映画『ゾンビワールドへようこそ』ネタバレ感想|断言する! ゾンビ映画は、これだけ見れば間違いない!

映画『ゾンビワールドへようこそ』ネタバレ感想

 

こんにちはAB夫(えびお)です。

今回ご紹介するのは、映画『ゾンビワールドへようこそ』です。

映画『ゾンビワールドへようこそ』

 

 

映画『ゾンビワールドへようこそ』あらすじ

冴えないボーイスカウト3人組がゾンビの大群と死闘を繰り広げるサバイバルスリラー。高校生になってもボーイスカウトを続けているベン、カーター、オギー。女の子に興味津々のベンとカーターはボーイスカウトを辞めたがっていたが、真剣に取り組むオギーにそのことを言い出せずにいた。そんなある日、思いがけずパーティに誘われたベンとカーターはキャンプを抜け出して会場へ向かおうとするが、その途中でゾンビの大群に出くわしてしまう。ピンチに陥ったところをストリップバーのウェイトレスに助けられ、オギーとも合流した彼らは、ボーイスカウトで身につけた様々な技術を駆使して凶暴なゾンビたちに立ち向かう。

ゾンビワールドへようこそ / 映画.com

 

どうですか?

これだけ見れば普通のゾンビ映画だと思うでしょ?

ボーイスカウトで身につけたさまざまな技術を駆使して」ってあたりが少し引っかかるんですけどね。

他は怪しいところ無いでしょ?

 

 

高校生3人がゾンビに立ち向かう。

ピンチに陥ったところをストリップバーのウェイトレスに助けられる。

 

 

うーん、この辺も引っかかるか。

ストリップバーのウェイトレスってなんだよ…。

 

 

よくよく考えればタイトルも引っかかるな。

『ゾンビワールドへようこそ』だもんな。

 

 

もう一回言うよ。

『ようこそ!』 だもんな…

 

 

ダメだなこりゃ。

引っかかるわな。

 

 

・・・ごめん、最初から怪しかったわ。

 

 

『ゾンビワールドへようこそ』は怖くないゾンビ映画だ!

 

皆さん、ゾンビ映画はお好きですか?

 

ゾンビ映画ってホラー映画の中では定番中の定番ですよね。

小汚い格好をしたゾンビが街中にあふれかえっている。

生き残った人間は、ゾンビを恐れながらひっそりと息を潜め隠れ続ける…。

 

邦画ではあまりゾンビって見かけませんが、洋画はホラーと言えばゾンビ一択って感じがしますね。(僕の偏った私見ですw)

 

で、普通ゾンビって怖いものですよね?

ゾンビは生きている人間を見つけると襲ってくる。

それも1体や2体じゃなくて、大勢のゾンビが自分めがけて襲ってくる。

もう、想像しただけでゾゾゾってなります。

 

でもね、中にはあんまり怖くないゾンビもいるんです。

偶然かな。

偶然見つけちゃったんです、怖くないやつ。

怖くないゾンビ映画『ゾンビワールドへようこそ』を。