映画『ミュージアム』ネタバレ感想|小栗旬VSカエル男!R指定スレスレのホラーはグロ怖映像のオンパレード!

映画『ミュージアム』

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、映画『ミュージアム』です。

映画『ミュージアム』

 

映画『ミュージアム』は巴亮介さん原作の漫画を実写化したものです。

漫画の方は『週刊ヤングマガジン』で2013年35号から2014年10号まで連載されていて、単行本は全部で3巻出てます。

全3巻って映画にするのにちょうどいいボリューム。「漫画を完全再現できてんじゃね?」ってぐらいジャストフィットサイズだよね。

映画のための漫画みたい。てか、作者それ狙ったか!? だとしたら策士だな。

 

で、予告とか見てもお分かりの通り、映画『ミュージアム』はサスペンスホラーなんだな。

ホラーってことは怖いんだな。

怖いってことは、「ギャッ!」とか「オワッ!」とか「オエッ!」とか「ヒエッ!」とかあるわけなんだな。

で、僕は上記の全てが苦手なわけですよ。

 

サスペンスは好きなのよ。

サスペンスぐらいのドキドキには耐えられる。崖っぷちで。スレスレで。

問題はホラーの部分。

僕はね、正直「ホラーいる?」派の人間だからホラー見ないんです。

何でわざわざ2時間かけてビビらされなきゃならんのだって思うんです。

そこに楽しみを発見できんのだ!ジェットコースターは乗れてもホラーには乗れんのだ!!!

 

 

でも…

 

ポスターの小栗くんの圧に負けて…

 

ポスターのカエル男の圧に負けて…

 

「Amazon プライムビデオ会員様なら無料で見れますよ!」って誘惑に負けて…

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

負けた

初ホラー。

 

したら意外と楽しかった! 感想も書けるわ! よかったよ! やってみるもんだよ! おまえもやってみろよ! 一皮むけっぞ!

 

よろしく!

 

 

映画『ミュージアム』の魅力4選!

映画『ミュージアム』出典:映画『ミュージアム』 本予告

映画『ミュージアム』の魅力を、

  1.  個性豊かな登場人物たち
  2.  グロい映像ばかりであ~る、でもR指定はな~い
  3.  沢村刑事(小栗旬)、カエル男(妻夫木聡)にボロボロにされる
  4.  最後(エンドロール)までカエル男が妻夫木くんだと気づきませんでした!

の4つに厳選しました。

まずは、登場人物からご紹介しましょう。

 

個性豊かな登場人物たち

沢村久志

沢村久志出典:映画『ミュージアム』 本予告

演:小栗旬

警視庁捜査一課一係巡査部長。連続猟奇殺人事件の犯人・カエル男を追跡する。

事件の捜査に没頭して家庭を顧みなかった結果、妻(沢村遥)と息子が家を出ていくことになる。

カエル男事件を捜査していくうちに、妻・遥が事件に関係することを知る。

 

沢村遥

沢村遥出典:映画『ミュージアム』 本予告

演:尾野真千子

沢村久志の妻。仕事に没頭する夫・久志を理解しつつも少しづつ距離を置くようになる。

過去に「幼女樹脂詰め殺人事件」の裁判員をつとめたことで事件に巻き込まれていく。

 

西野純一

西野純一出典:映画『ミュージアム』 本予告

演:野村周平

警視庁捜査一課一係警部補。沢村と共に連続猟奇殺人事件を追う新米刑事。

遺体を見ると、いつも嘔吐してしまうほど現場に不慣れ。

沢村とカエル男事件を追ううちに窮地に追い込まれてしまう。

 

関端浩三

関端浩三出典:映画『ミュージアム』 本予告

演:松重豊

警視庁捜査一課一係警部。沢村の上司。

最後まで諦めない刑事魂を持つ。

カエル男事件では暴走する沢村を押さえつつも、気持ちは分かると理解を示す。

 

カエル男(霧島早苗)

カエル男(霧島早苗)出典:映画『ミュージアム』 本予告

演:妻夫木聡

連続猟奇殺人事件の犯人。「光線過敏症」という太陽光を苦手とする病気に罹患している。

自身が犯す殺人を芸術と称し、一連の殺人をミュージアムだと呼ぶ。