動画ドラマ『ハートに火をつけて』第3話|祐二を巡る女同士の戦い

動画ドラマ『ハートに火をつけて』第3話

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、ドラマ『ハートに火をつけて!』第3話です。

ハートに火をつけて!_第3話

 

恵が新婚旅行先から一人で帰ってきて結婚を解消すると言い、祐二に自分の想いをぶつけました。

亜矢は、自分に届いた手紙が春あてだったと知って複雑な気持ちになる。

そして西尾は、自分の気持を真っ直ぐに春に伝える。

少しづつ7人の恋が進みはじめました。

 

さあ、第3話の始まりです。

 

ドラマ『ハートに火をつけて!』第3話|あらすじ

祐二のもとに現れた恵は再び祐二と仕事がしたいと言って、ミッドナイトクッキングへの復帰を頼みに来た。 しかし、祐二は恵ならば、自分が助けなくても仕事はいくらでもあると言って、恵の頼みを受け入れなかった。

祐二のもとに現れた恵は再び祐二と仕事がしたいと言って、ミッドナイトクッキングへの復帰を頼みに来た。

しかし、祐二は恵ならば、自分が助けなくても仕事はいくらでもあると言って、恵の頼みを受け入れなかった。

 

西尾は春から電話がかかってくると、驚きながらも嬉しさを隠しきれず、笑顔になってしまう。

西尾は春から電話がかかってくると、驚きながらも嬉しさを隠しきれず、笑顔になってしまう。

 

春は西尾を食事に誘う。そして、清水からもらったコンサートチケットを思い出し、二人でロックコンサートに行くことに。

春は西尾を食事に誘う。そして、清水からもらったコンサートチケットを思い出し、二人でロックコンサートに行くことに。

 

コンサートの後、二人で食事をしていると西尾は女性とデートするのは久しぶりだと言い、また春から誘われることを待っていると、自分の気持をほのめかした。

コンサートの後、二人で食事をしていると西尾は女性とデートするのは久しぶりだと言い、また春から誘われることを待っていると、自分の気持をほのめかした。

 

西尾と春がイスタンブールカフェに行くと、祐二と国太郎がいた。 二人は恵の婚約者が帰ってきたので、会いに行く算段をつけていたのだという。 そこに西尾も加わり三人で説得に向かうことに。

西尾と春がイスタンブールカフェに行くと、祐二と国太郎がいた。
二人は恵の婚約者が帰ってきたので、会いに行く算段をつけていたのだという。
そこに西尾も加わり三人で説得に向かうことに。

 

その夜、亜矢は春のもとに祐二がいると知って電話をかけてきた。 そして、祐二に「明日、祐二の所にうかがいます」と春に伝言を託す。

その夜、亜矢は春のもとに祐二がいると知って電話をかけてきた。
そして、祐二に「明日、祐二の所にうかがいます」と春に伝言を託す。

 

翌日、亜矢は祐二とランチを取りながら、恵の面倒を見てやってほしいと祐二にお願いする。 そして、「自分はライバルが多いほうが闘志が湧くから」と言って亜矢が春の名前を出すと、祐二はしどろもどろになりながらも春との関係を否定する。

翌日、亜矢は祐二とランチを取りながら、恵の面倒を見てやってほしいと祐二にお願いする。

そして、「自分はライバルが多いほうが闘志が湧くから」と言って亜矢が春の名前を出すと、祐二はしどろもどろになりながらも春との関係を否定する。

 

新婚旅行先から帰ってきた恵の結婚相手、板倉を国太郎の病院で待つ祐二、西尾、国太郎の三人。 祐二たちは、無言で落ち込む板倉を三人で協力して説得し、恵とのことを諦めさせることに成功する。

新婚旅行先から帰ってきた恵の結婚相手、板倉を国太郎の病院で待つ祐二、西尾、国太郎の三人。

祐二たちは、無言で落ち込む板倉を三人で協力して説得し、恵とのことを諦めさせることに成功する。

 

板倉の希望で最後に会って話し合うことになった恵は、亜矢と春に付き添われてやってきた。 「自分のことを恨んでくれても構わない」と言って謝り、すべてを終わりにしようとする恵に、春は「二人でじっくり話し合いなさい」と言って亜矢と二人でその場を去ってしまう。

板倉の希望で最後に会って話し合うことになった恵は、亜矢と春に付き添われてやってきた。

「自分のことを恨んでくれても構わない」と言って謝り、すべてを終わりにしようとする恵に、春は「二人でじっくり話し合いなさい」と言って亜矢と二人でその場を去ってしまう。

 

帰り道、亜矢は悦子と三人で食事をしようと言って春と自宅に招待する。

帰り道、亜矢は悦子と三人で食事をしようと言って春と自宅に招待する。

 

悦子は、「亜矢は昔から何でも一番じゃないと気がすまない性格だ」と暴露し、「結婚で一番になれなかった今は何で一番を目指すの?」と、亜矢にチクリと嫌味を言った。

悦子は、「亜矢は昔から何でも一番じゃないと気がすまない性格だ」と暴露し、「結婚で一番になれなかった今は何で一番を目指すの?」と、亜矢にチクリと嫌味を言った。

 

30歳になって独身の三人が集まっていることに呆れる亜矢は、春にどうして結婚しないのか?と尋ねる。

30歳になって独身の三人が集まっていることに呆れる亜矢は、春にどうして結婚しないのか?と尋ねる。

 

「そういう相手がいないから」と答えた春に、亜矢は「祐二さんがいるじゃない」と言うと、二人は険悪な雰囲気になってしまった。

「そういう相手がいないから」と答えた春に、亜矢は「祐二さんがいるじゃない」と言うと、二人は険悪な雰囲気になってしまった。

 

家に帰って亜矢に言われたことを思い出した春は、もし祐二と付き合ったとしたら……、と想像して気持ち悪くなってしまうのだった。

家に帰って亜矢に言われたことを思い出した春は、もし祐二と付き合ったとしたら……、と想像して気持ち悪くなってしまうのだった。

 

 



\ アニメ・ドラマ・映画を、無料で見てください /