【転生したらスライムだった件】第2話 感想|ゴブリンたちを助けろ、リルム!

動画アニメ『転生したらスライムだった件』第2話

\『転生したらスライムだった件』が無料!/

hulu
hulu

 

今回ご紹介するのは、アニメ『転生したらスライムだった件』第2話「ゴブリンたちとの出会い」です。

アニメ『転生したらスライムだった件』第2話

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

 

第1話ではスライムに転生した主人公と、封印されていた暴風竜・ヴェルドラとの出会いが描かれました。

現実世界で死んじゃって異世界のスライムになった三上悟は、様々なスキルを身につけることで、スライムの割に「できるヤツ」になっていきましたね。

「案外スライムもいいもんだよねーーーー」と思えるような、悲壮感のない展開が心地よかったです。

 

ま、でも、

 

本当にスライムになったら、速攻で殺されると思いますけどね。

 

世の中そんなに甘くないですから。

 

さあ、アニメ『転生したらスライムだった件』第2話の始まりです。

 

アニメ『転生したらスライムだった件』第2話|あらすじ

シーン01

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

晴れて友達となった三上とヴェルドラは、施されている封印について話していた。

あと100年もすれば、漏れ出ていく魔素が尽きてヴェルドラは朽ち果ててしまうと言う。

長い孤独の後に迎える死を憐れみ、三上は捕食者で無限牢獄の一部の捕食を試みるが、そうはうまくいかない様だ。

 

シーン02

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

大賢者スキルによって無限牢獄を破る可能性を模索する中、ヴェルドラは自分のスキルとばかり話をする三上に焼き餅を妬いている。

 

シーン03

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

大賢者から出された回答をヴェルドラに伝える。そして、三上からは衝撃の提案が。

俺の胃袋に入らないか──。

ヴェルドラ自身も一瞬虚を突かれるが、その提案を快諾する。

 

シーン04

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

計画を実行に移そうとする三上に、ヴェルドラは名を与えるという。

そして、同格の証として自分にも名を与えて欲しいとのことだった。

三上は暴風にちなんだ【テンペスト】という名をヴェルドラに、ヴェルドラはテンペストをファミリーネームに【リムル=テンペスト】という名を三上に与える。

 

シーン05

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

リムルはヴェルドラの無限牢獄を捕食者で丸飲みにし、解析を開始した。

 

シーン06

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

その日、ヴェルドラの消滅が確認されこの世界に激震が走る──。

ヴェルドラが封印されていた洞窟はジュラの大森林の中にあった。

その周辺に位置する国家の一つ、ブルムンド王国では大臣とギルドマスターがこの件に関しての話し合いがされていた。

 

シーン07

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

周辺国家の緊張など知る由もなく、ヴェルドラを捕食して数日。

リムルは洞窟内を探索していた。

捕食者のスキルによっていくつものスキルを獲得していく。

コウモリの超音波スキルによって、リムルは喋られるようにもなっていった。

 

シーン08

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

洞窟をさまよって数十日、ついにリムルは洞窟の出口に到着した。

突然開いた扉の向こうには、3人の冒険者が姿を現した。

どうやら魔力感知によって、この世界の言語が解るようだ。

 

シーン09

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

洞窟内に進入する冒険者一行の隙を突いて下界へと飛び出すリムル。

そんな彼を待ち構えていたのは、ゴブリンたちだった。

ゴブリンの群れは武器を構え怯えている。ゴブリンたちはリムルを「強きもの」と呼んだ。

 

シーン10

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

魔力感知を応用して自己紹介をするが、魔力が強すぎるのか発した声が大きすぎる!

さすがにゴブリンたちもひれ伏してしまった。

強力な魔物の気配がしたため、ゴブリンたちは警戒し様子を見に伺ったのだという。

 

シーン11

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

とぼけるリムルだったが、ゴブリンたちはリムルの強さを見抜いていた。

そこを見込んで彼らはお願いがあると言い、リムルはゴブリンの村へ案内された。

村長はよぼよぼの老ゴブリン。

ヴェルドラが消滅した影響はこちらにも及んでいる様だ。近隣の魔物がちょっかいをかけているらしい。

 

シーン12

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

リムルはただのスライムだと謙遜する。しかし、魔力を放ったままでゴブリンたちはその魔素に気付いていた。

魔力感知で改めて自分を確認し、魔力を引っ込めるリムル。

 

シーン13

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

ゴブリンの話によると、東の地からオオカミの魔物「牙狼族」が押し寄せて戦いになったのだという。

もともと牙狼族との戦力差は段違いで、ついには名持ちの戦士も討ち死にし、村は危機に瀕していた。

 

シーン14

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

リムルは体裁を整えるため、ゴブリンたちに守護の見返りを求めた。

ゴブリンたちはリムルへの忠誠を誓う。

 

シーン15

引用:©川上泰樹・伏瀬・講談社/転スラ製作委員会

そんな中、牙狼族が村に再び襲い掛かろうとしていた。牙狼族の遠吠えが鳴り響く。

怯えるゴブリンたちを制止しつつリムルは彼らの願いを聞き届けた。

かくしてリムル=テンペストはゴブリンたちの守護者となったのだった──。

 

 

AB夫
huluでは『14日間無料トライアル』実施中!

\『転生したらスライムだった件』が無料!/

Hulu 無料トライアルはこちら

 

アニメ『転生したらスライムだった件』について詳しく知るにはこちら!

【転生したらスライムだった件】第1話 感想|リルムとヴェルドラの出会い

2018.11.22

【転生したらスライムだった件】第3話 感想|リルムVS牙狼族!ゴブリン村の戦い

2018.11.23

【転生したらスライムだった件】第4話 感想|ドワーフの国でスカウト開始!

2018.11.23

【転生したらスライムだった件】第5話 感想|ベスターーーー!ザマァ!!!!

2018.11.23