映画レビュー 実写版『進撃の巨人』ネタバレ感想|「ひどい!」という世間の声は本当なの !?

映画『進撃の巨人』感想

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』です。

映画『進撃の巨人』

 

まずは、あらすじです。

100年以上前、人間を捕食する巨人が現れ、人類のほとんどが食べられてしまった。生き残った者たちは巨人の侵攻を阻止すべく巨大な壁を3重に作り上げ、壁の内側で暮らしていた。エレン(三浦春馬)やミカサ(水原希子)もそんな中の一人だった。そんなある日、100年壊されなかった壁が巨人によって破壊されてしまう。

進撃の巨人 / Yahoo! 映画

 

つまり、映画『進撃の巨人』とは、

突然現れた謎の巨人に為す術もなく食べられていく人間が、自らを守るために壁を作って、その中で暮らしたり、立体機動装置とかいうメカメカしいものを作って巨人と戦おうとしたりする中に、エレンっていう気の強い男の子がいて、これが実は特殊な能力を持っていたり、いなかったり、さあ、どっちでしょう?

っていうお話。

 

超話題漫画の実写映画化。

公開当初から巻き起こった賛否両論の真偽はいかに?

難しい作品の実写映画化に挑んだ監督、脚本家の苦労とは!?

 

それでは、映画『進撃の巨人』について詳しく見ていきましょう!

 

 

主な登場人物(キャスト)

エレン(三浦春馬)

エレン出典:映画『進撃の巨人』予告 – YouTube

物語の主人公。ミカサとアルミンとは幼馴染。幼いころに父親から何かしらを施され、特殊な能力を持つ。

 

シキシマ(長谷川博己)

シキシマ出典:映画『進撃の巨人』予告 – YouTube

調査兵団の隊長。映画版のオリジナルキャラ。対巨人戦において無類の強さを誇る。

 

ミカサ(水原希子)

ミカサ出典:映画『進撃の巨人』予告 – YouTube

エレンとアルミンの幼馴染。巨人に殺されたと思われていたが助かっており、調査兵団の班長となって帰ってくる。

 

アルミン(本郷奏多)

アルミン出典:映画『進撃の巨人』予告 – YouTube

エレンとミカサの幼馴染。冷静な判断力と作戦を練る力に長けている。

 

ジャン(三浦貴大)

ジャン出典:映画『進撃の巨人』予告 – YouTube

調査兵団の仲間。何かとエレンと衝突する。

 

サシャ(桜庭ななみ)

サシャ出典:映画『進撃の巨人』予告 – YouTube

調査兵団の仲間。食いしん坊。

 

ハンジ(石原さとみ)

ハンジ出典:映画『進撃の巨人』予告 – YouTube

調査兵団の分隊長。巨人の事を研究している。原作同様、変態キャラ。

 

酷評された映画『進撃の巨人』は本当に酷いのか?

映画『進撃の巨人は』公開されるやいなや原作ファンのみならず、さまざまな方面から酷評の嵐が吹き荒れたことで有名です。

また、その酷評に樋口真嗣監督が反応してやり返したのがまたビックリ!

火に油を注ぐ形で映画『進撃の巨人』バッシングが広がり、話題になりました。

 

では、どうして酷評されたのか?

よく言われているのが、

  • ストーリーが原作と違いすぎる
  • ビックリするような演出
  • オリジナルキャラ『シキシマ』ってどうなの?
  • CGの巨人の表現が微妙

などです。

 

果たして本当に『進撃の巨人』は酷い映画なのか?

前篇、後篇をまとめて一気に見たので、見どころや感想なども一緒に検証してみます!

 

連載中の作品を2本の映画にうまくまとめたオリジナルストーリー

映画版のストーリは原作とは全く別物のオリジナルストーリーです。

全く別物とは言っても、肝心な部分(巨人の謎とか)は原作に忠実に作られています。

 

批判の大半は「ストーリーが違いすぎる」っていうのが多かったんだよねえ。

「何だこのストーリーは!」って怒ってらっしゃるの、原作ファンは。

 

でもね、原作知らない人からすればさあ、どうでもいいよね、そこ。

単純にストーリーが面白ければいいんじゃない?

 

僕は漫画原作の映画化の時、原作と違ってても全然いい派です。

面白ければそれで良い。

むしろ、うまく変えてきたなあって関心するし、その方が楽しめる。

 

そういう意味で映画『進撃の巨人』のストーリーは悪くなかったと思う。

90分×2本の映画の中で巨人の秘密にまで言及し、一つの終着点にうまく着地したストーリーだった。

 

エレンやアルミンが調査兵団に入って巨人たちと相対することになった理由とか、エレンが巨人化しちゃう理由(原因)とか、壁ができた理由とか、いっぱい説明しなきゃいけないことがあって。

それらを180分の中で綺麗に収めてた。

 

少し早足感はあったけどね、それは仕方ない。

他の映画でも展開が急なのってあるでしょ、それと一緒。

そういうのもスピード感が出て良かったと思う。

 

だから、ストーリーが原作と違うってのは問題ない。

そこを批判するのは「原作と同じものが見たかったんだ!」って言ってるのと一緒でしょ。

僕は「それって映画化する意味ある?」って思う。

 

違うストーリーを認められないのは、映画『進撃の巨人』が見たいんじゃなくて、『原作を忠実に実写化した進撃の巨人』が見たいだけだよね。

それなら映画を見なきゃいいだけだし、批判するのもお門違い。

 

原作とは違うストーリーを楽しまなきゃ。

 

もったいないよ。

 

謎の演出がいっぱい。どうしてそうなった?

次に批判が多いのが『謎の演出』です。

 

「ここでそれする?」とか。

「なぜにそうなる?」とか。

 

いろいろ引っかかるところが満載なのが映画『進撃の巨人』ですwww

 

 

たとえば、こんなシーン。

 

壁に空いた穴を埋めるために、エレン達は巨人がウヨウヨいる壁の外の世界に踏み出します。

巨人は夜になると活動が停止しますが、油断は禁物。

彼らは音に反応して人間を襲うため、ハンジ班長は部下たちに声を潜めるよう指示します。

…にもかかわらず、エレン達調査兵団一行はぺちゃくちゃおしゃべりをしちゃう始末。

 

・・・・・

 

喋っちゃダメだって!

 

何で普通に話すの!

 

巨人に聞こえちゃうって!

 

 

また、別のシーンでは…

 

夜、壁外の野営地で休息をとる一行。

エレンと仲間の女性が一緒にいるそばで、別のカップルがとある行為を始めようとします。

それに触発された女性(シングルマザー)は自分の胸にエレンの手を押し当て、娘の父親になって欲しいと懇願し、子持ちは嫌?と問いかけます。

 

・・・・・

 

ここで?

 

今?

 

巨人いるよ?

 

 

また、別のシーン…

 

巨人に襲われるエレン達。

エレンの幼馴染アルミンが巨人に襲われそうになります。

その時、調査兵団の仲間の一人(普通の大人)が巨人の腕をとり、見事一本背負いをお見舞い!

アルミンは九死に一生を得るのでした。

 

・・・・・

 

一本背負い?

 

君も巨人かな?

 

 

以上、見た人がほぼ全員「んっ?」ってなる代表的なシーンでしたwww

 

 

ちょっと雑かなあってのが僕の感想です。

団員の緊張感の無さとか、あり得ない怪力とかね、もう爆笑ものでしょ。

 

でも、どうやら脚本の段階ではこうじゃなかったらしいね。

脚本は映画評論家の町山智浩さんなんだけど、町山さんの脚本では全部ちゃんとしてたんだって。

でも、実際にはそれが反映されず、こうなった。

 

どうしてこうなったかというと、

  • 現場で監督が思いつきでラブシーンを入れた
  • 「話し声を小さくしとくから」と言ってたのに普通の話し声のままだった
  • 脚本では投げられるのは小型巨人だったが、仕上がりはデカかった

つまり、脚本通りだったら変な演出は無かったのに、現場で監督が好き勝手やった結果、批判続出の演出三昧になったってこと、らしい。

 

・・・・・

 

樋口監督と町山さん…

 

コミュニケーション足りてなくない?