実写映画『テラフォーマーズ』ネタバレ感想|ゴキブリ達が大暴れ!昆虫パワーで対抗せよ!

実写映画『テラフォーマーズ』ネタバレ感想

\『テラフォーマーズ』が無料で見放題!/

プライム・ビデオ
プライムビデオ

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、映画『テラフォーマーズ』です。


まずは、あらすじあらすじをどうぞ。

21世紀、人口爆発を迎えた人類が選択した火星移住計画。人類はコケと“ある生物”を送ることで火星を地球化させようとした。それから500年。計画の仕上げのために火星へ送り込まれた隊員15人のミッションは、その生物の駆除。ところが、“ある生物”は人型に異常進化した凶暴な驚愕生物へと姿を変え、隊員たちに次々と襲いかかる。絶体絶命な状況のなか、彼らの身体に秘策が仕込まれていたことが明かされる。昆虫のDNAによって虫の姿に“変異”し、超人的なパワーを発揮できるのだ。騙されたことに怒りながらも、どう猛すぎる力を与えられた小町小吉(伊藤英明)のもと立ち上がる隊員。ついに人類対テラフォーマーの壮絶な戦いが始まる!だが、その裏で、もうひとつの陰謀が着々と進んでいた─。

映画『テラフォーマーズ』公式サイト

って、長いわ! 読むの大変だわ!

 

簡単に言うと…

地球に住めなくなった人間が「じゃあ、火星に住もう!」って話になったんだけど、その為には色々準備しなくちゃいけなくって、その一つが火星にゴキブリを送り込むことだったわけ。

で、500年経って「もう準備オッケーね!火星に住めるよね!」ってなったんで、「じゃ、ゴキブリ駆除に行ってきまーす!」って火星に行ったら、ゴキブリが超進化してて(テラフォーマー)、超強くなってて、マジヤベえ!ってなって、そっちがその気ならこっちも人間を魔改造して戦います!ってお話です。

 

OK?

 

映画『テラフォーマーズ』とは

映画『テラフォーマーズ』出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

『テラフォーマーズ』は作:貴家悠さん、画:橘賢一さんによる漫画で、週間ヤングジャンプにて連載中(2017年15号から休載中)です。

2014年にはOVAとTVアニメの2メディアでアニメ化され、2016年に三池崇史監督によって実写映画化されました。

 

映画『テラフォーマーズ』の見どころは、何と言っても”火星探査船『バグズ2号』の乗組員たちが『バグズ手術』を受け、体内に昆虫のDNAを組み込まれている”っていうところ。

そのバグズ手術によって彼らは超人的な力を得る。てか無理くり与えられる。

火星に送られた彼らは、個々別々の昆虫の力を与えられていて、そのバラエティの豊富さが『テラフォーマーズ』の面白さに繋がっています。

たとえばカマキリとか蟻とかバッタとか蛾とかゴミムシとか蜂とかゾウムシとか蚊とか…聞いたこともないような昆虫の力を体に植え付けられています。

 

バグズ2号の面々は、その能力を使って火星にいるゴキブリ野郎と戦っていく。

果たして、バグズ手術を受けた彼らの能力とは?

火星で超絶進化したゴキブリ野郎どもの強さはいか程か?

そして、バグズ2号の乗組員たちは無事に火星から地球に生還できるのか?

彼らの運命やいかに!?

 

映画『テラフォーマーズ』を彩る魅力的な登場人物(キャスト)たち

映画『テラフォーマーズ』出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

映画『テラフォーマーズ』の魅力は何と言っても昆虫化したバグズ2号の乗組員たち

彼らはバグズ手術によって、昆虫が持つ様々な能力を使用することができます。

その能力は、昆虫の大きさでは『そこそこ…』だったかもしれませんが、人間大にすると『とてつもなく強力!!!』な武器となるのです!

バグズ2号の乗組員達は、その昆虫パワーを使って、あのクソゴキブリ野郎をバッタバッタとなぎ倒して、グッチャングッチャンに潰して、ペッチャンコにして、二度と悪さできないように懲らしめちゃいなさい! ……ふう。

 

ということで、何はともあれバグズ2号の乗組員たちをご紹介しましょう。

彼らが何の昆虫のDNAを注入されたのか? どんな能力をゲットしたのか? その辺りの超気になるポイントを中心に、主な登場人物たちを見ていきます!

 

 

小町小吉(演:伊藤英明)

小町小吉(演:伊藤英明)出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

本作の主人公、小町小吉が組み込まれたのはオオスズメバチです。

小吉はオオスズメバチに変態すると、腕が太くなって手の甲辺りから毒針が生えてきます。

その毒針を使ってガンガン殴り、毒針ぶっ刺してゴキブリ野郎をなぎ倒していきます。

 

小吉の能力(オオスズメバチ)は今回のメンバーの中でも一番獰猛な昆虫で、最後まで昆虫化するなと言われます。

秘密兵器は最後のお楽しみ!的なことですかね。

ま、確かにオオスズメバチって超凶暴ですよね。超強そうですよね。超頼りがいありそうですよね。主役感バリバリですよね。

ただね、全員がこの能力もらってればね……最強軍団だったんじゃね?っていう疑問…あるよね。

 

秋田奈々緒(演:武井咲)

秋田奈々緒(演:武井咲)出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

本作のヒロイン、秋田奈々緒が組み込まれたのはクモイトカイコガです。

クモイトカイコガは鋼鉄の強度の糸を1000m紡ぐことができると言われています。

その糸を使ってどう戦うのか…は、分からずじまいでした。

なぜなら…奈々緒は…速攻で………言えねえ!

とまあ、武井咲ちゃんの出番は火星に行ってからはあんまり無かったわけです。残念。

 

武藤仁(演:山下智久)

武藤仁(演:山下智久)出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

武藤仁が組み込まれたのはサバクトビバッタです。

仁はサバクトビバッタに変態すると脚力が増し、主に足技でテラフォーマー達を倒していきます。

敵から敵へジャンプしながらガンガン蹴り倒す。てか、蹴り潰す。

さらに、強力なジャンプ力を使ってはるか上空に飛び上がり、そこから…かかと落とし!を繰り出したりもします。

 

ちょっと気になったんだけど…あんまりストーリーとは関係ないんだけど………仁の髪型おかしくね?

なんかズラかぶってます感すごいんだけど。モンチッチ(わからない人はお父さんお母さんに聞いてみよう!)みたいな頭してんだけど。

なんでこんな事になってんの? この髪型、必要?

ねえ、誰か、おせーて!

 

蛭間一郎(演:山田孝之)

蛭間一郎(演:山田孝之)出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

蛭間一郎が組み込まれたのはネムリユスリカです。

ネムリユスリカは戦闘能力は高くありませんが、ピンチの時には仮死状態になることができます。

ネムリユスリカは仮死状態になると急激な温度変化や放射線、真空状態などにも耐えることができるのです。

つまり、死なない昆虫と言われています。

ただね、この能力って他の人にとっては…結構………迷惑だよね!

ヤベえ!ってなったら自分一人で仮死状態になって、嵐が過ぎ去ったころに目覚める!っていう作戦………ズッチくない?

 

ゴッド・リー(演:ケイン・コスギ)

ゴッド・リー(演:ケイン・コスギ)出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

ゴッド・リーが組み込まれたのはミイデラゴミムシです。

ミイデラゴミムシの能力は、過酸化水素とハイドロキノンを体内で合成することで、手から超高温の爆炎を放出することができます。

ま、つまり、かめはめ波打てんぞ!ってこと。

おお、これ最強やんけ!って技っぽいんですけどね、何でだろう… テラフォーマー達、G(ゴキブリ)達、強かったのかな? 装甲が分厚かったのかな? これで倒されちゃうとリーだけで全滅できちゃうって思ったからかな? 効かないの、全く。

ヒドイよ…かわいそうだよ…リーーーー!

 

森木明日香(演:菊地凛子)

森木明日香(演:菊地凛子)出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

森木明日香が組み込まれたのはエメラルドゴキブリバチです。

エメラルドゴキブリバチはゴキブリに毒を注射して動きを止め、そのすきに卵を産み付ける昆虫です。

で、こっち(映画)のエメラルドゴキブリバチの能力は、テラフォーマーに毒針を挿してコントロールするというもの。

つまり、テラフォーマーがうじゃうじゃいる火星において最強の能力なのです! だって、あのG(ゴキブリ)野郎たちを支配できるんだからね。最強でしょ!?

しかし、G(ゴキブリ)達もだまっちゃいない。

そこは映画、作り話、都合よく事が運ぶ…

森木の毒が効かない新種のテラフォーマーが…誕生する…なんてことも…あったり…無かったり…

 

堂島啓介(演:加藤雅也)

堂島啓介(演:加藤雅也)出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

バグズ2号の艦長、堂島啓介が組み込まれたのはパラポネラ(サシハリアリ)です。

パラポネラは体長が2.5センチもある蟻で、刺されると銃で撃たれたような激痛が走ると言われているほど凶暴な蟻です。

堂島はそのパラポネラに変態すると、蟻の強靭な筋力と頑丈さによってテラフォーマー達をボコボコに殴り倒していきます。

腕力だけで言ったら小町小吉のオオスズメバチと同等の強さかもしれません。

なのに…な、の、に…序盤で、ね………脇役だから………グスン。

 

大張美奈(演:小池栄子)

大張美奈(演:小池栄子)出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

バグズ2号の副艦長、大張美奈が組み込まれたのはハナカマキリです。

大張美奈は堂島艦長亡き後(あ、ネタバレ…)バグズ2号の面々を引っ張っていくのです。

そして、テラフォーマー達に囲まれ絶体絶命の状況になっても、彼女はそのカマキリ特有のカマで、G(ゴキブリ)野郎どもをバッサバッサと切りチョンパにしていくのです!

しかし、やっぱり、最後は…脇役だから………自分の腕をもがれて…その自分のカマで……栄子ーーー!

 

大迫空衣(演:篠田麻里子)

大迫空衣(演:篠田麻里子)出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

大迫空衣が組み込まれたのはクロカタゾウムシです。

クロカタゾウムシは非常に硬い殻で体を覆われていて、あらゆるものを弾きかえす事ができるはず…だったんだけど、そうは問屋が降ろさなかった………ね。

ま、篠田さん超チョイ役だから、そんな活躍しないよね。

何ていうか…彩り、だよね!

 

連城マリア(演:太田莉菜)

連城マリア(演:太田莉菜)出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

連城マリアが組み込まれたのはニジイロクワガタです。

本当の昆虫の方のニジイロクワガタは、体が七色に輝く美しい昆虫で世界一美しい昆虫と言われています。

で、そこから派生して映画『テラフォーマーズ』のニジイロクワガタは、体が七色に変化し光学迷彩になる、というものでした。

が…その素晴らしい能力を使う暇もなく、連城マリア(太田莉菜)さんは大量のテラフォーマーの波に飲み込まれ、あっけなくTHE END…かも!?

 

手塚俊治(演:滝藤賢一)

手塚俊治(演:滝藤賢一)出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

手塚俊治が組み込まれたのはメダカハネカクシです。

メダカハネカクシは口からジェット噴射みたいなのを出して高速移動ができる。(本当の虫はお尻から)

で、手塚の仕事もジェット噴射役だった。本当にこれだけ、人間ジェットの噴射。

この役を、あの滝藤賢一にやらせるなんて…贅沢だ!

ま、手塚はちょっとキレキャラ入ってたから滝藤さんに合ってはいたんだけどね。でも、あんまり出番がなくってもったいなかった。

 

本多晃博士(演:小栗旬)

本多晃博士(演:小栗旬)出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

今回の作戦の立案者。そして、バグズ手術を施した張本人。

原作でもこんな感じだったのかな? 本多博士は何というか…ちょっと頭がおかしい役。

「天才ってこうだよね。ちょっと普通とは違うよね」っていう分かりやすい発想で出来上がったような変人キャラ。を、小栗くんが怪演しています。

ただね、この設定いる?っていう疑問はあるよね。このコミカル要素が必要だったかな?っていう謎…残ったよね。

 

テラフォーマー(ゴキブリ)がキモい!

実写映画『テラフォーマーズ』出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

『テラフォーマーズ』の見どころと言えば、何と言ってもあのゴキブリ(テラフォーマー)だよね。

人間大に進化したゴキブリが火星探索にやってきた『バグズ2号』の乗組員たちを襲う。

”宇宙でよく分かんない宇宙人に出会う”ってだけでも気味が悪いのに、そいつらがゴキブリの進化した宇宙人だなんて…

 

もう…

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

ゾゾゾ!!!

ってなるね。

 

 

漫画やアニメ版もゴキブリの描写は超キモくて、「もしゴキブリが人間になったらこうなる…かも…」ぐらいリアリティのあるゴキブリ人間っぷり。

それを、あのVFXの鬼(三池崇史)が超リアルにゴキブリ人間を再現するもんだからさあ、もう大変よ。

ゴキブリのあの表面の質感。黒いんだか茶色いんだか中間ぐらいの色合い。脂ギッシュでテカテカした光沢。全力のG(ゴキブリ)再現力!

 

もうね、これ見た後、晩御飯とか食べれないから。

寝る前に思い出したら、枕元とか超気になってソワソワしちゃうから。

もし部屋の中でG(ゴキブリ)見つけたら、全力でぶっ殺しにかかるから! 親の敵ですか?ってぐらい目血走ってますから! 殺虫剤の缶、半分くらい使っちゃう勢いで噴射しますから!

それぐらいG(ゴキブリ)に対する恐怖と憎悪を掻き立てる映像になってます。

 

で、見た目のG感もスゴイだけど、動きとかもG感を出してくんの、追求してくんの、提供しくんのよVFXの鬼(三池崇史)は。

G(ゴキブリ)ってさ、動き早いじゃん。サササッ!って超高速で逃げんじゃん。虫の段階で十分速いじゃん。

それをさ、「G(ゴキブリ)が人間サイズになったらこれくらい早いですよね。笑」って親切丁寧に再現しちゃってんの。

 

それが超キモいわけさ。カサカサスピードが人間大で再計算されたものを見せつけられるとさ、リアルなわけよ。「あるある~!」って言っちゃってる自分がいるわけよ。実…在…して…る…?って錯覚するわけよ。

それぐらい、リアルG(ゴキブリ)人間、追求してた。

脱帽だよ。完敗だよ。お手上げだよ…もう。

 

ちなみに…

 

 

時々G(ゴキブリ)人間が「ギョッ…」発するんだけど…

 

 

これ…

 

 

めちゃ…

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

腹立つ!

 

映画『テラフォーマーズ』ネタバレ感想|まとめ

実写映画『テラフォーマーズ』出典:映画『テラフォーマーズ』予告編

大人気漫画の実写映画化ってことで、非常にハードルが高かったんだけど、あの特撮(VFX)の鬼、三池崇史監督が見事に『テラフォーマーズ』の世界観を作り上げてくれました。

テラフォーマー達(ゴキブリ)とか、昆虫化したバグズ2号のみんなとかね、十分見れる映像になってました。

てか、もうほとんどCGだったな。役者いるか?ぐらいCGだったよ。小町小吉(声:伊藤英明)ぐらいでもよかったかもよ。

 

ストーリーがスッゲー急展開で、イマイチついていけなとこもあったのは残念だったけど、単純に戦闘シーンとか迫力あって楽しめました。

ま、この映画はストーリーよりも映像とかを堪能するものかと思います。ちびっ子でも大丈夫。楽しいよきっと。

 

ただ、テラフォーマー(ゴキブリ)はキモいけどね。

ゴキブリがだめな人は始終ゾゾってならなきゃだから辛いかも。頑張ってみなきゃいけないかもしれない。

 

ま、頑張ってくれ。

 

では!

 

 

 

映画『テラフォーマーズ』はAmazon プライムビデオで!

今回ご紹介した映画『テラフォーマーズ』はAmazon プライムビデオで見ることができます。

amazon プライムビデオ

Amazon プライムビデオは、20000タイトルを超える映画やドラマやアニメなどが見放題のサービスで、Amazon Primeに加入すれば利用することができます。

Amazon Primeは年会費3900円(月額にすると325円!)で加入可能で、下記のような特典があります。

  • Amazonで買い物をした時、お急ぎ便やお届け日指定が使えたり、送料が無料になる
  • Kindle(電子書籍の端末)やFireタブレットが4000円引きで購入できる
  • 音楽聴き放題サービス、プライムミュージックが使える

Amazonでお買い物をよくする人や、週末に映画を見たり音楽を聞いて過ごすような人にはマストなサービスではないでしょうか。

現在Amazon プライムビデオは、30日間の無料体験も実施しています。この機会に一度お試し下さい。

 

AB夫
無料トライアルは、いつでも簡単にキャンセルできるから安心です!