【リヴィジョンズ】第10話 感想|ムキューによる最終決戦

【リヴィジョンズ】第10話 感想|ムキューによる最終決戦

今回ご紹介するのは、アニメ『リヴィジョンズ』第10話です。

前回(9話)はこちら↓

【リヴィジョンズ】第9話 感想|さらば黒岩署長!

2019.02.26

 

 

アニメ『リヴィジョンズ』第10話|あらすじ・感想

シーン01

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

泉海巡査長に無線が入る。

渋谷のスクランブル交差点に現れたリヴィジョンズが、今から数時間後に無差別捕獲を開始すると宣言した。

泉海はS.D.S.のメンバーとそちらに向かうと答える。

 

シーン02

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

教室に入ってきたミロは、亡くなった黒岩を見て悲しい顔をする。

ミロは近々、時間跳躍をすることを告げる。

「そんな……」

大介は力なくつぶやいた。

 

シーン03

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「私は2010年で、お前たちを救わなければならない」

しかし、大介は納得がいかない。

「俺たちをおいていくのかよ!」

絶望に満ちた顔で大介はミロの肩を掴む。

 

シーン04

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ミロは大介を助けに行く、それは分かってる。

「分かってる、けど……」

大介は力なく肩を落とす。

 

シーン05

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

シビリアンを討つためにパペットを起動させようとするが、電力がほとんど残っていなかった。

「戦闘行動を伴うと考えると可動は半日が限界」

ミロの予測を聞いて大介は捨て鉢になり、ミロを責める。

 

シーン06

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「ここで分かれるのはつらい、しかしこれが運命なんだ」

大介はミロの言い分に「上からの命令に従っているだけだろ」と言って噛み付く。

── 慶作も黒岩もいない、その上ミロまでいなくなったら

大介は泣き出してしまう。

 

シーン07

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「元々無理だったんだ……」

大介に続いてガイも弱音を吐く。

── 俺たちは特別じゃない、ただの高校生だ

 

シーン08

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

それを聞いたルウはガイと大介を殴りつける。

「らしくないよ、大介も兄さんも!」

その時、いつかのの女の子の姿を見つける。

 

シーン09

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

その女の子は、みんな死んじゃうの、と泣き出す。

ルウは女の子の側に行き、「みんなことはパペットのお兄ちゃんが守ってくれる」と励ましてあげる。

ルウの言葉を聞いた女の子は、元気にお母さんのところへ走っていった。

 

シーン10

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「ねえ、私たちやらなきゃ!」

ルウがみんなに声をかけた時、災害対策本部のメンバーがやってくる。

パペットが動かない今、避難を優先することになる。

その場所は地下街や地下鉄。

町の住人に急いで伝えるために、自治会の横山が協力を買って出た。

 

シーン11

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ミロが今の渋谷でできる作戦の提案させてくれ、と申し出る。

「2010年で大介を救出するミッションは必ず成功させる」

── これは紛れもない私の意志だ

 

シーン12

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ミロが提案する作戦は、リヴィジョンズの先祖を囮にして敵をおびき寄せ、一箇所で迎撃するというもの。

「残り少ないエネルギーを無駄にしないために、的を絞ることが重要だ」

── 敵が迎撃ポイントに余るのか

大介の疑問にミロは、自分が囮になると言った。

 

 

 

シーン13

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

夜が明ける。

作戦が終わればミロとはもう会えない。

大介たちはミロとの別れを惜しんだ。

 

シーン14

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「ミロ、本当にお別れなんだな……」

大介はミロの顔を見ることができないまま、昨日のことを謝る。

ミロは言う、「渋谷の人々、そしてお前たちに可ならず生き残って欲しい」と。

 

シーン15

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ミロは2010年のあの日、大介に告げた「運命」という言葉を言わないほうがいいのか、と悩んでいた。

「いや伝えてくれ、その言葉が今まで俺を支え続けた」

大介はパペットに乗り込み、ミロと最後の言葉をかわす。

 

シーン16

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「さあ、みんな! ハンティングの時間だよ!」

ムキューの合図でシビリアンたちが攻め込んできた。

 

シーン17

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ミロが囮になり、迎撃ポイントで迎え撃つルウ。

倒されたシビリアンが山のように折り重なっていく。

ルウが防ぐことができなかったシビリアンは大介が迎撃する。

 

シーン18

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

思った以上の数に手が回らなくなるルウと大介。

ガイはルウと交代すると、大介とどちらが多く倒せるか賭けをする。

その時、あの正体不明の黒い機体が現れる。

 

シーン19

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

基地で渋谷の様子を見ているニコラスは、ムキューに説明を始める。

── なぜ我々が過去を変えなければならないか、分かっているか?

「一つの命は一つの時間の流れの中でしか存在できない、故にパンデミック後に生まれた我々には病に苦しむ定め以外にないのだ」

 

シーン20

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ニコラスは慶作が消えた時に現れた石を『時間を表す何か』と定義する。

この石と結合し時間という縛りのの外に出る、とニコラスは宣言する。

 

 

 

シーン21

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

大介が黒い機体の相手をしている間に、シビリアンが渋谷の人々の居場所に感づく。

泉海はルウに迎撃するように命令するが、ルウはあちこちからくる敵に追われて対応できない。

すると、まりまりが銃を持ってシビリアンを撃つ。

 

シーン22

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

シビリアンがまりまりに襲いかかろうとしたところを、由美子先生が助けた。

 

シーン23

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「よし、これだけは守らなければ」

大介の叔父は対策本部でデータをコピーしていた。

 

シーン24

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

由美子先生とまりまりがシビリアンに襲われそうになったところを、黒い機体が助ける。

「逃げろ、まりまり」

大介のパペットに黒い機体からの声が聞こえる。

── まさか、慶作?

 

シーン25

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

大介は黒い機体に取り付いて「慶作!」と語りかける。

ガイが黒い機体を撃とうとした時、大介は両手をあげてやめさせる。

「こいつは慶作かもしれないんだ!」

 

シーン26

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

その時、黒い機体が大介に襲いかかる。

寸前で爪を止めた黒い機体。

「すべてを受け入れるなんて無理だ」

大介のパペットに声が聞こえる。

 

シーン27

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「慶作……」

次の瞬間、眩しい光と共に黒い機体は消えてしまった。

 

シーン28

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

燃料が切れ、パペットは停止する。

「勝ったんだ、俺たちは」

ガイは力なくつぶやいた。

 

シーン29

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

── 数時間前

今ら2010年に飛ぶ、というミロに下ったミッション。

「浅野慶作の抹殺である」

── 誘拐事件を装い、パペット・マスター浅野慶作を抹殺せよ

 

 

 

アニメ『リヴィジョンズ』について詳しく知るにはこちら!

【リヴィジョンズ】第1話 感想|大介の妄想はミロとの再会で真実となる

2018.12.19

【リヴィジョンズ】第2話 感想|大介の運命が肯定された日

2019.01.11

【リヴィジョンズ】第3話 感想|ストリングパペット2体追加でーーす!

2019.01.12

【リヴィジョンズ】第4話 感想|甘いよ牟田さん、リヴィジョンズの言うこと信じちゃダメ!

2019.01.14

【リヴィジョンズ】第5話 感想|リーダーは俺だ!いや誰でもいいわ!

2019.01.15

【リヴィジョンズ】第6話 感想|大介、謎の敵に全否定される

2019.01.20

【リヴィジョンズ】第7話 感想|説教されても響かない主人公ってスゴい!

2019.01.28

【リヴィジョンズ】第8話 感想|ネフィリムとは何だ

2019.02.10

【リヴィジョンズ】第9話 感想|さらば黒岩署長!

2019.02.26

【リヴィジョンズ】第11話 感想|これが本当の最終決戦!

2019.03.04

【リヴィジョンズ】第12話 感想|渋谷生還、そしてその後

2019.03.05

 

公式サイトなど