したノーマン。これが間違いだったら面白んですが……。次回が楽しみです。

 

 

 

 

 

アニメ『約束のネバーランド』について詳しく知るにはこちら!

【約束のネバーランド】第1話 感想|エマとノーマンが見た真実

2019.01.10

【約束のネバーランド】第2話 感想|ママにバレてる、バレてない、どっちだ!

2019.01.11

【約束のネバーランド】第3話 感想|3人目の仲間レイ、でも敵も増えたりして

2019.01.12

【約束のネバーランド】第5話 感想|レイは脱走の切り札

2019.02.07

【約束のネバーランド】第6話 感想|ドンの男泣き

2019.02.14

【約束のネバーランド】第7話 感想|共闘、本当、シスター

2019.02.22

【約束のネバーランド】第8話 感想|さよならクローネ

2019.03.01

【約束のネバーランド】第9話 感想|壁の向こうは絶望なの

2019.03.08

【約束のネバーランド】第10話 感想|ノーマンいないと、まとまらね~

2019.03.15

【約束のネバーランド】第11話 感想|大脱走劇が始まる

2019.03.22

【約束のネバーランド】第12話 感想|最終回、大脱走劇の結末

2019.03.29

 

公式サイトなど

 

無料マンガはこちら