【約束のネバーランド】第5話 感想|レイは脱走の切り札

【約束のネバーランド】第5話 感想|レイは脱走の切り札?

アニメ『約束のネバーランド』第5話です。

前回(4話)はこちら↓

【約束のネバーランド】第4話 感想|内通者は誰だ!

2019.01.13

 

 

アニメ『約束のネバーランド』第5話|あらすじ・感想

シーン01

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

── もう分かっているでしょ?

「罠を仕掛けた相手は三人」

AB夫
ノーマンは大分と前からレイを疑ってたぽいね。こうなると本当に怖いのはレイよりもノーマンじゃね? とか思ったりして。

 

シーン02

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「ドンには僕のベッドの裏、ギルダには二階トイレの天井裏」とエマとレイの前では話した。

しかし実際は、ドンに食堂、ギルダに図書館と伝えていた。

四ヶ所隠して無くなったのはノーマンのベッドの裏だけ ──

 

シーン03

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「上手くやってたと思ったのに」

── そうだ、俺がママのスパイだ

 

シーン04

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ノーマンたちはレイが内通者なら一番困る。

逆に敵から見ればレイが内通者であることが一番いい。

レイなら作戦にまで口を出せて、事態制御の面から見ても完璧だ。

── これ以上ない適任者だ

AB夫
アニメ(漫画)だとしても、こんなに洞察力と類推力の高い12歳がいるとか、どうなん? って思うわけで。

 

シーン05

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

さらに、レイは今回限りの即席内通者ではない、とノーマンは考えた。

「突然の密告や即席のスパイを、ママがここまで信用するわけがない」

── レイはいつからママのスパイだったの?

 

シーン06

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「ずっと前からママの手下だった」

レイはママが子どもたちを統制する上で、望む方向に内から誘導する装置。

── 羊飼いにおける牧羊犬さ

AB夫
急に悪い顔になったな! あ、いや、もともと良い顔してないか。

 

シーン07

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ノーマンは、レイには今までどおり側にいてもらうと言って3つの要望を突きつける。

①今までどおりそばにいて、ノーマンたちの安全を保証すること

②レイが持っている全情報の開示

③寝返ってくれ

── 今度は僕のスパイになってよ

 

シーン08

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「馬鹿かお前! 最初からそれが目的なら黙って俺を利用すべきだ。有無を言わせず利用して、いざ決行で切り捨てる。」

── そっちほうが確実だろ

 

シーン09

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

そうなんだけど ──

「一緒に育った仲間だもん、私はその子を信じたい」

エマが連れて行くと言った。

 

シーン10

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「僕もレイを信じたい、敵である前に友だちだって」

そしてノーマンはリトルバニーのことを聞く。

「リトルバニーを隠したのは君だろ」

── レイがこの脱獄を仕掛た

 

シーン11

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

レイはノーマンたちが自ら真実にたどり着くように仕向けた。

このハウスの絶対秘密の真実に。

そしてレイはノーマンたちを制御していた、でも ──

 

シーン12

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「同時にママをも制御してくれていたんじゃないの?」

やっぱりレイは敵ではないと思いたいノーマン。

AB夫
実際そうなんだよね。全部をコントロールしてたんだよね。それは何故か? というところは謎のまま……。

 

 

 

シーン13

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

レイは自らママの犬になることを志願した。

それは脱獄の準備をするため。

敵を知るにも物を集めるにも、敵の懐が一番合理的、だから自分を売った、とレイは言う。

 

シーン14

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

レイからママに出した要求は2つ。

①協力するから即出荷はしない

②結果を出したら報酬をくれ

 

シーン15

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

その報酬でレイは様々なものを手に入れていた。

それは外の世界を探るため。

そして発信機の現物も見ている、とレイは言う。

実験を重ね何年もかけて壊し方を突き止めた。

 

シーン16

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「断言する、発信機は確実に無効化できる」

ママを内側から刺せるポジションにいて、発信機を無効化する手段、そして脱獄に必要な多くの情報を持っている。

── 俺は最強のカードだ

AB夫
だから悪い顔だな!

 

シーン17

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

レイは条件次第で味方になると言う。

その条件とはエマを騙すこと。

全員連れて逃げるというエマの言葉をなしにすること。

 

シーン18

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「わかった」

嘘でもいいから一旦は条件を飲もう。

ノーマンはそう考えた。

AB夫
苦渋の決断。……って大人か!

 

シーン19

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

レイはママと待ち合わせていた。

「エマたちに特に変わりはない。それよりもクローネに注意したほうがいい」

── 余計な動きをしているから。

 

シーン20

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

レイはママに報酬の話をする。

今、何かを取り寄せてもらっているようだ。

「もちろんよ、取引だもの」ママは言った。

 

シーン21

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ノーマンは脱走する夢を見ていた。

必死で走るノーマンが振り返ると、全員死んでいた。

胸に真っ赤な花を刺されて。

 

シーン22

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「だから言ったのに」とレイが責める。

ノーマンが足元で倒れているエマを抱きか抱えると、後ろから鬼が牙を剥く。

そこでノーマンは目を覚ました。

 

シーン23

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ノーマンたちは脱出の計画を話していた。

そこで内通者の話になったとき、レイが自分で白状する。

「俺がママの内通者です」

 

シーン24

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「お前かよ!」

エマは思わず突っ込んでしまう。

 

シーン25

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「つまり内通者って言っても敵じゃないってこと?」

レイは裏で色々と働いていてくれた ──

ノーマンの説明を聞いて安心するエマ。

 

シーン26

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

しかし、エマは一つ引っかかったことがあった。

「発信機の実験って誰かの耳で試したの?」

── 私たちのために誰かを犠牲にしてないよね?

エマは怒りを抑えてレイに告げる。

「そういう線引は二度としないでね」と。

AB夫
あれ、エマってそんなに目が離れてたっけ? あ、怒ると目が離れるタイプの人か!

 

 

 

シーン27

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ハウスに戻ったら二人に報告がある、と言うエマ。

「ママは毎晩、八時前に消える」

── このハウスには私たちの知らない秘密の部屋がある

 

シーン28

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ハウスにある秘密の部屋はママの寝室の隣。

ママの寝室から洗面所とトイレ、そして書斎と続く部屋。

エマが歩幅を使って距離を測ったところ、エマの足で10個分くらいのスペースがある計算になった。

 

シーン29

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

秘密の部屋は、定時連絡のための部屋だと推測するレイ。

ドンはその部屋に入ってみようと提案するが、リスクが大きすぎると言ってレイが反対する。

「そこまでするメリットは無い。リスクのほうがでかい」

レイはそう結論づけた。

 

シーン30

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ドンは夕飯の準備に向かうはずがママの部屋の前に来る。

「本当のママを知りたいんだ」

ドンの想いを聞いたギルダは一緒に入ることを決意する。

AB夫
ああ、サブキャラはすぐに余計なことして手間を増やすー。

 

シーン31

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ママがいなことを確認した二人は部屋に入っていく。

ドンは部屋中を探すがどこにも隠し扉は見つからない。

「もしかして……」

ギルダが本棚をスライドさせると、裏から扉が現れる。

 

シーン32

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「行こう」と言ってドアを回すが鍵が掛かっていて入れない。

すると部屋のドアを誰かが開けようとする ──

AB夫
ということで、ドンとギルダがママの部屋に侵入しようとしたところで第5話はおしまいです。レイのスパイ告白に驚いたエマたちでしたが、それでも脱獄に向けて前進することとなりました。次回が楽しみです。

 

 

 

 

 

アニメ『約束のネバーランド』について詳しく知るにはこちら!

【約束のネバーランド】第1話 感想|エマとノーマンが見た真実

2019.01.10

【約束のネバーランド】第2話 感想|ママにバレてる、バレてない、どっちだ!

2019.01.11

【約束のネバーランド】第3話 感想|3人目の仲間レイ、でも敵も増えたりして

2019.01.12

【約束のネバーランド】第4話 感想|内通者は誰だ!

2019.01.13

【約束のネバーランド】第6話 感想|ドンの男泣き

2019.02.14

【約束のネバーランド】第7話 感想|共闘、本当、シスター

2019.02.22

【約束のネバーランド】第8話 感想|さよならクローネ

2019.03.01

【約束のネバーランド】第9話 感想|壁の向こうは絶望なの

2019.03.08

【約束のネバーランド】第10話 感想|ノーマンいないと、まとまらね~

2019.03.15

【約束のネバーランド】第11話 感想|大脱走劇が始まる

2019.03.22

【約束のネバーランド】第12話 感想|最終回、大脱走劇の結末

2019.03.29

 

公式サイトなど

 

無料マンガはこちら