【真夜中のオカルト公務員】第4話 感想|鬼王権現と飲み比べ勝負だ!

【真夜中のオカルト公務員】第4話 感想|鬼王権現と飲み比べ勝負だ!

アニメ『真夜中のオカルト公務員』第4話です。

前回(3話)はこちら↓

【真夜中のオカルト公務員】第3話 感想|琥珀、コヨーテ、神様ーー!

2019.04.22

 

 

アニメ『真夜中のオカルト公務員』第4話|あらすじ・感想

シーン01

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

目覚まし時計が鳴って新が目覚めた時、宙に浮いている琥珀が挨拶をした。

琥珀は現代の人と同じような格好をして、新の家に居座っている。

 

シーン02

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

「なあ晴明って、どんなやつだった?」

新は琥珀に聞く。

琥珀は昔、晴明に地球が丸いことを教えた。

晴明は驚き、もっと話を聞かせてくれと興味を持ったそうだ。

 

シーン03

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

「おはよう」

仙田は出勤するとすぐに、京一とセオにアレを提出するように言う。

アレとは新宿区春季特殊事案定点観測の事。

言われた京一とセオは外回りに出発する。

 

シーン04

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

新たちがやってきたのは新宿歌舞伎町。

ここに定住しているアナザー6体を観測し、問題ないかレポートするのが今日の仕事だった。

 

シーン05

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

新たちはまず、第二号の様子を見に来た。

そこにいたのは酒を呑むだけの猿のアナザー。

彼らは新に酒を薦めるが京一がそれを取り上げる。

「酒飲ませるのが捕食の前提行動の可能性もある」

新はビビって真っ青になった。

 

 

 

シーン06

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

途中、新たちは交番に寄った。

そこで羽黒という警察官から、アナザーの居場所を教えてもらう。

羽黒はアナザーが見えるそうだ。

 

シーン07

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

新はビルに入って階段を上がる。

「宮古、入れ」

新が部屋を懐中電灯で照らしながら進むと、目の前に裸で小豆を洗うアナザーがいた。

「うわーーーー!」

驚いた新は走ってビルから逃げ出した。

 

シーン08

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

新はリストにあった一号のことを聞く。

戦前は主みたいなアナザーが戦前にはいた、とセオは話す。

 

シーン09

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

パトロール中、羽黒は神社にアナザーの姿を見つける。

羽黒が改めて確認した時、アナザーが目の前に立っていた。

「羽黒さん……?」

同僚が後ろを振り返ると、羽黒の姿が消えていた。

 

シーン10

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

次々とアナザーの様子を確認していく新たち。

新は野良犬のように残飯を漁るアナザーを見つける。

「ハイエナだよ」

それは戦後、進駐軍と共にやって来て、ここに住み着いた。

 

シーン11

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

「やっかいなことになるかな、気をつけなよ、後ろ」

ハイエナに言われた新たちが振り返ると、巨大なアナザーが警察官を引きずっていた。

その警官とは羽黒だった。

 

シーン12

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

アナザーを追っていくと、新たちは神社に着いた。

セオはこのアナザーが、消えていた第一号のアナザーだと発見する。

三人が身を隠して対策を考えていると、妖精がアナザーに告げ口をしてバレてしまう。

 

シーン13

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

アナザーの名前は鬼王権現。

つまり、この神社の神様だった。

 

 

 

シーン14

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

新は鬼王権現に羽黒を返してほしいとお願いする。

鬼王権現は羽黒に酒の相手をしてもらうつもりだった。

「百年ほどな」

聞いた新は、羽黒を返してあげてくれと頼んだ。

 

シーン15

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

怒った鬼王権現に、琥珀が飲み会で勝負しようと提案する。

「この三人と飲み比べなんてどうかな?」

琥珀の提案で、新たち三人が鬼王権現に飲み勝てば羽黒を返してもらえることになった。

 

シーン16

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

鬼王権現、京一、セオ、新は次々に升を空けていく。

しかし、鬼王権現のペースは圧倒的だった。

その時、セオが倒れる。

京一は仙田に相談して増援を呼んでもらうよう、新に伝える。

 

シーン17

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

京一は一人で飲み続ける。

その頃、新は同じところから出られなかった。

走り続ける新は足がもつれて倒れてしまう。

すると目の前を猿のアナザーたちが歩いていた。

「砂の耳やないか、ええ匂いさせとるのー」

 

シーン18

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

京一はもう限界に達していた。

酒を口に運ぼうとした時、戻しそうになって口を押さえて走っていく。

そこに猿のアナザーたちがやって来た。

「呼んでくれはったらよろしいのに、水臭いなあ!」

猿のアナザーたちは鬼王権現が怒るのも無視して、勝手に酒を飲み始めた。

 

シーン19

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

猿のアナザーと鬼王権現は、わけも分からず酒を飲み大騒ぎを始める。

新と京一はそのすきに、羽黒とセオを背負って脱出した。

 

シーン20

出典:©2019 たもつ葉子/KADOKAWA/「真夜中のオカルト公務員」製作委員会

その様子を見たハイエナは呟く。

「なあ、やっかいだったろう」

ハイエナは鼻で笑って去っていった。

 

 

 

 

 

 

アニメ『真夜中のオカルト公務員』について詳しく知るにはこちら!

【真夜中のオカルト公務員】第1話 感想|安倍ちゃんの親戚ってことですよ

2019.04.08

【真夜中のオカルト公務員】第2話 感想|ややこいアナザーは鬼車に乗ってやってくる

2019.04.15

【真夜中のオカルト公務員】第3話 感想|琥珀、コヨーテ、神様ーー!

2019.04.22

【真夜中のオカルト公務員】第5話 感想|パンドーラの箱は開けたらあかんで!

2019.05.06

【真夜中のオカルト公務員】第6話 感想|これが京一の喪失感の正体だ!

2019.05.12

 

公式サイトなど

 

無料マンガはこちら