熱い!熱い!熱い!モウレツに熱いよーーーーーーー!『バクマン。』映画の感想|大人気マンガを実写映画化。超感動の青春ストーリー!

映画『バクマン。』感想

スポンサーリンク

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、映画『バクマン。』です。

 

 

 

まずはあらすじをどうぞ。

優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫画原作家を志す高木秋人(神木隆之介)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初は拒否していたものの声優志望のクラスメート亜豆美保への恋心をきっかけに、最高はプロの漫画家になることを決意。コンビを組んだ最高と秋人は週刊少年ジャンプ連載を目標に日々奮闘するが……。

バクマン。/ Yahoo! 映画

 

高校生漫画家サイコーとシュージンは、憧れの漫画雑誌ジャンプの連載を勝ち取るために漫画に全てを捧げる。

映画『バクマン。』は、志を同じくする漫画家仲間との友情や、最強のライバルとの漫画バトルなど、エンターテイメントの全てを盛り込んだ作品です。

 

 

主な登場人物

真城最高(ましろもりたか)/佐藤健

真城最高出典:映画『バクマン。』予告 – YouTube

バクマン。の主人公。作画担当。通称サイコー。叔父さんがジャンプで連載していた漫画家。亜豆に想いを寄せている。

 

高木秋人(たかぎあきと)/神木隆之介

高木秋出典:映画『バクマン。』予告 – YouTube

バクマン。の主人公。原作担当。通称シュージン。サイコーの作画力に惚れ込んで一緒に漫画家になろうと誘う。

 

新妻エイジ(にいぬまえいじ)/染谷将太

新妻エイジ出典:映画『バクマン。』予告 – YouTube

天才新人漫画家。高校生初のジャンプ連載を勝ち取る。サイコーとシュージンのライバル。

 

亜豆美保(あずきみほ)/小松菜奈

亜豆美保出典:映画『バクマン。』予告 – YouTube

サイコーとシュウジンの同級生。声優を目指して転校してしまう。サイコーとは両思いだが、お互い夢を叶えるまでは会わないでおこうと約束する。

 

福田真太(ふくだしんた)/桐谷健太

福田真太出典:映画『バクマン。』予告 – YouTube

新人漫画家。ヤンキー気質。

 

平丸一也(ひらまるかずや)/新井浩文

平丸一也出典:映画『バクマン。』予告 – YouTube

新人漫画家。お金が大好き。

 

中井巧朗(なかいたくろう)/皆川猿時

中井巧朗出典:映画『バクマン。』予告 – YouTube

新人漫画家。連載が打ち切りになり、実家に帰る。

 

川口たろう(かわぐち)/宮藤官九郎

川口たろう出典:映画『バクマン。』予告 – YouTube

サイコーの叔父。故人。ジャンプで連載を持っていた。

 

服部哲(はっとりあきら)/山田孝之

服部哲出典:映画『バクマン。』予告 – YouTube

サイコーとシュウジンの担当編集者。

 

佐々木(ささき)/リリー・フランキー

佐々木編集長出典:映画『バクマン。』予告 – YouTube

ジャンプ編集部編集長。サイコーの叔父、川口たろうの元担当編集者。

 

 

映画『バクマン。』の見どころ

映画『バクマン。』は2008年から週刊少年ジャンプにて連載されていた漫画が原作です。

今回の作品はオリジナルストーリーで、発行されているコミック全20巻の内容を凝縮した内容になっています。

 

僕は原作を読んでないんだけど、めちゃ楽しめました!

原作を読んだ人は「サイコーとシュージンが逆だ」とか、「いや、これで良かった!」とかいう意見があるようですが、正直どっちでもいいっすwww

だって、原作知らないからね。

 

というわけで、映画『バクマン。』の感想とか見どころを書いていきます!

 

 

佐藤健と神木隆之介、2人の主人公。果たして高校生に見えるのか…

主人公の2人、サイコーとシュージンは高校生です。

で、演じる佐藤健と神木くんはというと、公開当時26歳と22歳ぐらい。

 

・・・・・

 

いや、これ大丈夫?

 

コスプレ高校生になるんじゃない?

 

 

神木くんの高校生役は大丈夫だろうなあって思ってたんだよね。

神木くんはまだ大人を感じさせないし。

僕の中ではまだ高校生役オッケー。

 

問題は佐藤健の方。

さすがに高校生は無理があった…んだけど、なんとか凌いだ!(汗)

 

漫画を書き始めたら高校とか関係なくなって。

学校のシーンも少なくなって、漫画部屋?作業部屋?に籠もりっきりになるから、制服着ないじゃん。

そうなるとね、佐藤健の高校生感の無さとかどうでもよくなったwww

 

結局、高校生が漫画描いてるって設定が薄くなっちゃったてことかな。

制服着てないと、みんな大人に見えるからね。

 

ちなみに新妻エイジも高校生なんだけど、新妻エイジ役は染谷俊くん。

染谷くんの高校生感は…

 

・・・・・

 

微妙…。

 

 

みんな若々しさが無いよね。

神木くんぐらいじゃない、フレッシュなの。

ま、仕方ないよね、大人が作ってんだから。

 

多少のコスプレ感は飲み込んじゃおう。

 

 

王道中の王道、友情たっぷりの青春ストーリー

映画『バクマン。』の見どころの一つ、それは漫画家仲間の友情です。

 

サイコーとシュージンには同期的な新人漫画家たちがいます。

その漫画家たちと切磋琢磨しながら成長していく様子は、王道の青春ストーリーそのもの。

分かりやすい構図でも感動せずにはいられなかった!

 

たとえば、サイコーが体を壊して連載を休載せざるを得なくなった時、彼は無理を押して漫画を描き続けます。

それを聞いた仲間たちはサイコーとシュージンの作業場に駆けつけ、何とか原稿を間に合わせようと手伝うのです。

 

漫画家が他の漫画家の原稿を手伝うってアリ?って思った。

だって、他の人の作品だよ、それ手伝うかなって。

いわば、ライバルみたいなもんじゃん。

どうだろうなあって思ってたら、どうやらこれ実話を元にしてるみたい。

 

これは昔、ちばてつやがトキワ荘に住んでいた頃、右手をケガして絵が描けなくなったんだって。

そこで、赤塚不二夫や石ノ森章太郎とか漫画家仲間が「困ったときはお互い様だ」つって、手分けして原稿を仕上げたらしい。

 

いや、まさか実話とはね。ビックリ。

 

 

赤塚不二夫ってバカボンの人でしょ。

あの、ちょっと変わった人。

 

・・・・・・

 

…意外だなあ。

 

 

みんで原稿を仕上げてる時、ライバルの新妻エイジも作業場に来るんだけど、彼は単に手伝う事はしないんだよねえ。

 

新妻エイジは彼なりにサイコーを応援しにくる。

「ちょっと自分に原稿を描かせてくれ」って言う。

で、サイコーが書いた原稿に手を加えながら、「真城先生(サイコー)はもっと上手く描けるはずだけどなあ」って、やんわりけしかけるの。

 

それが彼なりの応援、エール。

 

そういうの、イイね!

 

 

もちろん手伝うのも優しさだけど、尻を叩くっての?

そういう優しさ、応援、激励…みたいなの、

 

カッコイイね!

 

 

漫画家っていう厳しい世界にいる若者?を上手く表現してた。

 

仲間同士の友情も大事。

切磋琢磨するライバルの存在も大事。

 

そういうとこ、青春じゃん!

 

 

地味になりがちな漫画を書く作業という工程を、エンターテイメントに見せる巧さ

カッコよかったシーンをあげるとすると、間違いなく漫画を書いてるシーン。

そして、新妻エイジとの漫画バトルシーン。

 

漫画の順位を競い合うっていうのを表現するのに、漫画を使ってバトルしてるように表現してた。

巨大なGペンとか持ってインクを飛ばしながら戦うの。

バトル01出典:映画『バクマン。』予告 – YouTube

 

新妻エイジは羽が生えて空飛んだりしてね。

バトル02出典:映画『バクマン。』予告 – YouTube

 

染谷くんは『バクマン。』でワイヤーアクションするとは思わなかったって言ってたんだって。

 

 

サイコーとシュージンが作業場で漫画を描いてるシーンはプロジェクションマッピングを使って、原稿を投影してた。

 

はじめ、合成かなって思ったんだけど、ちょっとひかかったんだよね。

何かリアルだなって。

合成したみたいに綺麗じゃなかった。

 

で、調べてみたらプロジェクションマッピングだって言うから、ビビった。

映画のシーンでプロジェクションマッピングとか初めてじゃない?

てか、僕は初めて見た。で、ビビった。

めちゃカッコよかった。

 

漫画が仕上がっていく様子をこんな風に表現するなんて、脱帽だわ。

 

大根監督、天才だね!

 

 

エンドロールがスゴくいい!

この映画、エンドロールが話題だよね。

てか、知らなかったんだけど、映画見てエンドロール見てスゲエ!ってなって調べた。

そしたら、レビューとか感想書いてるブログにことごとく書いてるの「エンドロールがスゲエ」って。

 

どうスゴイかって言うと、スゲエ手が込んでる。

あと、漫画愛が溢れてる。

 

もうね、漫画に対する想いがだだ漏れしてるの。

バカじゃないwww ここまでやる?って感じ。

 

だからね、これは見て。

説明聞くより見たほうが感動するから。

 

ホントにスゴイ。

みんながブログに書くの分かったわ。

 

 

映画『バクマン。』まとめ

高校生がジャンプの連載を勝ち取るために必死になって努力する。

そして、漫画を通して出会った仲間たちと助け合い、ライバルと切磋琢磨し成長する物語。

 

ストーリはシンプルでとても分かりやすい。

エンターテイメント的な見せ方も素晴らしく、楽しめる。

 

映画『バクマン。』は漫画原作の実写映画化作品としては大成功しているようで、確かに原作ファンからも好意的な声が多く、素晴らしい映画でした。

 

 

やっぱり小難しいものより、分かりやすくて楽しめる映画がいいでしょ。

そういう意味で『バクマン。』はエンターテイメント作品として大満足の仕上がりです。

 

 

どこぞの誰かが高校生っぽくない…というとこだけは目を瞑ってね。

お願いです!

 

では。

 

 

 

スポンサーリンク