【幼女戦記】第4話「キャンパス・ライフ」感想|ゼートゥーアにしてやられるターニャ

動画アニメ『幼女戦記』第4話

\無料で『幼女戦記』が見放題!/

dアニメストア

 

今回ご紹介するのは、アニメ『幼女戦記』第4話です。

アニメ『幼女戦記』第4話

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

 

第3話では、ターニャはマッドサイエンティストのような帝国軍技術開発部主任技師のアーデルハイト・フォン・シューゲルによって作られた新型演算宝珠の実験に参加し、あわや死亡か? という散々な目にあいました。

ターニャのピンチを救った? のは、またしても「存在X」。

「存在X」にしてやられたターニャは、悔しがりながらも、その神が与えし力のようなものを使いこなし、激しい戦闘が繰り広げられている前線で活躍するのでした。

 

もうね、ターニャも意地はらずに、

 

「神さまのこと大好き」とか言っとけば、全部まるく収まるんじゃないか?

 

とか思うんですけど、それを言ったら身もふたもないですかね?

 

さあ、第4話の始まりです。

 

アニメ『幼女戦記』第4話|あらすじ

統一歴1924年 各地で戦線が拡大し、日用品などが配給制になるなど戦争の影響が強まる中、ターニャは帝都ベルンにある軍大学の学生として学問に励んでいる。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

統一歴1924年

各地で戦線が拡大し、日用品などが配給制になるなど戦争の影響が強まる中、ターニャは帝都ベルンにある軍大学の学生として学問に励んでいる。

 

前線帰りで「銀翼突撃章」受章者ということもあって、ターニャはキャリアコースに進むための勉学を、年長である他の軍大学生と遜色なく続けられている

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

前線帰りで「銀翼突撃章」受章者ということもあって、ターニャはキャリアコースに進むための勉学を、年長である他の軍大学生と遜色なく続けられている。

 

部下の逸脱行為に対する士官の責任範囲についての講義が行われている。 他の学生は設問意図に沿った解答ができないでいる中、ターニャは軍法学に基づいた適切な解答ができた。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

部下の逸脱行為に対する士官の責任範囲についての講義が行われている。

他の学生は設問意図に沿った解答ができないでいる中、ターニャは軍法学に基づいた適切な解答ができた。

 

同期であるウーガ大尉が、ターニャがライフルを整備している理由を尋ねる。 ターニャはいつか自身の存在をかけて使用する可能性がある装備だからこそ、いつも整備していないと安堵できないと答える。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

同期であるウーガ大尉が、ターニャがライフルを整備している理由を尋ねる。

ターニャはいつか自身の存在をかけて使用する可能性がある装備だからこそ、いつも整備していないと安堵できないと答える。

 

【軍大学・図書室】 図書室で高い棚にある書籍を取ろうとしているターニャの前に、戦務参謀次長ゼートゥーア准将が現れる。 ゼートゥーアはターニャと少し話をしようと誘う。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

【軍大学・図書室】

図書室で高い棚にある書籍を取ろうとしているターニャの前に、戦務参謀次長ゼートゥーア准将が現れる。

ゼートゥーアはターニャと少し話をしようと誘う。

 

ゼートゥーアは現在の戦争はどのような形態をとりうるか尋ねる。 ターニャは前世の知識を借りながら帝国の置かれた国際情勢を考慮し、いずれ列強同士の総力戦となる「世界大戦」に発展すると答える。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

ゼートゥーアは現在の戦争はどのような形態をとりうるか尋ねる。

ターニャは前世の知識を借りながら帝国の置かれた国際情勢を考慮し、いずれ列強同士の総力戦となる「世界大戦」に発展すると答える。

 

ターニャは「世界大戦」で想定される不利な状況を挙げ、早期講和をにらみつつ損耗を抑制する方針を取るべきだと話す。 これに対しゼートゥーアは、勝利を目指さないのかと尋ねる。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

ターニャは「世界大戦」で想定される不利な状況を挙げ、早期講和をにらみつつ損耗を抑制する方針を取るべきだと話す。

これに対しゼートゥーアは、勝利を目指さないのかと尋ねる。

 

臆病呼ばわりされるのを恐れたターニャは、味方の消耗を押さえ敵の士気を挫くための大隊クラスの魔導部隊による機動戦を提案する。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

臆病呼ばわりされるのを恐れたターニャは、味方の消耗を押さえ敵の士気を挫くための大隊クラスの魔導部隊による機動戦を提案する。

 

ターニャの情勢判断と具体的な打開策の立案にゼートゥーアは感心し、書面にまとめるように話す。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

ターニャの情勢判断と具体的な打開策の立案にゼートゥーアは感心し、書面にまとめるように話す。

 

前線の視察に向かっていたレルゲン中佐は、作戦次長ルーデルドルフ准将がゼートゥーアから受け取った「世界大戦」に関する論文を読んで驚愕する。 強烈な内容にもかかわらず反論できない事実と違和感に戸惑うとともに、論文のロジックや印象がどこかで感じたことがあることに気づく。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

前線の視察に向かっていたレルゲン中佐は、作戦次長ルーデルドルフ准将がゼートゥーアから受け取った「世界大戦」に関する論文を読んで驚愕する。

強烈な内容にもかかわらず反論できない事実と違和感に戸惑うとともに、論文のロジックや印象がどこかで感じたことがあることに気づく。

 

【クリューゲル通り三番地 ゾルカ食堂】 食堂で軽食をとっているターニャの前にウーガ大尉が現れる。 人格者であるウーガは子供は戦争に行くべきではない、ターニャは軍人をやめて別の道に進むべきだと言う。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

【クリューゲル通り三番地 ゾルカ食堂】

食堂で軽食をとっているターニャの前にウーガ大尉が現れる。

人格者であるウーガは子供は戦争に行くべきではない、ターニャは軍人をやめて別の道に進むべきだと言う。

 

最近娘が生まれたウーガはターニャの姿を見て、自分の娘も戦争に行くのではないかと恐れていた。 ターニャはそんなウーガを言い含めて後方勤務に就くよう勧める。 結果としてウーガは出世コースから外れることになり、ターニャはほくそ笑む。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

最近娘が生まれたウーガはターニャの姿を見て、自分の娘も戦争に行くのではないかと恐れていた。
ターニャはそんなウーガを言い含めて後方勤務に就くよう勧める。

結果としてウーガは出世コースから外れることになり、ターニャはほくそ笑む。

 

【帝国参謀本部・第1会議室】 幕僚会議の場で、ゼートゥーアはこれまでの戦略に限界が見えつつあることを報告し、事態を打開する為に「ある人物」を中心とした即応魔導大隊を提案する。 そして、ルーデルドルフ准将も大隊構想に賛同する。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

【帝国参謀本部・第1会議室】

幕僚会議の場で、ゼートゥーアはこれまでの戦略に限界が見えつつあることを報告し、事態を打開する為に「ある人物」を中心とした即応魔導大隊を提案する。

そして、ルーデルドルフ准将も大隊構想に賛同する。

 

前線で作戦指示をしていたレルゲンの下に、即応魔導大隊創設の決定が伝えられる。 レルゲンは、そこで初めて渡された論文の執筆人物に気づく。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

前線で作戦指示をしていたレルゲンの下に、即応魔導大隊創設の決定が伝えられる。

レルゲンは、そこで初めて渡された論文の執筆人物に気づく。

 

【帝国軍参謀本部・晩餐室】 ターニャは、ゼートゥーアと人事局長コードル大佐から晩餐に招待される。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

【帝国軍参謀本部・晩餐室】

ターニャは、ゼートゥーアと人事局長コードル大佐から晩餐に招待される。

 

コードルから卒業後の配属先を提示される。しかし、提示された配属先は全てブラフだった。 コードルが退席した後、ゼートゥーアはターニャが提案した即応魔導大隊の統率を命じる。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

コードルから卒業後の配属先を提示される。しかし、提示された配属先は全てブラフだった。

コードルが退席した後、ゼートゥーアはターニャが提案した即応魔導大隊の統率を命じる。

 

前線より過酷な即応部隊への配属を恐れたターニャは、中尉では大隊の指揮権がないと話す。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

前線より過酷な即応部隊への配属を恐れたターニャは、中尉では大隊の指揮権がないと話す。

 

冷徹なゼートゥーアは、ターニャを卒業後、大尉格の部隊編成官に任命し、部隊編成の功績を理由に大隊の指揮権を持つ少佐に昇進させるという段取りを伝える。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

冷徹なゼートゥーアは、ターニャを卒業後、大尉格の部隊編成官に任命し、部隊編成の功績を理由に大隊の指揮権を持つ少佐に昇進させるという段取りを伝える。

 

逃げ道を失ったターニャは出動の機会を引き延ばすために選抜に時間をかけることを画策する。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

逃げ道を失ったターニャは出動の機会を引き延ばすために選抜に時間をかけることを画策する。

 

”求む魔導師,至難の戦場、わずかな報酬、剣林弾雨の日々、絶えざる危険、勝利の暁には名誉と賞賛を得る”―― 応募者が出ないように苛烈な募集内容を提示したにもかかわらず、新設部隊に数多くの応募が来たことにターニャは面くらう。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

”求む魔導師,至難の戦場、わずかな報酬、剣林弾雨の日々、絶えざる危険、勝利の暁には名誉と賞賛を得る”――

応募者が出ないように苛烈な募集内容を提示したにもかかわらず、新設部隊に数多くの応募が来たことにターニャは面くらう。

 

そこで今度は人手不足を理由に時間稼ぎを図るが、そこにかつての部下であるセレブリャコーフが現れる。

引用:© カルロ・ゼン・KADOKAWA刊/幼女戦記製作委員会

そこで今度は人手不足を理由に時間稼ぎを図るが、そこにかつての部下であるセレブリャコーフが現れる。

 

 

 

ターニャ
dアニメストアなら『幼女戦記』が無料で見放題!
dアニメストア
ターニャ
dアニメストアなら『幼女戦記』が無料で見放題!
バナー_dアニメストア

\無料で『幼女戦記』が見放題!/

dアニメストア無料登録はこちら

 

アニメ『幼女戦記』を詳しく知るにはこちら!

アニメ『幼女戦記』ネタバレ感想まとめ

アニメ【幼女戦記】ネタバレ感想|「ひどい!」という世間の声は本当なの?

2018.03.14

【幼女戦記】第1話「ラインの悪魔」感想|ターニャ・デグレチャフ登場

2018.10.19

【幼女戦記】第2話「プロローグ」感想|ターニャ・デグレチャフの生い立ち

2018.10.20

【幼女戦記】第3話「神がそれを望まれる」感想|地獄の新型演算宝珠実験

2018.10.24

【幼女戦記】第5話「はじまりの大隊」感想|第二〇三航空魔導大隊できました!

2018.12.13