【リヴィジョンズ】第5話 感想|リーダーは俺だ!いや誰でもいいわ!

【リヴィジョンズ】第5話 感想|リーダーは俺だ!いや誰でもいいわ!

アニメ『リヴィジョンズ』第5話です。

前回(5話)はこちら↓

【リヴィジョンズ】第4話 感想|甘いよ牟田さん、リヴィジョンズの言うこと信じちゃダメ!

2019.01.14

 

 

アニメ『リヴィジョンズ』第5話|あらすじ

シーン01

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

5・4・3・2・1、ゼロ!

電源ユニットにスイッチが入り、渋谷の町に光が灯る。

AB夫
渋谷でカウントダウンとか事件臭しかしないんだけど。

 

シーン02

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「電力を提供してくれた渋谷ディフェンスサービスに拍手!」

泉海巡査長の掛け声で、大きな拍手が巻きおこった。

AB夫
今日も泉海ちゃんは笑顔がステキです。

 

シーン04

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「命中だ」

まりまりはストリングパペットに載って射撃の訓練をしていた。

 

シーン05

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「やったー! ここ三週間、休み無しで訓練ばっかりだったから」

すると、泉海巡査長が明日、女子チームはお休みと言ってご褒美をくれた。

 

シーン06

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

SDSのの前でサインをせがむ少女。

警備にあたる警察官が断ると、そこに大介が現れ「いいですよ」と言って色紙を受け取る。

 

シーン07

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

浮かれる大介に呆れるガイ。

しかし、大介は「ここはまるで秘密基地だ」と嬉しそうに話す。

AB夫
ガイは真面目すぎるんだよね。最初は頼れるなあとか思ったんでけど、ちょっと最近うざくなってきてる。ちょっとぐらいはめ外せや!

 

シーン08

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

遊びじゃないんだ──

「捕まった人たちのことはどう思ってるんだ」

思わずそういったガイだったが、慶作と大介の家族も捕まっていた事を思い出した。

AB夫
で、地雷踏んだらすぐに落ち込んで謝るとか、じゃあ偉そうにすなや!

 

シーン09

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

悪い、言い過ぎた──

「いいよ」と言って大介がサイン色紙を差し出した。

 

シーン10

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

翌日、パトロールに出発した大介と慶作は、テンションが高くじゃれ合っていた。

「ヒーローならば品行方正に。SDSは紳士淑女たれ!」

そんな2人を泉海巡査長がたしなめる。

AB夫
この2人の緊張感のなさがリアル高校生。

 

シーン11

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

渋谷区役所で今後の対策を検討している黒岩。

喫緊の課題は食糧問題だった。

「援助を頼んでみては?」

その提案に黒岩は考え込む。

AB夫
大介と慶作のバカ二人の後に黒岩さんが出てくると、やっぱ大人って偉いんだなと感じる。だって、ちゃんとしてるからね。

 

シーン12

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ポイントに立ち、見張りをする大介と慶作。

嬉しそうに話す大介。

「今はみんなを守ってる実感がある」

それが嬉しい──

AB夫
大介の存在意義は、もはやそれしか無くなってる。ある意味危ういっちゃあ危ういよね。この件が片付いたら、彼は燃え尽き症候群とかになるんじゃない。

 

シーン13

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

あのときの事を思い出す2人。

慶作はまりまりと2人だけで祭りに行きたくて大介に嘘をついた。

最低だな──

 

シーン14

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

するとガイから提示報告の催促が。

「何だミロはそっちにいたのか、そっちが良かったな」

大介のその態度に違和感を感じるミロ。

そして、ガイもきつく釘を挿しておこうと大介の態度を叱りつける。

 

シーン15

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「大介、俺たちをお前の過去の呪縛に巻き込むな!」

高2にもなって中二病をこじらせるな──!

それを聞いた大介は言い返しガイに向かって銃を向けるが、慶作が間に入って事なきを得る。

 

 

 

シーン16

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

牢屋に入った牟田と話す黒岩。

食糧問題をリヴィジョンズならなんとかできるのか、もしくはアーヴなら──?

その問いかけに牟田は「知らない」と泣きながら答えた。

AB夫
全く役に立たない牟田。でも、こういうの放って置くと、また悪さするから一生この中で暮らして欲しい。

 

シーン17

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「俺は渋谷の人々を全員2017年に戻す、絶対に」

黒岩は牟田に言い放ち、その場を後にした。

AB夫
強い意志を見せる黒岩さん。男が惚れる男って感じで、マジ惚れる!

 

シーン18

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「気持ちいいーーーーー!」

ルウとまりまり、泉海巡査長がお風呂に入っていた。

AB夫
謎のお色気シーン。まりまりが意外と巨乳だと判明。ロリ巨乳を放り込んでくるとか親切すぎんだろ!

 

シーン19

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「結構大きいねえ」

ルウはまりまりの胸を見てニヤニヤしていた。

 

シーン20

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ガイは黒岩に捜索隊の設立を提案しに来ていた。

しかし、黒岩は何色を示す。その理由は大介。

黒岩は大介はリーダーの器ではないと考えていた。

 

シーン21

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

リーダーは君だ──

黒岩はガイをリーダーに指名する。

そして、その後の定例会にも出席するように言った。

AB夫
あー、これ大介が絶対怒るやつーーーー。

 

シーン22

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ミロって何歳なんだろう?

そんな話をしていると、まりまりは今日が大介の誕生日なのを思い出す。

AB夫
若い二人もいいけど、お姉さんの泉海さんも良い。2人より年上に見えるから作画ってスゴイ。

 

シーン23

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「まりまりはさあ、昔、大介のすきだったでしょ」

ルウのつっこみに、まりまりはしどろもどろになりながら答えをはぐらかした。

 

 

 

シーン24

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

定例会議ではキューブの電力供給について話しあわれていた。

残量は一ヶ月ほど──

アレには限界があるので、使用は限定的にしなければならない。

 

シーン25

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

そこに泉海巡査長が遅れてやって来て、大介の誕生日会について提案する。

この場でする話か──?

黒岩はあきれるが、職員の一人が何とかしようと受け入れてくれた。

AB夫
あれ、泉海ちゃん天然だったの?

 

シーン26

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

すると、警報が鳴る。

シビリアンが出現し、ガイ、大介、慶作が出動する。

 

シーン27

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

大介の誕生日の準備をするまりまりとルウ。

ルウはメッセージを書いた色紙を用意し、まりまりはホテルの人が作ってくれたケーキを取り出す。

 

シーン28

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

シビリアンを戦う大介と慶作は、ガイや泉海巡査長の命令に従わず好き勝手動いている。

「リーダーは俺だぞ、従え!」

大介はガイの言葉が信じられなかった。

AB夫
こいつが従うわけがないっつーの。こりゃあ帰ったらもめるぞ……

 

シーン29

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

戦闘を見ていたミロはため息をつく。

すると目の前に2017年の渋谷の町が浮かび上がる。

「この時空のゆらぎ……」

 

シーン30

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

──やはり、後数日で2つの時代の交差が解ける。

カオス理論とリヴィジョンズの量子脳のせめぎあいの影響か──?

 

シーン31

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

その時──

「さすがアーヴのエージェント。この姿で殺すのは叶わぬようだ」

現れたのはチハル。

AB夫
この姿で来てくれてありがとうございます! バニーのような動物エロコスとか感謝しかないです。

 

シーン32

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

人類の破滅を食い止めることは、リヴィジョンズとってもアーヴにとっても喫緊の課題。

渋谷転送は最善の手段のはず──

 

シーン33

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

しかし、ミロはアーヴの未来予測がリヴィジョンズの計画の失敗と破滅を示していると伝える。

それを確定させることが人類を最良の未来へ導く策だ──

AB夫
確定させることが……ってことはまだ確定してないってことだよね。じゃあ、どうやって確定することができるのか?

 

シーン34

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「アーヴは無慈悲だな、我々は同じ人類なのに」

病を発症し、あのような姿になったリヴィジョンズは滅んでもいいのか──?

2人の話をミロを呼びに来たまりまりが聞いていた。

 

シーン35

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

一億を殺したお前たちがそれを言うのか──

「醜く膨張した体を繋ぎ止めるため機械と融合した姿を選んだバケモノだ!」

 

シーン36

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「我々はバケモノではない」

シビリアンたちも人間だ──

その時、ミロの銃撃がチハルの額を撃ち抜いた。

 

シーン37

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「人間、あのバケモンが?」

私達、人を殺していたの──?

まりまりは走ってその場から逃げ出した。

 

シーン38

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

みんな聞いて──

まりまりがルウの元に戻るとガイと大介がもめていた。

「なんでお前がリーダーなんだよ!」

AB夫
はい、揉めてるーーーー! もう正直、誰がリーダーでもええわ。お前がリーダーでもええわ。窓際リーダーやっとけや。

 

シーン39

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「どっちだっていいじゃない!リーダーなんて……」

まりまりは泣き崩れてしまう。

 

シーン40

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

そこにやってきたミロ。

「愚かだ。お前たちが未来予測にあるパペットマスターだというのは本当なのか」

人類の未来を背負った人間なのか──?

 

 

 

 

アニメ『リヴィジョンズ』について詳しく知るにはこちら!

【リヴィジョンズ】第1話 感想|大介の妄想はミロとの再会で真実となる

2018.12.19

【リヴィジョンズ】第2話 感想|大介の運命が肯定された日

2019.01.11

【リヴィジョンズ】第3話 感想|ストリングパペット2体追加でーーす!

2019.01.12

【リヴィジョンズ】第4話 感想|甘いよ牟田さん、リヴィジョンズの言うこと信じちゃダメ!

2019.01.14

【リヴィジョンズ】第6話 感想|大介、謎の敵に全否定される

2019.01.20

【リヴィジョンズ】第7話 感想|説教されても響かない主人公ってスゴい!

2019.01.28

【リヴィジョンズ】第8話 感想|ネフィリムとは何だ

2019.02.10

【リヴィジョンズ】第9話 感想|さらば黒岩署長!

2019.02.26

【リヴィジョンズ】第10話 感想|ムキューによる最終決戦

2019.03.01

【リヴィジョンズ】第11話 感想|これが本当の最終決戦!

2019.03.04

【リヴィジョンズ】第12話 感想|渋谷生還、そしてその後

2019.03.05

 

公式サイトなど