マ~ベラス!トム&メグの黄金コンビは最高だ!『ユーガットメール』映画の感想|甘酸っぱ~い、胸キュンラブストーリーをご堪能あれ!

映画『ユー・ガット・メール』感想

スポンサーリンク

 

こんにちは、AB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、映画『ユー・ガット・メール』です。

 

 

 

まずはあらすじをどうぞ。

キャスリーンは、母親の代から続く小さな絵本の店を経営している。彼女は“ショップガール”というハンドルネームを持ち、顔も知らない“NY152”というハンドルネームの男性とメールのやり取りをすることを日々の楽しみにしていた。彼女の本屋の近くに大手の本屋チェーンがオープンするが、その経営者が実は“NY152”のジョーであった。彼も“ショップガール”とのメール交換を心の糧にしていたが、二人は顔を合わせると喧嘩が絶えなかった。そんなときキャスリーンは“NY152”から直接会わないかと提案される……。

ユー・ガット・メール / yahoo映画!

 

 

主な登場人物(キャスト)

ジョー・フォックス(トム・ハンクス)

ジョー・フォックス(トム・ハンクス)

出典:YOU’VE GOT MAIL (1998) – Official Movie Trailer

大手ブックストアー『フォックス・ブックス』を経営する一族の御曹司。ハンドルネーム『NY152』としてキャスリーンとメールのやり取りをする。同棲中の恋人がいたが、自分の本当の気持ちに気づき破局する。

 

キャスリーン・ケリー(メグ・ライアン)

キャスリーン・ケリー(メグ・ライアン

出典:YOU’VE GOT MAIL (1998) – Official Movie Trailer

ニューヨークで母の代から『街角の小さな本屋さん』という小さな本屋を経営している。『Shopgirl』としてジョーとメールのやり取りをしている。同棲中の恋人から「君を(キャスリーン)を愛していない」と告白され、自分も同じ気持ちだと告げ別れる。

 

 

映画『ユー・ガット・メール』の見どころ

『ユー・ガット・メール』は1998年公開の映画です。

1998年というと今から20年前ですから、すっごい昔ですね。

0歳だった赤ちゃんが成人式で大暴れするくらいになる年月です。

 

さて、どうして20年も前の映画を今、見ようと思ったのか…

超大作というわけでもない『ユー・ガット・メール』を…

 

どうして…

 

・・・・・・・

 

それは…

 

・・・・・・・

 

僕が…

 

・・・・・・・

 

 

大のメグ・ライアン好きだからです!

(でも今のメグ・ライアンは微妙なの…どうしてあんな事になったのか…整形したの…?あれか、ヒアルロン酸とか打ったのか…?何か肌のハリがおかしいもんね…自然な年のとり方してないもんなあ…残念だわ…あのキュートなままおばあちゃんになってくれてたら、今でも大好きだったのに…悲しい…悲しいよ………)

 

 

実はね、最近、プライベートで昔の思い出に触れちゃったの。

20年前ぐらいの思い出が目の前に「ド~ン」ってやってきちゃった。

 

それで、

  • 何となく20年前の事を思い出し、
  • その当時見た映画が懐かしくなって、
  • なんだったけかなあって考えてたら、
  • メグ・ライアンのキュートな笑顔が浮かんだ、

というわけです。

 

まあ、だから今回は僕の思い出に付き合ってよってことですww

甘酸っぱい思い出が詰まった映画『ユー・ガット・メール』の感想とかを、20年前の気持ちで書いてくから。

 

よろしくです!

 

 

やっぱこれだね!メグ・ライアンとトムハンクスの黄金コンビ

『ユー・ガット・メール』の見どころは何と言ってもこれ!トム・ハンクスとメグ・ライアンの共演!

この二人なくして『ユー・ガット・メール』は語れません!

 

トム・ハンクスとメグ・ライアンの黄金コンビはこれが二作目なんだよね。

前に共演したのは『めぐり逢えたら』という映画。

これは1993年公開だから、さらに5年前の25年前になります。

 

実は僕『めぐり逢えたら』も、リアルタイムで見たんだよね。

その時のメグ・ライアンがあまりにも可愛すぎてファンになっちゃたの。

 

メグ・ライアンは当時(1993年)で32歳かな、「え、32歳なの?」ってぐらい若々しくて、三十路を過ぎてるようには見えなかった。

あのね、スゲー若いって言うか、可愛いくてキュート!

キュート、キューター、キューテスト!

Meg is cutest! なの。

 

で、今作でもその可愛さは健在で、メグ・ライアンの仕草や表情のキュートなこと!

怒った顔、笑った顔、びっくりした顔、悲しい顔、恋に落ちた顔、嬉しい顔、

その全てが魅力的で、クルックル変わる表情が可愛くって仕方ない!

もう抱きしめたい!いや、抱きしめられたい!

 

 

あと、メグ・ライアンのキュートの象徴と言えば『アヒル口』ね。

Meg is 元祖アヒル口

 

元AKBの板◯さんなんて二番煎じなんだよね。

メグの足元にも及ばないよ。てか、何パクってんだよ!って感じ。

 

世の中の人がみんな写真に映る時にアヒル口してたけど、全然ダメだね。

全くなってない。不自然。

やっぱりね、キュートが足りない人がアヒル口やっても効かないのよ。

効果ゼロ。ただの痛い人にしか見えない。

 

アヒル口はねメグのためにあるもの、それを忘れないでほしいね。

アヒル口 メグ・ライアン」でググってみて。

素敵な笑顔に出会えるから。

もうね、恋に落ちること間違い無しだよ。

 

ただね、あんまり下の方の画像は見ないでね…

 

・・・・・・・

 

今のメグが出てきて悲しくなるから…

 

・・・・・・・

 

・・・・・・・

 

グスン…

 

 

ということでね、『ユー・ガット・メール』はキュートの女王メグ・ライアンと、ハリウッドを代表する俳優トム・ハンクス、この二人の掛け合いが素晴らしい作品なのでした!

 

 

・・・・・・・

 

 

・・・・・・・

 

 

・・・・・・・

 

 

 

ああ!トム・ハンクスの事忘れてた!

 

「トムとメグの黄金コンビ!」なんて言っといて、メグの話ばっかりしてた。

「ハリウッドを代表する俳優」なんて一言も言ってなかったよwww

あっぶねーあぶねー。

メグの話で満足しちゃってた。ふ~(汗)

 

やっぱ、トムがあってのメグだからね、トムを忘れちゃダメだよね。

 

オッケーオッケー、いくよ~、

 

トム・ハンクスはねえ…

 

何がいいってねえ…

 

 

・・・・・・・

 

 

・・・・・・・

 

 

・・・・・・・

 

 

演技が上手…

 

 

はい、普通のこと言った-ーー!

誰でも言えること言ったーーー!

興味持ってなーーーい!

本当はトムに興味持ってなーーーい!

「ハゲ」ぐらいにしか思ってなーーーい!

「デコが広いなあ…」ぐらいしか覚えてなーーーい!

 

・・・・・・・

 

・・・・・・・

 

ま、正直、オッサンのことなんて興味ないですよwww

 

 

好きなもの同士が素直になれないって、世界共通なんだね

この映画の魅力は何と言っても『素直になれない男女のもどかしさ』ってところ。

 

お互いに好きな者同士なのに素直になれず喧嘩しちゃう。

こういうのって甘酸っぱいでしょ?

 

ジョーとキャスリーンも甘酸っぱいんだよなあ。

商売敵として出会い、顔を合わせれば喧嘩をするジョーとキャスリーン。

でも、本当は互いに惹かれ合っているんです。

でもね、素直になれないんだなあ。

 

偶然、パーティーでジョーの正体(商売敵だったこと)を知ったキャスリーンは、ジョーに好意を持っていただけにショックでキツ~くジョーに嫌味を言っちゃう。

ジョーもキャスリーンの嫌味を、売り言葉に買い言葉で返しちゃう。

本当は、お互いにこんなこと言いたくないのに…

彼(彼女)の前だと素直になれない…

 

 

・・・・・・・

 

 

・・・・・・・

 

 

・・・・・・・

 

 

あま~い!

 

 

メールのやり取りだけで顔も知らない『NY152(ジョー)』と『Shopgirl(キャスリーン)』。

ついに『NY152』は『Shopgirl』と会う約束をし、友達と待ち合わせの喫茶店にやって来ます。

友達に『Shopgirl』がどんな女性なのか見てもらうと、そこにはキャスリーンが!

なんとキャスリーンこそが『Shopgirl』だったのです。

 

ジョーは自分が『NY152』だとは告げずにキャスリーンの席へ行き、「男でも待っているの?」とか「そいつはこんな奴だろ」とか、酷いことを言ってしまう。

キャスリーンも負けずに言い返すと、ジョーは少し悲しそうな顔をして帰っていく…

初めてジョーを言い負かしたキャスリーンでしたが、あとに残ったのはつらい後悔だけ…

 

 

・・・・・・・

 

 

・・・・・・・

 

 

・・・・・・・

 

 

あまずっぱ~い!

 

 

こんな調子で二人は素直になれずに、丁々発止のやり取りを繰り返します。

顔を合わせては喧嘩、嫌味、喧嘩、嫌味、喧嘩、嫌味…

二人とも自分の本当の気持ちに蓋をしてしまっています。

 

 

映画のラストシーン。

キャスリーンが『NY152』に会いに行く時、ジョーは彼女にこんな言葉を投げかけます。

 

「互いの立場や出会い方が違っていたら、君と僕は友達になれていたかな?」

「もしそうだったら、僕は君の電話番号を聞いて、一日も我慢できずに電話をかけていたよ…」

「できることなら、そばにいたかった、一生…」

 

・・・・・・・

 

プロポーズやん!

 

 

自分が『NY152』としてキャスリーンに会おうと決めた時、ジョーは本当のことを知られる前に自分の気持を伝えたかったんでしょうねえ。

ジョーとして告白したかった。

『NY152』ではなくジョー・フォックスを選んでほしかった…

 

この言葉を聞いたキャスリーンはつらそうな表情を浮かべながら、「もう時間だから…」と『NY152』に会うための準備をするため家に帰って行く。

 

家へと歩きながら何度も振り返るキャスリーン…

ジョーの気持ちを聞いて嬉しい。

でも、『NY152』にも会いたい。

どっちも大事。

でも、どうしたらいいのか分からない…

 

 

・・・・・・・

 

 

・・・・・・・

 

 

・・・・・・・

 

 

せつねぇー!

 

 

仲違いをしていた二人が、徐々に距離を近づけていく様子が何とも言えず甘酸っぱい。

互いの気持ちに気づいたときの、何とも言えないあの表情。

「あ、私(僕)はこの人のことが好きなんだ…」

それが分かっていても、どうすることもできないじれったい関係…

それはもう、甘酸っぱいなんてもんじゃない!

 

世界に共通する恋の甘酸っぱさ。

それを堪能するのが映画『ユー・ガット・メール』なのです!

 

 

映画『ユー・ガット・メール』まとめ

20年の時を経て、あらためて見た映画『ユー・ガット・メール』は、甘酸っぱさがよりいっそう増したように感じました。

それは僕が年を取ったからなんでしょうね。

恋することから遠くはなれてしまったせいで、よけいに甘酸っぱさを感じずにはいられない!

 

つまり、映画『ユー・ガット・メール』はナウでヤングな恋愛現役選手も、中年恋愛OB・OGたちにも、ズバッと甘酸っぱさを届けてくれる映画なのです!

 

20年前の作品と侮るなかれ!

古臭さなど微塵も感じさせない、逆に洒落た雰囲気を感じさせる映像にうっとりすること間違いなし!(音楽もお洒落!)

 

 

トムがいい!

 

メグはもっといい!

 

二人の共演はものごっそいい!

 

 

さあ、みんな!

 

甘酸っぱくなろうじゃないか!

 

では!

 

 

映画『ユー・ガット・メール』はAmazon プライムビデオで!

今回紹介した映画『ユー・ガット・メール』はAmazon プライムビデオで見ることができます。

 

Amazon プライムビデオはAmazonが提供している、映画やドラマ、アニメなどが見放題のサービスで、映像タイトルの数は20,000を超えています。

洋画や邦画、SFにラブストーリー、はたまたお笑い番組など、その種類が豊富なのも嬉しいですね。

 

では、Amazon プライムビデオはどうすれば利用できるようになるのでしょうか?

それは、Amazon Primeというサービスに加入すればいいんです。

 

Amazon Primeは年会費3900円で入れるサービスで、色々な特典があります。

例えば、Amazonで買い物をした時、お急ぎ便やお届け日指定が使えたり、送料が無料になったり。

他には、Kindle(電子書籍の端末)やFireタブレットが4000円引きで購入できたり、プライムミュージックという音楽が聴き放題のサービスもあります。

Amazon プライムビデオもAmazon Primeのサービスのうちのひとつなのです。

 

Amazon Primeは年会費3900(月額にすると325円!)で様々なサービスが受けられます。

Amazonでお買い物をよくする人や、週末に映画を見たり音楽を聞いて過ごすような人にはマストなサービスではないでしょうか。

30日間の無料体験も実施しているので一度お試しください。

 

 

スポンサーリンク