アニメ『リゼロ』第2話|ネタバレ感想|死ぬとループする「死に戻り」

アニメ『リゼロ』第2話|ネタバレ感想|死んだら戻る「死に戻り」

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、アニメ『リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)』第2話です。

 

再会の魔女

ステラ(仮)が盗まれた徽章を取り戻すために奔走するスバルは、何度となく命を失い、そのたびに、ある地点まで戻ってくる。

これは一体? 自分以外の人たちは記憶を無くしている?

てか、これって、やっぱ、

 

ループしてるよね?

 

さあ、第2話の始まりです。

 

アニメ『リゼロ』第2話|あらすじ

禁忌の象徴「サテラ」と呼ばれ、怒りの眼差しをスバルに向けるステラ。 彼女は以前、スバルと出会ったことを忘れていた。

禁忌の象徴「サテラ」と呼ばれ、怒りの眼差しをスバルに向けるステラ。

彼女は以前、スバルと出会ったことを忘れていた。

 

それを見ていたフェルトは二人が揉めているすきに徽章を盗むことに成功する。

それを見ていたフェルトは二人が揉めているすきに徽章を盗むことに成功する。

 

フェルトを追って裏路地に来たスバルは、三度あのチンピラに絡まれナイフ刺される。 その時スバルは、ロム爺に食べられたはずのスナック菓子がまだあることに気づき、一つの可能性にたどり着く。

フェルトを追って裏路地に来たスバルは、三度あのチンピラに絡まれナイフ刺される。

その時スバルは、ロム爺に食べられたはずのスナック菓子がまだあることに気づき、一つの可能性にたどり着く。

 

スバルは目覚めるたとき、そこはまた、あの果物屋の前だった。

スバルは目覚めるたとき、そこはまた、あの果物屋の前だった。

 

自分の持ち物を確かめるスバル。彼がたどり着いた答えは「自分はタイムリープしている」ということ。 死んだら巻き戻る、名付けて「死に戻り」。

自分の持ち物を確かめるスバル。彼がたどり着いた答えは「自分はタイムリープしている」ということ。

死んだら巻き戻る、名付けて「死に戻り」。

 

ループに気づいたスバルは自分がステラたちに出会っていないことに気づき、このまま会わずに別の選択をしようとする。 しかし、彼女の優しさを思い出し、フェルトやロム爺のことを心配するあまり、再び盗品蔵に向かうことを決意する。

ループに気づいたスバルは自分がステラたちに出会っていないことに気づき、このまま会わずに別の選択をしようとする。

しかし、彼女の優しさを思い出し、フェルトやロム爺のことを心配するあまり、再び盗品蔵に向かうことを決意する。

 

チンピラとの四度目の対決。スバルは大声で「衛兵さーーーーん!」と叫び、助けを求める。 その声を聞いてやってきたのはラインハルトという若者。彼は剣聖の名で広く知られていた。

盗品蔵に向かう途中、四度チンピラに絡まれたスバルは、大声で「衛兵さーーーーん!」と叫び、助けを求める。

その声を聞いてやってきたのはラインハルトという若者。彼は剣聖の名で広く知られていた。

 

ラインハルトによって事なきを得たスバルは、フェルトの家に向かう途中、エルザに出会ってしまう。

ラインハルトによって事なきを得たスバルは、フェルトの家に向かう途中、エルザに出会ってしまう。

 

スバルはエルザに対する恐怖や怒りを感づかれながらも、その場を何とかやり過ごし、フェルトのもとへとたどり着く。

スバルはエルザに対する恐怖や怒りを感づかれながらも、その場を何とかやり過ごし、フェルトのもとへとたどり着く。

 

フェルトに携帯と徽章を交換するよう持ちかけるスバルだったが、フェルトは交渉場所にロム爺の盗品蔵を指定する。

フェルトに携帯と徽章を交換するよう持ちかけるスバルだったが、フェルトは交渉場所にロム爺の盗品蔵を指定する。

 

ロム爺の見立てによって携帯の価値を認めたフェルトだったが、スバルの言動を怪しみ交渉に応じようとしない。

ロム爺の見立てによって携帯の価値を認めたフェルトだったが、スバルの言動を怪しみ交渉に応じようとしない。

 

その時、盗品蔵の扉が叩かれる。 エルザかと恐れるスバルの前に現れたのは、ステラと名乗った銀髪のハーフエルフだった

その時、盗品蔵の扉が叩かれる。

エルザかと恐れるスバルの前に現れたのは、ステラと名乗った銀髪のハーフエルフだった。

 

アニメ『リゼロ』第2話|ネタバレ感想

ついにループ(死に戻り)に気づいたナツキ・スバル

ついにループ(死に戻り)に気づいたナツキ・スバル

「ステラーーーー!」つって、あの銀髪美少女を呼び止めたら、

「あー!スバルーーーー!久しぶりー!」とか言われるかと期待していたら、

ステラ(仮)は、そりゃあもう怒ってらっしゃるんですよ。

“禁忌の象徴、嫉妬の魔女”が何なのかは分かんないんですけど、まあステラ(仮)の怒りっぷりを見てたら、とんでもなくヤバイやつなんだなと。

街のみんなもステラ(仮)の味方をしちゃって、スバルは完全に四面楚歌るんですね。

 

で、そのすきにフェルトがステラ(仮)から、あの徽章をパシーーーーンって盗むわけですけど。

それでステラ(仮)はフェルトとスバルが「グルだったのね(怒)」って、(怒)なわけですけども。

まあ、本当にスバルって散々なんですね。

 

散々ついでに、またあのチンピラ三人組に襲われて、今回は秒で瞬殺されちゃって。

これで異世界通算三回死亡になりまして。

で、やっとこさループに気づくわけですよ。

 

そのきっかけが「コンポタスナック」だったんですけど、

 

でも、

 

これまでにもっと大きなヒントあったよね?

 

って思うわけです。

 

  • 果物屋がポカーンんのくだり
  • チンピラがポカーンのくだり
  • ステラ(仮)がポカーンのくだり

これ全員スバルのこと覚えてなくって、ポカーンしてますからね。

ま、普通はここで気づくかなと。

 

さらにもっと決定的だったのが、

 

ロム爺が生きていた

 

ってことで。

 

実はこれ、最初のループのときの話で、

ここで気づかなかったスバルが、コンポタスナックでループに気づくあたり、

 

スゲーな

 

と思った次第です。

 

で、まあ、ループに名前がなくっちゃいけないよねってことで、スバルが付けた名前が「死に戻り」なんですけど、

悔しいけれど、そこだけはスバルくんって、

 

センス抜群なんですよね。