映画『ハドソン川の奇跡』ネタバレ感想|155人の命を救った英雄が容疑者に!? USエアウェイズ1549便不時着水事故の真実とは?

映画『ハドソン川の奇跡』

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、映画『ハドソン川の奇跡』です。

映画『ハドソン川の奇跡』出典:ハドソン川の奇跡 – 映画.com

 

映画『ハドソン川の奇跡』は実話を元に作られています。

USエアウェイズ1549便のハドソン川への不時着水は実際に起こった出来事です。

僕も当時のことを何となく覚えていて、おお、、、スゲーな…、ぐらいに思ってました。

 

で、その事故を、あのクリント・イーストウッドが映画化。

クリント・イーストウッドと言えば『硫黄島からの手紙』『父親たちの星条旗』など、メッセージ色の強い作品が有名ですね。

メッセージ臭がプンプンする作品ばかりです。

 

今回クリント・イーストウッドが扱った題材は、あのUSエアウェイズ1549便の不時着水

つまり、この『ハドソン川の奇跡』も当然、何かしらのメッセージが込められているのです!(たぶん…)

 

映画『ハドソン川の奇跡』の魅力3選!

映画『ハドソン川の奇跡』出典:『ハドソン川の奇跡』予告

映画『ハドソン川の奇跡』の魅力を、

  1.  主な登場人物(キャスト)
  2. 英雄から犯罪者!? サレンバーガー機長の苦悩
  3. 客室乗務員の対応がすごかった

の3つに厳選しました。

 

まずは、登場人物からご紹介しましょう。

どうぞ!

 

主な登場人物(キャスト)

チェスリー・“サリー”・サレンバーガー(トム・ハンクス)

チェスリー・“サリー”・サレンバーガー(トム・ハンクス)出典:『ハドソン川の奇跡』予告

USエアウェイズ1549便機長

 

ジェフ・スカイルズ(アーロン・エッカート)

ジェフ・スカイルズ(アーロン・エッカート)出典:『ハドソン川の奇跡』予告

USエアウェイズ1549便副機長

 

チャールズ・ポーター(マイク・オマリー)(左)

チャールズ・ポーター(マイク・オマリー)(左)出典:『ハドソン川の奇跡』予告

国家運輸安全委員会の調査員

 

ベン・エドワーズ(ジェイミー・シェリダン)(右)

チャールズ・ポーター(マイク・オマリー)(左)/ベン・エドワーズ(ジェイミー・シェリダン)(右)出典:『ハドソン川の奇跡』予告

国家運輸安全委員会の調査員

 

エリザベス・デイヴィス(アンナ・ガン)(左)

エリザベス・デイヴィス(アンナ・ガン)(左)出典:『ハドソン川の奇跡』予告
国家運輸安全委員会の調査員