アニメ『魔法使いの嫁』ネタバレ感想|チセとエリアスが紡ぐ、優しい愛の物語

アニメ『魔法使いの嫁』

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、アニメ『魔法使いの嫁』です。

 
 

アニメ『魔法使いの嫁』あらすじ

羽鳥チセは15歳の少女。彼女は帰れる場所も、生きる理由も、そのための術も、波も持ち合わせていない。ただひとつ、生まれ持った特別な力の除いて。そんなチセを弟子として、そして将来の花嫁として迎え入れたのは、異形の魔法使い・エリアス。自然と寄り添い、悠久の時を生きる魔法使いの暮らしの中で、チセは大切な何かを少しずつ取り戻していく…。これは、世界の美しさを識る為の物語。

TVアニメ『魔法使いの嫁』公式サイト

チセとエリアス、二人のやり取りは穏やかで優しくて暖かい。

心に傷を負った少女と、見た目マジ怖!っていう魔法使い。そんな普通なら絶対に交錯しない二人の心の交流を描いた作品。

それを見てるだけで、こっちまで優しい気持ちになれるんだな。幸せになれるんだな。グッとくるんだよー!

 

あったけ~!

 

 

主な登場人物(メインキャスト・声優)

ここでは、アニメ『魔法使いの嫁』を語る上で欠かせない2人をご紹介します。

自らをオークションに出品した自暴自棄少女チセと、いったい何歳で何者で何奴なんだ?っていう異形の魔法使いエリアスのお二人です!

どうぞーーー!

 

羽鳥チセ

羽鳥チセ出典:TVアニメ『魔法使いの嫁』公式サイト

声:種﨑敦美

物語の主人公。無限に魔力を生み出せる「夜の愛し仔(スレイベガ)」という存在。人ではないものを見聞きできる能力を持ち、そのため親兄弟から疎まれ、母親に殺されかけた過去を持つ。

生きることに絶望した彼女は人身売買のオークションに自らをかけ、そこで異形の魔法使いエリアスに「弟子」兼「嫁」として500万ポンド(約7億円)で買われる。

 

エリアス・エインズワース

エリアス・エインズワース出典:TVアニメ『魔法使いの嫁』公式サイト

声:竹内良太

絶滅寸前の魔法使いのひとり。「茨の魔法使い」「肉の殻を持つ者(リャー・アナム)」の異名を持つ。

顔は骨頭で山羊のような角がはえているが、魔法で普通の顔になることもできる。(町に出ていくときなど)

また、世捨て人で人間嫌いなので、イングランド地方の田舎に家事妖精シルキーと住んでいる。