映画『パシフィック・リム』感想|日本をお手本にしたロボットアクションの最高傑作!

映画『パシフィック・リム』

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、映画『パシフィック・リム』です。

 

 

まずは、あらすじをどうぞ。

2013年、突然未知の巨大生命体が太平洋の深海から現われる。それは世界各国の都市を次々と破壊して回り、瞬く間に人類は破滅寸前へと追い込まれてしまう。人類は一致団結して科学や軍事のテクノロジーを結集し、生命体に対抗可能な人型巨大兵器イェーガーの開発に成功する。パイロットとして選ばれた精鋭たちはイェーガーに乗り込んで生命体に立ち向かっていくが、その底知れぬパワーに苦戦を強いられていく。

パシフィック・リム / Yahoo! 映画

突然、海の中から怪獣が現れて人や街を破壊し尽くす。

人類は軍隊を使って何とか一匹目の怪獣をやっつけたけど、次から次に怪獣がやってきて埒が明かないってんで、『イェーガー』っていうロボットを作る。

てか、作れるのがすげえ!

人類はイェーガーで怪獣に対抗するんだけど、だんだん怪獣が強くなってくるは、出てくる頻度が上がってくるわでてんてこ舞いになって、最終作戦に打って出る!ってお話です。

 

主な登場人物(キャスト)

映画『パシフィック・リム』出典:映画『パシフィック・リム』予告編

『パシフィック・リム』はハリウッド映画なんだけど、なぜか日本人である、菊地凛子さんや芦田愛菜ちゃんが出演しています。

芦田愛菜ちゃんは菊地凛子さんの幼少時代の役ね。全然似てないけど、演技の巧さが抜群だから気にしないでね。

その他の俳優さん達は日本では認知度が低いかもしれない…いまいちメジャー感がない…かもしれないけれど、この映画はそこあんまり重要じゃないから大丈夫!

人間よりも怪獣とかロボ(イェーガー)とかの方に注目いきがちだから。問題なし!

 

ということで、主な登場人物をご紹介します。

 

どうぞ!

 

 

ローリー・ベケット

ローリー・ベケット出典:映画『パシフィック・リム』予告編

演:チャーリー・ハナム

物語の主人公。イェーガー『ジプシー・デンジャー』のパイロット。

怪獣との戦いで兄を亡くし、イェーガーに乗ることから遠ざかっていたが、スタッカー(司令官)に呼び戻され再び怪獣と戦うことを決意する。

 

森マコ

森マコ出典:映画『パシフィック・リム』予告編

演:菊地凛子

イェーガーの研究者でありながら高い身体能力によりイェーガー『ジプシー・デンジャー』のパイロットになる。

幼いころに怪獣に襲われ両親を亡くし、その時スタッカーに助けられ共に暮らすようになる。

 

スタッカー・ペントコスト

スタッカー・ペントコスト出典:映画『パシフィック・リム』予告編

演:イドリス・エルバ

環太平洋防衛軍 (怪獣と戦う軍隊) の司令官。元イェーガーのパイロット。

東京での戦闘で、放射能を大量に浴びてしまい癌を患う。劇中たびたび鼻血を出す。

マコのことを娘のように思い心配して、マコがイェーガーに乗ることを反対する。

 

ニュートン・ガイズラー

演:チャーリー・デイ

環太平洋防衛軍に所属する生物学者。

全身に怪獣のタトゥーを入れるほどの怪獣オタク。

 

ハーマン・ゴットリーブ

演:バーン・ゴーマン

環太平洋防衛軍に所属する数学者。

怪獣の出現間隔が短くなっていることを計算によって解明し、次に出現する日時を割り出す。

 

テンドー・チョイ

演:クリフトン・コリンズ・Jr

環太平洋防衛軍の管制官。

蝶ネクタイがトレードマーク。