映画『君の名は。』ネタバレ感想|2016年度興行収入ナンバーワン作品(監督:新海誠 / 音楽:radwimps)

映画『君の名は。』

こんにちはAB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、映画『君の名は。』です。

 

 

まずは、あらすじをどうぞ。

1,000年に1度のすい星来訪が、1か月後に迫る日本。山々に囲まれた田舎町に住む女子高生の三葉は、町長である父の選挙運動や、家系の神社の風習などに鬱屈(うっくつ)していた。それゆえに都会への憧れを強く持っていたが、ある日彼女は自分が都会に暮らしている少年になった夢を見る。夢では東京での生活を楽しみながらも、その不思議な感覚に困惑する三葉。一方、東京在住の男子高校生・瀧も自分が田舎町に生活する少女になった夢を見る。やがて、その奇妙な夢を通じて彼らは引き合うようになっていくが……。

君の名は。/ Yahoo! 映画

 

主な登場人物(声優)

立花 瀧(たちばな たき)

立花 瀧(たちばな たき)出典:『君の名は。』予告

声:神木隆之介

物語の主人公。都内の学校に通う高校生。建築に興味がある。最初、バイト先の先輩、奥寺ミキに好意を持っていた。

 

宮水 三葉(みやみず みつは)

宮水 三葉(みやみず みつは)出典:『君の名は。』予告

声:上白石萌音

物語の主人公。岐阜県糸守町に住む女子高生。家は宮水神社をやっている。母親は他界し、父親は家を出て町長になっている。

 

宮水 一葉(みやみず ひとは)

宮水 一葉(みやみず ひとは)出典:『君の名は。』予告

声:市原悦子

三葉の祖母。宮水神社の神主。瀧と三葉の入れ替わりに気づく。

 

勅使河原 克彦(てしがわら かつひこ)

勅使河原 克彦(てしがわら かつひこ)出典:『君の名は。』予告

声:成田凌

三葉の同級生。あだ名は「テッシー」。三葉に思いを寄せていた。

 

名取 早耶香(なとり さやか)

勅使河原 克彦(てしがわら かつひこ)/名取 早耶香(なとり さやか)出典:『君の名は。』予告

声:悠木碧

三葉の同級生。あだ名は「サヤちん」。勅使河原に思いを寄せていた。

 

奥寺 ミキ(おくでら ミキ)

奥寺 ミキ(おくでら ミキ)出典:『君の名は。』予告

声:長澤まさみ

瀧のバイト先の先輩。三葉と入れ替わった瀧と仲良くなる。

 

 

映画『君の名は。』の見どころ

映画『君の名は。』出典:『君の名は。』予告

2016年度興行収入ナンバーワン映画降臨!!!

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

今さらかい!

 

そうなんです、今さらなんです。今見たんです。やっと見たんです。正月休みに見たんです。レンタルしたんです。amazonでポチってしたんです。レンタルしたら、すぐに地上波でやってたんです。ビックリしたんです。悔しかったんです。腹立たしかったんだんです。残念なんです。バカなんです…

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

普段テレビ見ないからこうなるだよね…

 

 

ってことで、映画『君の名は。』を見たんで、感想とか書いていきます。

 

よろしく!

 

 

背景めちゃ綺麗やんけーーー!

映画『君の名は。』出典:『君の名は。』予告

映画が始まって速攻こう思った。そんぐらい綺麗。インパクトある。感動する。

普通背景って適当というか、おまけっていうか、豆っ子っていうか、補欠?みたいな扱い受けがちでしょ。

それなのに『君の名は。』では主役級の扱い受けてた。

 

「あれ…、これ、CG…?3DCGの映画だったっけ?」みたいな。

よくあるじゃん、3DCGなんだけどアニメっぽい仕上がりにしてるの。

昔の3DCG特有のツル~~~んって感じじゃなくって、カートゥーンっての?職人が描いたセル画でございます!っての?そんな風にしてる感じ。それかと思った。そんぐらい綺麗。

 

映画を見た人たちが『聖地巡礼』って言って、映画に出てきた場所を巡る旅、始めたじゃん。あれする気持ち分かったよ。

単純にミーハーなノリで巡礼することもあるだろうけど、多くの人は、あの映像を見て感動して自分も行ってみたい!ってなったんじゃない?

これ舞台が東京(関東)だからAB夫は巡礼できないけど、関西でやってくれたら巡礼してたよね、きっと。巡ってた。

 

昨日・今日・明日…

 

…京都

 

…大阪

 

…神戸

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

三都物語!

 

 

あと、タイムラプスしてた。タイムラプス。

知ってる?タイムラプス。早送りみたいなやつ。少し前?だいぶ前?かなり前?に流行ってたやつ。

あれ、実写でやられると今さら感あるけど、アニメですると「おおっ!」ってなるね。何か違和感があってよかった。

実写とアニメが混じり合ったような錯覚を覚える。

 

これも絵が綺麗だからできるんだろうね。もし、絵がショボかったらね、こうだよ…

「はいはい、流行りを取り入れたかったんだね、分かる分かる。君の気持ちは分かるよ、新開くん。でもね、流行ってるもんを何でもやればいいってもんじゃないでしょ。それやっちゃうとね、逆にダサくなるよ、ダサく。ダサくだけに…駄作!なんつってwww ………じゃねえよ!」

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

じゃねえよ!

 

 

一度は誰もが憧れる!男女間の入れ替わり…って男子だけかい?

映画『君の名は。』出典:『君の名は。』予告

瀧と三葉の入れ替わり。

体はそのままで意識だけがお互いに入れ替わってパニックになる。

これ、みんな一度は憧れたでしょ?妄想したでしょ?夢想したよね?

 

…あれ、そんなことない?

考えたことない?朝起きたら違う人になってるの。朝起きたら好きなあの子になっちゃってるの。

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

ん、ふぁ~~~、あ、あれ?ここ、どこだ?見たことない部屋だな…

 

って、あれ、ちょ、ちょっと待って…な、何これ、お、おっぱい???

 

え、何で? お、俺、おっぱいあったっけ…?

 

(鏡を見る)あっ! えっ? ○○ちゃん!? え、どうして!?

 

え、まさか、俺、○○ちゃんになってる?

 

あ!これ、まさか、あれ? 憧れのあれ?

 

ついに来た? あれが来た? 俺の番が来た?

 

やっとか~~~、長かった~~~、まわってきた~~~。

 

ってことで、これやっとくか~~~、

 

お約束の…

 

おっぱい~っと!

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

しない?

 

 

瀧と三葉が入れ替わっていたのは訳があった!ア~ンド BOY meets GIRL !

映画『君の名は。』出典:『君の名は。』予告

ある時から、瀧と三葉は入れ替わりを経験する。

はじめはただの夢かと思っていた二人だったけど、頻繁に入れ替わるようになって、「これ、おかしくない?これ、現実に起こってるでしょ?」って気づいていく。

二人は入れ替わっている間のことを上手くこなすために日記をつけて報告しあい、親交を深め互いのことを知っていく…惹かれ合っていく…

そんな時、突如として入れ替わりが起こらなくなり、瀧は三葉に会うことを決意する。

瀧は三葉に会うために走り、もがき、苦しみ、衝撃の事実を知らされる…

まさか…そんな…、いや、でも、もしかしたら…、可能性が…

絶望的な状況で二人が出会うとき…それは、二人の未来を変える時…なの…かも…しれない…

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

説明なげぇ!

 

 

長くてメンゴね。ま、あらすじは大体こんな感じです。

でね、こういうボーイ・ミーツ・ガール的なやつ、ええね。おじさん大好物。

瀧と三葉が最初は仲が悪いんだけど、徐々に仲良くなっていく…これもボーイ・ミーツ・ガールの基本に忠実で好感が持てる。

百点満点のボーイ・ミーツ・ガール。ボーイ・ミーツ・ガールの王様。ボーイ・ミーツ・ガールの王道。言うことなし。

 

僕の若いときはさ、トレンディドラマ全盛期だったから、ベタなボーイ・ミーツ・ガール系ドラマがいっぱいあったのよ。

宮沢りえとか、西田ひかるとか、観月ありさとかがさ、幅きかせてたわけ。肩で風切ってブイブイ言わせてたわけ。

そんな中でも僕が好きだったのは内田有紀ちゃん。って、もうおばさんだから内田有紀さん、かな。

まだね、彼女が十代の頃、よくドラマに出てたんだよなあ。同年代の一色紗英とか武田真治とかとね、若~いドラマしてんの。

ショートヘアが可愛っくってさあ、ボーイッシュな感じがまた良くて。ちょっとじゃじゃ馬っぽい雰囲気出して、男になんてなびかないぜ!なんて言いそうで。そんなとこ、あんあとこ、こんなとこ、好きだった…

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

誰も聞いてないか…

 

 

『君の名は。』には、そんなおじさん世代の淡~い思い出も引っ張り出しちゃう、ボーイ・ミーツ・ガール要素があって、胸がキュンキュンだった。

きっと若い世代の人たちにも、このボーイ・ミーツ・ガールは響くと思うよ。

若者たちにとっての入れ替わり系で有名なのって、あれか、『時をかける少女』か?

筒井康隆原作の小説のやつで、何回も映画になってんだけど…若い世代だから原田知世のやつじゃなくって…細田監督のアニメのやつ。あれでしょ。

あれ、良かったよね。

何がいいって、主人公の声優があの子、あれあれ、あの~、若くして結婚して、旦那と二人で痛いこと言ってた、痛いこと痛いこと…ビッグラブ!とかなんとか…、名前が…

 

仲里依紗!

 

そうそう!仲里依紗、上手だったねえ。上手かったよ~。声優さんかと思ったもん。

良かった良かった。仲里依紗主演(声優で)『時をかける少女』良かったよ~。

ボーイ・ミーツ・ガール的な要素もふんだんに盛り込まれていて…

 

盛り込まれて…

 

ボーイ・ミーツ・ガール…

 

ふんだん…

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 

 

そんなに…ボーイ・ミーツ・ガール…してないか…

 

 

映画『君の名は。』まとめ

映画『君の名は。』出典:『君の名は。』予告

映画『君の名は。』は2016年度興行収入ナンバーワンだけあって見応え充分な作品でした。

映像の美しさに感動して、ストーリーでハラハラドキドキして、ボーイ・ミーツ・ガールで胸キュンする。一粒で三度おいしい映画です。

 

RADWIMPSの歌もバッチリ合ってて、よく言われる「『君の名は。』はRADWIMPSのMV(ミュージックビデオ)みたいだ」ってのも納得する。わざとMVっぽくしてるとこあってカッコよかった。

あ!てことは、ラッドの良さも入ってくるから四度おいしいか。

すごいね『君の名は。』は。こんだけ旨味が詰まった映画はそうそうないよ。

素晴らしい。お見事。頑張った。よくやった。感動した!

 

 

ってことで、映画『君の名は。』は疾走感のある物語と映像、音楽が上手く融合して百点満点、言うことなし!

 

これを見ずして邦画アニメーションを語るべからず!

 

語りたいなら『君の名は。』を見ろ!

 

 

見ろ!見ろ!見ろーーー!

 

 

では。

 

 

 

関連記事

▼ ダンス!ダンス!ダンス!

アニメ『ボールルームへようこそ』ネタバレ感想|雫と真子、二人の魅力にメロメロです♥

2018.02.09

▼ どこか懐かしい恋物語

アニメ『恋は雨上がりのように(恋雨)』ネタバレ感想|あきらと近藤、二人の純愛を描いた恋物語

2018.03.13

▼ 異能力者どうしのバトルが見もの!

【ネタバレ感想】アニメ『文豪ストレイドッグス』人気の理由を徹底解説!|『文スト』の魅力、全て見せます!

2018.02.19

▼ 主人公のネクラ具合が半端ねえ!

アニメ『3月のライオン』ネタバレ感想|あかりさんが好きです。だって…可愛いから♥

2018.03.08