【約束のネバーランド】第6話 感想|ドンの男泣き

【約束のネバーランド】第6話 感想|ドンの男泣き

アニメ『約束のネバーランド』第6話です。

前回(5話)はこちら↓

【約束のネバーランド】第5話 感想|レイは脱走の切り札

2019.02.07

 

 

アニメ『約束のネバーランド』第6話|あらすじ・感想

シーン01

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ママの部屋のドアが開こうとしている。

── ヤバイ、ママにバレる。

ドンとギルダがそう思った時、中に入ってきたのはフィルだった。

 

シーン02

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ドンとギルダが夕飯の準備で抜けたあと、残った三人は脱獄した後の話をする。

この脱獄は「脱獄、逃走、自立」の3つの段階がある。

次は第二段階「逃走」。

外の下見を行い農園周辺の情報を得る。

 

シーン03

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「明日以降、早いうちに調べよう」

三人の意見はまとまった。

すると、エマが紹介したい人がいると申し出る。

 

シーン04

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「ごめんママ!」

ドンはママとぶつかった時に鍵をすっていた。

── マスターキー

「入ってみようぜ、ママの秘密部屋」

AB夫
古典的な方法で掏るのね。この段階で怪しまれてるんじゃない?

 

シーン05

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

場所を図書室に移し、エマが取り出したのは一冊の本。

そこにはフクロウの絵が入ったハンコが押してあった。

 

シーン06

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

── ウィリアム・ミネルヴァ

彼がどこにいるのか、生きているのかも分からない。

しかしエマは「味方かもしれない人」と言う。

ウィリアムは何冊もの本の中にメッセージを隠している。

 

シーン07

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「ウィリアム・ミネルヴァ……」

彼が送ってきた本には全てフクロウの印がある。

その印に描かれている円はモールス符号になっていた。

AB夫
エマたちが分かったことを、なぜママが分からなかったのか? という疑問は横に置いときましょう。

 

シーン08

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

一方、ママの部屋に侵入したドンとギルダは地下室を発見する。

 

シーン09

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

── 逃げろ、疑え、危険、真実

しかし、これだけでは自分たちに宛てたものだと限らない、とノーマンは考える。

 

シーン10

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「じゃあこれは?」

エマが見せた符号にはこう書かれていた。

── 収穫、怪物、農園

 

シーン11

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

レイはこのメッセージを信じてもいいと言う。

しかし、ミネルヴァが生きているのかは不確かだ。

レイはミネルヴァの生死を疑うが、ノーマンは可能性にかけてみようとする。

 

 

 

シーン12

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ドンとギルダは地下室で、今までハウスを去っていった子どもたちの持ち物を発見する。

AB夫
ああ! リトルバニー! こんにちは。ところでコニーはどこですか?

 

シーン13

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

たくさんの本にミネルヴァの印があるが、その中で二冊にだけモールスの意味が分からないものがあった。

モールスがないマークと ──

「約束……?」

 

シーン14

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ギルダは確信する、ママがずっと嘘をついていたことを。

恐怖に足がすくんだドンは壁にぶつかる。

その時、本棚の後ろから通信機が現れた。

 

シーン15

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

エマはこの二冊が特別だと断言する。

── 私たちにとってなにか大切な道標になるような気がする

しかし根拠はなく、あくまでエマの勘だった。

AB夫
その勘が当たることになろうとは……ってことでしょどうせ。

 

シーン16

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「でも変じゃね?」

── エマとノーマンはどうして相手が悪い人だと分かったのか

「あいつらの話も事実なのかな?」

── ママはもっとヤバくてコニーたちはもう……

その時、上の部屋で足音がして声が聞こえる。

AB夫
さすがは年長者のドン。良いところに気が付きましたね。

 

シーン17

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

食堂にやってきたエマたち三人は、ドンとギルダがいないことに気づく。

── まさか?

 

シーン18

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ママは隣の部屋から物音がして調べに行こうとする。

その時、扉が開きエルゲンが入ってきた。

「ママこれ落ちてた」

そう言ってエルゲンは鍵を渡す。

 

シーン19

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

食堂で待っていたエマたちの前にドンとギルダがやって来る。

「どこに行ってた?」

レイは厳しい表情で詰め寄る。

 

シーン20

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

食事の後、ドンは秘密の部屋に行ってきたことを話す。

それを聞いたレイはバカなことをしてくれた、と二人を責めた。

── もしママやシスターにバレたら俺たち全員……

AB夫
この子たち、結構やばい話を食堂でしてるんだけど、大丈夫なのかな? 見つかっても知りませんよ。

 

シーン21

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「どうなるか言ってみろよ」

── 殺されるか?

ドンはエマたちが隠していたことを問い詰める。

「何を隠してる、全部話せよ」

 

シーン22

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

鬼……農園……。

すべてを知った二人は呆然とする。

そして、ドンはレイとノーマンを殴り倒す。

それは悔しくて惨めだったから。

「お荷物」

そう思われていることに耐えられなかったから。

AB夫
実際お荷物だからなあ。仕方ないんじゃない? とは口が裂けても言えません。

 

シーン23

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「俺たちは家族だろ、兄弟だろ」

── 少しは信じてほしいんだよ……

AB夫
力つけてから言え! とは口が裂けても言えません。

 

シーン24

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

嘘をつかせた、何もしてやれなかった……

無知で無力な俺が、本当に雑魚なのが悔しい……

ドンはギルダに背を向けて泣き続けた。

AB夫
ここはみんなで泣くところ、ってことでいいですか?

 

シーン25

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

エマ、ノーマン、レイはドンとギルダに嘘をついたことを謝る。

── もう嘘は無し、あらためて聞かせて

「それでも一緒に逃げてくれる?」

エマは二人に問う。

 

シーン26

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「当たり前だろ」

二人の気持ちに変わりは無かった。

AB夫
立ち直るの早いな。そういうとこだぞ、信用されないのは。

 

 

 

シーン27

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

朝、洗濯物を干しながらエマとノーマンは脱獄の計画を考えていた。

決行まで一週間、準備も順調、あとはどうやって全員を連れ出すか。

するとエマが声をかけてきた。

 

シーン28

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

「私なりに考えたんだ、全員を連れ出す方法」

エマの考えた作戦は無茶だが、これしかないとノーマンも納得する。

 

シーン29

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ハウスの戻ったノーマンはレイのベッドの下を調べる。

「お前ら二人を殺させないため」

そこに隠してあったものを見てノーマンは、いつかレイが言った言葉の意味を理解する。

AB夫
何を見つけたのかは内緒だけど、レイの考えてることはわかったノーマン。結局レイは良い人だったってことでオケ?

 

シーン30

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ドンがノーマンに言われて取ってきたのは洗剤と除草剤。

「下見の時に役立つ」

そうノーマンは言うのだが、ドンはこれをどう使うのか検討がつかない。

 

シーン31

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ギルダは下見の時、発信機はどうするのか気になっていた。

それは ──

「確認させなければいい」

ママとシスターが確実にコンパクトを見ない状況を作り出し、その間に下見を済ませる算段だった。

 

シーン32

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

ママはレイが偽の情報を流し、足止めをすることになっていた。

「ノーマンがママを殺そうとしている」

── そのために金槌や洗剤、除草剤を集めている

だから薬剤の中身を入れ替える必要がある、と言ってレイはママに明日その対処をさせることに成功する。

 

シーン33

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

── 他になにか気になることでも?

レイがそう聞くと、ママはレイに教えてくれた。

「来月の定例出荷はない」

 

シーン34

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

── じゃあ次は

「1月、俺の十二歳の誕生日、次の出荷はいよいよ俺か」

AB夫
あ、マジー!? 余裕有りげだけど、これってそれまでに逃げちゃうぞってのが前提の余裕だよね。

 

シーン35

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

森の奥に入っていくエマたち四人。

ギルダの「シスターはどうするの?」という問いに、ノーマンは「考えてある」と答える。

── ピースはそろった。誰一人諦めない。死なせもしない。必ず成功させる!

 

シーン36

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

その時、木陰からシスターが現れる。

「見たわよ。食堂での会話、全部聞いたわ」

 

シーン37

出典:©白井カイウ・出水ぽすか/集英社・約束のネバーランド製作委員会

── バレた! おわり? 死?

そう思った時……

「私と組まない?」

シスターはエマたちに共闘を申し出る。

AB夫
ということで、第6話はシスターが「全部聞いたぞ」とか言ってきたところでおしまいです。ね、聞かれてたでしょ。だから言ったのに、大事な話はお部屋でしなさいって。はあ……。次回が楽しみです。

 

 

 

 

 

アニメ『約束のネバーランド』について詳しく知るにはこちら!

【約束のネバーランド】第1話 感想|エマとノーマンが見た真実

2019.01.10

【約束のネバーランド】第2話 感想|ママにバレてる、バレてない、どっちだ!

2019.01.11

【約束のネバーランド】第3話 感想|3人目の仲間レイ、でも敵も増えたりして

2019.01.12

【約束のネバーランド】第4話 感想|内通者は誰だ!

2019.01.13

【約束のネバーランド】第5話 感想|レイは脱走の切り札

2019.02.07

【約束のネバーランド】第7話 感想|共闘、本当、シスター

2019.02.22

【約束のネバーランド】第8話 感想|さよならクローネ

2019.03.01

【約束のネバーランド】第9話 感想|壁の向こうは絶望なの

2019.03.08

【約束のネバーランド】第10話 感想|ノーマンいないと、まとまらね~

2019.03.15

【約束のネバーランド】第11話 感想|大脱走劇が始まる

2019.03.22

【約束のネバーランド】第12話 感想|最終回、大脱走劇の結末

2019.03.29

 

公式サイトなど

 

無料マンガはこちら