篠原ゆき子って誰? コウノドリで見せた演技がすごい! 結婚は? 子供は? 出演作は?

篠原ゆき子って誰? コウノドリで見せた演技がすごい! 結婚は? 子供は? 出演作は?

 

昨年放送されたTBSドラマ「コウノドリ」で切迫早産の妊婦を演じ、その演技力の高さを見せつけた女優、それが篠原ゆき子さんです。

篠原さんは、その高い演技力には定評があり、脇役ながらも印象に残る女優さんです。

そんな篠原さんが、今度は「グッド・ドクター」で再び妊婦・水野理香を演じることで話題になっています。

 

プロフィール

プロフィール
  • 芸名:篠原ゆき子
  • 本名:篠原友希子(しのはら・ゆきこ)
  • 別名義:篠原友希子(旧芸名)
  • 愛称:ゆき、ゆっきー
  • 生年月日:1981年1月21日
  • 年令:37歳
  • 身長:161㎝
  • 出身地:神奈川県
  • 事務所:テアトル・ド・ポッシュ
  • 趣味:絵、小説を書くこと
  • 特技:料理

 

篠原さんはスカウトがきっかけで芸能界に入り、しばらくはモデルやタレント活動を続けていたそうですが、2005年に山下敦弘監督の映画『中学生日記』で女優デビューします。

撮影当時、篠原さんの年齢は、なんと25歳! 結婚適齢期を迎えた女性だったんです!

 

25歳の女性が中学生を演じるなんて、ちょっと考えられませんよね。

どう頑張ってもコスプレにしか見えなかったんじゃないかと思い、動画を見てみたのですが……

いますか? うーーーーん、どれだろう?

 

これで味をしめた(?)のか、2010年のドラマ『モテキ』では高校生役に挑戦します。

その時の年齢は29歳ですから、まあ、高3としても11歳以上年上なわけです。

それを、やってしまうとは……画像を見てみましょう。

ああ、うん、イケる! 可愛いよ!

いそういそう! こういう女子高生いてそうですよね!

なんていうか、優等生感が出てる。真面目なタイプ。

うん、僕、ありです。

 

篠原さんは舞台にも出演されていて、2011年にはご本人が大好きな劇団『ポツドール』の舞台『おしまいのとき』にオーディションを受けて見事に合格。主役に抜擢されました。

この舞台は内容がハードで、暴力やレイプシーンなども描いていたそうです。そんな舞台を1ヶ月もの間やり通した結果、篠原さんの演技は高く評価されることになります。

 

このときの舞台を見ていたは映画『共食い』の監督、青山真治さんです。

篠原さんは、青山監督に映画の出演をオファーされ、2014年に『共食い』に出演し、第28回高崎映画祭最優秀心身女優賞を受賞します。そして、全国的に注目される女優へと進んでいくのです。

 

篠原ゆき子さんの主な出演作

篠原ゆき子さんの主な出演作

『共食い』の出演以降、篠原さんは様々な話題作に出演することになります。

そこで、代表的な作品を見てみることにしましょう。

 

映画

渇き。

 

深夜食堂

 

Zアイランド

 

二重生活

 

湯を沸かすほどの熱い愛

 

ドラマ

バイプレイヤーズ

 

リバース

 

コウノドリ