【リヴィジョンズ】第11話 感想|これが本当の最終決戦!

【リヴィジョンズ】第11話 感想|これが本当の最終決戦!

今回ご紹介するのは、アニメ『リヴィジョンズ』第11話です。

前回(10話)はこちら↓

【リヴィジョンズ】第10話 感想|ムキューによる最終決戦

2019.03.01

 

 

アニメ『リヴィジョンズ』第10話|あらすじ・感想

シーン01

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ミロのバイクの傍に立ち、大介は泉海に語りかける。

大介を襲い、まりまりを助けた黒い機体、あれは慶作だと。

「言ったんだなミロ、俺たちを守るために過去の時代に」

大介は空を見上げる。

 

シーン02

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

大介はルウとまりまりに、あの黒い機体が慶作だと話す。

そして、どうにかして助けたいと。

ガイにも声を掛けるが「どうやって?」と冷静に問われる。

 

シーン03

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

あの黒い期待はパペットを乗っている時に現れる。

しかしもう、パペットは動かない。

大介たちは自力で現代に戻るすべを失った。

 

シーン04

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

渋谷区災害対策本部では会議が開かれていた。

牟田の仲間になった人たちが自分たちのしたことは間違っていた、と頭を下げる。

泉海は黒岩の「みんなで帰れ」という最後の言葉を守るため、割り切って対応する。

 

シーン05

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

会議の本題は電力が尽きかけていること、そしてパペットがもう可動できないということ。

出席者の一人が決死隊を募って戦えば、と案を出す。

そして、こんな時のためのS.D.S.ではないかと言い出す者も現れる。

 

シーン06

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

それを由美子先生が否定する、彼らはただの高校生だと。

満足な武器も持たずに犠牲になれというのか、と反論する。

 

シーン07

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

大介の叔父が発言する。

ミロの話していたRVウィルスの資料は手に入れ保管してある。

現代に戻れば、解析し対策を打つことができるかも知れないと話す。

 

 

 

シーン08

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ミロが残したメッセージを聞く大介たち。

それはアーヴが推測するリヴィジョン計画の概要だった。

 

シーン09

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

リヴィジョン計画とは渋谷を未来に移す実験を行い、それが成功したら世界各地域をこの時代に移す。

そうすることでパンデミックをの時代を跳躍し、人類の衰退を回避させるというもの。

アーヴはこれを人類救済と言う名を借りた、リヴィジョンズの材料確保計画と判断した。

 

シーン10

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

しかし、アーヴはこの作戦を利用した。

過去から来た人々はリヴィジョンズを人類とは考えず嫌悪し、アーヴの味方につくだろうと考えた。

だからアーヴはリヴィジョンズの計画を阻止しなかった。

 

シーン11

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

アーヴの未来予測ではストリングパペットが成果を出し、渋谷は無事に現代に戻るはずだった。

しかし予測不可能な問題が起こった。

慶作が時空の特異点になってしまったことだ。

あの黒い機体がそれだ。

 

シーン12

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ミロは予測の生涯を取り除くために2010年にとび慶作を排除せよ、と司令を受けた。

アーヴは渋谷の人が失敗したと判断し、2017年に戻さずにこの時代に取り込むことにした……

そこでミロのメッセージは途切れてしまった。

 

シーン13

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

それを聞いていたガイは「失敗ってなんだ、クソッタレ!」と大声をあげ、その場から去ってしまう。

 

シーン14

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

2週間後 ──

大介たちは迫りくるリヴィジョンの前に石油缶を並べて発泡し、火をおこす。

火を怖がるリヴィジョンたちは引き返していった。

「人間ですもの、火は怖いよね」

泉海はルウにつぶやく。

 

シーン15

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

大介が大人たちに袋叩きにあっていた。

それを見ていたガイは、そのへんにしといてやれと声を掛ける。

そのうちの一人がガイに殴りかかってくるが、ガイは返り討ちにする。

仲間は男を連れて逃げていく。

 

シーン16

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

大介は戻ってこいと言うが、ガイは希望はもうないと諦めていた。

「どうしてお前は、そこまでできるんだ!」

大介は今までを思い返す。

自分以外はちゃんとしていた。自分は浮かれてダメダメで、だからせめてこれぐらいやらないと……。

── 俺には何も残らないから

 

シーン17

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

またシヴィリアンが集まりつつあると聞いたガイは、車を見つけて敵の本拠地に乗り込もうと大介に話す。

「お前、死ぬ気……」

そこに大介の叔父がやってくる。

 

シーン18

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

── ダメだ、そんな無茶はダメだ

叔父はガイの考えを否定する。

「ストリング、渋谷の最後の希望を再起動させる」

── S.D.S.出動だ

 

 

 

シーン19

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

大介たちが基地に戻るとキューブに電気が貯まっていた。

キューブは外部から電気を貯められるようになっていた。

渋谷の人々が色んな方法で協力してくれた。

「これはみんなの願いだ。渋谷を守れるのはS.D.S.だけだ」

 

シーン20

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

基地のまわりに多くの人が集まっていた。

「リヴィジョンに負けるな!」

「お前たちが最後の希望だ!」

大介たちは励ましの言葉に胸が熱くなった。

 

シーン21

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

泉海が運転するトラックには大介だけが乗っていた。

本拠地には一人で向かうと言い出す大介。

ガイには渋谷を守ってもらわないといけない。

 

シーン22

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

パペットを自爆設定して量子脳を破壊する。

「大介も帰ってこれるよね、約束、できるよね……」

心配するまりまりの手をルウは握り大丈夫だよ、と声を掛ける。

 

シーン23

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「こいつバカだから大丈夫だよ」

── 私たちの運命もしょい込めるんだから絶対に帰ってくる

 

シーン24

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

四人が話している時、ミロのバイクが再起動し、途切れていたメッセージが続けられる。

「これから私がすることを、お前たちは決して許さないだろう」

── だからせめて、お前たちにとってこの選択が希望ある未来につながることを願っている

 

シーン25

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ニコラスの新しい体を作る材料は揃った。

虚無の結晶が量子脳の代わりになることも分かった。

それを聞いたムキューは全勢力をあげて渋谷を襲うことにする。

 

シーン26

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ムキューはニコラスが以前話していたことを疑って探りを入れる。

「あんたが前に言ってた、時間という縛りの外に出るっていうのは……」

その時、大介がモニターに映し出される。

 

 

 

シーン27

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

渋谷にリヴィジョンの大群が向かっている。

── 大介もきっとやってくれる

ガイは一人でなんとかする、と誓う。

 

シーン28

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

大介がムキューたちのもとに来たのは、ニコラスが新しい体を手に入れた瞬間だった。

虚無の結晶と融合したニコラスは光りに包まれ姿を変える。

 

シーン29

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

大介がニコラスに銃を向ける。

その先に現れたのは慶作の姿をしたニコラスだった。

 

シーン30

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

慶作? と驚く大介にニコラスは、正解にして不正解、と告げる。

── 浅野慶作は存在は一部だが全てではない

 

シーン31

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ニコラスは大介に重力場で押さえつける。

大介はそこから脱出しニコラスに銃を放つ。

 

シーン32

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ニコラスは慶作とストリングを融合していた。

大介は切り離せないのか、とシステムに聞くが不可能だと言われてしまう。

 

シーン33

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ニコラスは黒い機体に姿を変える。

そして、次にまた慶作に姿を変え大介を揺さぶる。

 

シーン34

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「ここで戦うなと言っているだろう、量子脳があるんだぞ!」

ムキューの忠告を無視してニコラスは量子脳を破壊する。

そして、そのままムキューの顔面に爪を立て突き刺した。

 

シーン35

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「おめでとう、プアボーイ。こちらで観測する量子脳が無くなった以上、まもなく渋谷はもとに戻る」

 

シーン36

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ニコラスは虚無の結晶と融合し、どの時間空間にも同時に存在できる超高次元存在となった。

今更リヴィジョン計画を遂行しても意味はない、とニコラスは話す。

「人類は私という存在を生み出すための犠牲となった」

 

シーン37

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ニコラスは真実を話す。

アーヴはパペットの主力を慶作だと予測していた。

システムも話し出す。

慶作は未来予測における最重要人物で、パペットに最初に同乗するのも慶作のはずだったと。

 

シーン38

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「堂島大介はバックアップ要員として示されていた」

それを聞いた大介は今までのことを思い返す。

── ということは、慶作を排除するっていうのは……

 

シーン39

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

ニコラスはアーヴが慶作を亡き者にするだろうと話す。

しかし、それはさせないと。

「さよならグッバーイ!」

後ろに次元の穴が現れ、ニコラスは入っていく。

 

シーン40

出典:© リヴィジョンズ製作委員会

「待てニコラス!」

大介も次元の穴に飛び込んでいく。

そして、それは消えてしまった。

 

 

 

アニメ『リヴィジョンズ』について詳しく知るにはこちら!

【リヴィジョンズ】第1話 感想|大介の妄想はミロとの再会で真実となる

2018.12.19

【リヴィジョンズ】第2話 感想|大介の運命が肯定された日

2019.01.11

【リヴィジョンズ】第3話 感想|ストリングパペット2体追加でーーす!

2019.01.12

【リヴィジョンズ】第4話 感想|甘いよ牟田さん、リヴィジョンズの言うこと信じちゃダメ!

2019.01.14

【リヴィジョンズ】第5話 感想|リーダーは俺だ!いや誰でもいいわ!

2019.01.15

【リヴィジョンズ】第6話 感想|大介、謎の敵に全否定される

2019.01.20

【リヴィジョンズ】第7話 感想|説教されても響かない主人公ってスゴい!

2019.01.28

【リヴィジョンズ】第8話 感想|ネフィリムとは何だ

2019.02.10

【リヴィジョンズ】第9話 感想|さらば黒岩署長!

2019.02.26

【リヴィジョンズ】第10話 感想|ムキューによる最終決戦

2019.03.01

【リヴィジョンズ】第12話 感想|渋谷生還、そしてその後

2019.03.05

 

公式サイトなど